goo

阪大大学院精神医学教室、統合失調症新入院プログラム開始

きめ細かく投薬調整--症状客観的に評価、患者と相談 大阪大学大学院医学系研究科精神医学教室が、2月から新たに「統合失調症短期入院プログラム」を始めた。入院中、医師が症状を客観的に評価してきめ細かく投薬の調整をすることで、重症の患者の症状を短期間で改善することを目指すという。 要約記事 http://mainichi.jp/area/osaka/news/20090203ddlk2 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

一日の始まり

一日の始まり in 精神障害者とその家族、Mentally disturbed person and the family 2009/02/04 04:41:15?  09/02/04 今朝も夜中に数回目を覚まし2時半ごろには布団から起き出てストーブをつけパソコンに向かいメールのチェックをする。 今朝は4時前にコーヒーをいれまたパソコンに向かい日記を書き始める。 今朝は体感的 [...] 09沖縄 . . . 本文を読む
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )