みちしるべの伝説

音楽と希望は刑務所でも奪えない。

●レッスン バッハは難しい・・・。

2010年04月12日 | ピアノレッスン
残業で、レッスン時間を遅らせてもらう。大雨の中、教室にダッシュ。
バッハは思いの外、躓いて、思うように弾けなくて・・・。
負けたなあ・・・。(自分に)
先生はしっかり弾けてると、慰めてもらえるのだけど、ん~、ちょっと、意気消沈ぎみ。

・チェルニー40-40(総復習)
×。まだまだ×。
強弱があまりついてないし・・・。最後の曲だし、まあ、焦らず、取り組もう。

・バッハ「6つの小前奏曲 第1曲ハ長調BWV933」
弾き始めの最初の音、はっきり!
やっぱり、もう少しテンポを速くしよう。

・バッハ「6つの小前奏曲 第2曲ハ短調BWV934」
装飾音が、うまく入らず、こぶのようにもっこりしているとのこと。
確かに・・・。
装飾音は主音よりも控え目に弾くべき。

・バッハ「6つの小前奏曲 第3曲ニ短調WV935」
けっこう、躓きまくってしまう。
バッハの怖いところは、いったん躓くと、その後の回復が難しいことかな?
23小節目、右手トリルをもっと速く!

テンポをもう少し上げたい!
でも、テンポを上げると、数カ所、指の呂律が回らないというか、混乱で躓く危険性が、どんどん高くなる。
あっちを立てれば、こっちが立たず・・・。
月の光は時間切れで、弾けずじまい。
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 春の恵み | トップ | KOKIA 音の旅人 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (さちこ)
2010-04-14 22:20:56
こんばんは。
>バッハの怖いところは、いったん躓くと、その後の回復が難しいことかな?
こわ~い!

>テンポを上げると、数カ所、指の呂律が回らないというか、混乱で躓く危険性が、どんどん高くなる
指の呂律!
コンランしますね。ひゃあ。
バッハは怖い・・・。
指の呂律 (そらみみ)
2010-04-17 14:48:58
さちこさん
バッハ、怖いですよね?

指の呂律が回らないのは、その動きに慣れていないだけ!かな?
いつか、安定して弾けるようになりますように。
Heartwarming stories (Yukarin)
2010-04-17 15:08:29
本当に、バッハは難しいですよね。
私も来週、バッハ3曲を見てもらいます。
今年初レッスンです。
(うち1曲は羊さんです。^^)

’パリ左岸の~’はいい本だったなあ。
私のお気に入りの一冊です。
私はプレイエルの゜はちみつのように’甘い音が大好き、と思っていたのですが、
それ以前に、ピアノ一台一台に個性があって、
それぞれが愛おしくなりました。

’海の仙人’も良かったです。人は支え合って生きていますね。
そらみみさんは、人間の善の部分がきらりと輝く小説が好きですか?

林望先生の源氏物語、読みやすくておもしろかったですよ~。
和歌で、自分の気持ちを端的に、詩的に表すの、いいなあ!
Thanks a lot! (そらみみ)
2010-04-18 23:58:09
Yukarinさん
なんだか隣同士の線路を並んで走っている感じですね。
自分のお薦め本、読んでもらえて、ほんとうにありがとう!
仲間がいるというのは、とても心強いです。
Yukarinさんに、支えてもらってますね。

パリ左岸の良さ、Yukarinさんにも通じましたね。嬉しいです。
この本を読むと、ほんと、ピアノへの愛情が沸いてきますね。

>人間の善の部分がきらりと輝く小説
もちろん、好きですよ!いい表現ですね。

源氏、林望先生のものも、いいんですね。
それに和歌も!
(と言いつつ、自分は百人一首から先、なかなか進めないのですが・・・。(笑)
式子内親王はかなり気になってます。

コメントを投稿

ピアノレッスン」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事