goo

持効性抗精神病剤「リスパダール コンスタ(R)筋注用」を新発売

持効性抗精神病剤「リスパダール コンスタ(R)筋注用」を新発売

テーマ:ブログ
ヤンセンファーマ、持効性抗精神病剤「リスパダール コンスタ筋注用」を発売
要約記事

持効性抗精神病剤「リスパダール コンスタ(R)筋注用」を新発売

2週間に1回の投与で効果が持続 統合失調症の維持療法の新たな選択肢に


 ヤンセンファーマ株式会社(東京都千代田区、社長:関口 康)は、持効性抗精神病剤「リスパダール コンスタ(R)筋注用」(一般名:リスペリドン持効性懸濁注射液、以下「リスパダール・コンスタ」)を本日、新発売いたします。

 本剤は今年4月に「リスパダール錠(一般名:リスペリドン)」の新投与経路医薬品として製造販売承認を取得し、このたびの薬価基準収載を受けて発売に至ったものです。「リスパダール・コンスタ」の特性は次の通りです。


<リスパダール・コンスタの特性>

 1.非定型抗精神病薬で世界初の持効性注射剤です


<「リスパダール・コンスタ」の製品概要>

【承認取得日】 2009年4月22日

【薬価収載日】 2009年6月19日

【発売日】    2009年6月23日

【販売名/薬価】
  「リスパダール コンスタ(R)筋注用25mg」(懸濁用液付)/23,520円
  「リスパダール コンスタ(R)筋注用37.5mg」(懸濁用液付)/30,997円
  「リスパダール コンスタ(R)筋注用50mg」(懸濁用液付)/37,703円

【製造販売】  ヤンセン ファーマ株式会社

【一般名】    リスペリドン持効性懸濁注射液

【薬効分類】  持効性抗精神病剤

【効能・効果】 統合失調症

【用法・用量】
 通常、成人にはリスペリドンとして1回25mgを2週間隔で臀部筋肉内投与する。なお、初回量は25mgとし、その後、症状により適宜増減するが、1回量は50mgを超えないこと。


以上

ほかにこんなも書いています。


情 報 商 材  楽 天 シ ョ ッ プ  ダイエットなど情報  ネットショップ・らくてん   


MyTube,YouTube動画  WordPressでアフェリ レディース・ファッション・WordPressでアフェリ


メンズ・ファッション・WordPressでアフェリ ダイエット・美容・健康方法など情報


あなたの知りたい情報はこのブログにありますか

 
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 一日の始まり 一日の始まり »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。