みちしるべの伝説

音楽と希望は刑務所でも奪えない。

バイオリンレッスン ビバルディ・ト短調協奏曲3楽章へ

2017年04月22日 | ヴァイオリン
いろいろと都合がつかなくて、1ヶ月ぶりのレッスンだった。
このところ、猛烈に働いているので、結局、平日は練習できずじまい。
5日間、楽器から離れて、音楽のことを忘れている日々を送っていると、
全然、弾けなくなっているかも?と心配になったりする。
音楽のことを忘れている平日と、楽器に勤しむ休日とで、落差が激しく、なんだか二重人格者みたい・・・。

曲は、この日から、ビバルディのコンチェルト・ト短調3楽章へ。
うまくいけば、発表会の曲。
教本の初級者用定番曲だけれども、弾きごたえのある、魅力的な曲ですね。

=====
<メモ>
・省エネで合理的な運指
 (押さえ直し、しなくても済むところは、抑えたままで)
・全部を頑張り過ぎない
・導音は低くならないように
=====

Vivaldi Concerto in G Minor 3rd Movement

この子の演奏、魅力的ですね。
すごく、参考になる。
思い切りよく、決然として、メリハリがあって・・・。

1ヶ月、さらった感じでは、1楽章よりは、弾き易いかんじ。
これなら、発表会に持って行けるかな???
頑張ろ!
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 釜ヶ谷山 | トップ | 快慶展 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ヴァイオリン」カテゴリの最新記事