兎の工作室 BLOG

mixiに移行しましたが、たまに更新。

タミヤ ホットショット 2007

2007-07-23 00:14:31 | Weblog


この車で刷新されたタミヤバギーの基本的な構成・ディメンションといったものが、今尚踏襲されてるわけで
DF-03の直系のルーツといえるシャーシです。

エポックメイキングで、そのデビューが非常にセンセーショナル
だっただけに長く人々の記憶に残るシャーシ。

凄いプレミアがついてしまい
この先一生縁がないだろうなー
と思っていた赤いヤツ。

新品購入できるなんて感慨ひとしおです。
手元に2台あるうちの1号車を
早速作って走らせてみました。






最初は素組みしてみました。
アップライトのボールコネクターは
かつてのは、マイナスドライバーで締めこむタイプでしたが
2.5mm六角レンチで締めこめるタイプに改められました。
アップライトは、TA-01系のアップライトが付属します。
それとは別にオリジナルのアップライトも付属しますが、
4ミリタップが切られてないので、
締め込みにはかなり力が必要です。
穴にシリコングリスを塗ると楽です。

さてそのボールコネクターですが
材質もアルミから黒染めの真鍮製スチール製(2007 8/30 訂正しました)になり、
実質的に強度もアップしています。

フロント周りは、
オリジナルよりもアッパーアームのガタが少ない気がしました。

しかし素組で走らせてみたところ、
アンダーがとても強かったのと、
ブレーキングでのノーズダイブがひどかったので
対策してみました。その後が、先の動画の状態です。

フロントはトー変化が物凄く、しかも取説通りでは
舵角がとれないのですが
以下のレシピでかなり軽減できます。



・フロントダンパーにインナースペーサー7ミリ
(走行時のサスストロークを、
 トー変化率が少ない範囲に限定するため)





・リンケージ用の真鍮ロングボールエンドは
 アップライト根本側の取付穴に。
(舵が多く切れるようになります)

・真鍮ロングボールエンドは1.5㎜アルミスペーサーを
 かませてアップライトにセット
(トー変化を少なくするため)

また、舵角を確保したことで、ドッグボーン外れが心配になりました。
ここはDF-02用がボルトオンで取付できます。



オリジナルは、カップジョイント・ドッグボーンが独特の規格だったのですが
その辺は現在主流のサイズにあらためられていますね。
ありがたいです。



箱にも明記してありますが
付属の三角ハブと6ミリ六角ハブは
相互に互換性がありますので
タイヤにあわせて付け替えることが出来ます。





リヤのリンクは、ネジの先を4ミリ切って、短くねじ込んでいます。有効ストロークが大きくできますし、リヤが突っ張る感じもなくなり車体が安定します。



メインシャーシには小さなメンテナンスハッチがつきました。
オリジナルではクリスタルを替えるにもいちいちメインシャーシを
分解していたのです。これ非常にありがたいです。
尚メカはサーボはDF-03用のスペアの双葉9550。
受信機がサンワの431、
ESCはキーエンスのエクストレイを搭載しました。
シャーシカラーをちょっと意識して、赤バージョンですが当然普段は見えません。わはは。



アンダーも消え、なかなかいい動きに。
駆動抵抗が思ったよりも少なく、付属マブチ・ピニオン15Tで
スピード感あふれる軽快な走りです。
シェイクダウンから都合5パック走らせましたが
オンロードでは全く問題出ませんでした。
古いですが、かなり楽しいマシンです!


コメント (14)   この記事についてブログを書く
« 雨… | トップ | あひるGAGA オフロード... »
最新の画像もっと見る

14 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
かっこいぃ~ (コンパ大王)
2007-07-23 12:31:29
すごくスタイリッシュですね~

オリジナルジャンクシャーシを友人に頼まれてヤフオクに
流したとき、整備したことがあるのですが、
メカ取り出すのにシャーシバラバラに
しなければいけないところが、
マッドウルフとにてるなぁ~と思いました。
スタイルも似た感じですね♪

新車だと沢山走れますね。
少しほしくなったかも♪
しんだのかと… (Naoto@仕事ちう)
2007-07-23 17:39:35
あまりに更新がないので、エロい悪行が祟ってしんだのかとオモタよ。

ところで、ホットショットはワシも組んだよ。
だいたい同じようなところが気になるんだぬ。
フロントショックのインナースペーサーって組説指定のOリング2個に7mm足すってことかい?

リアのリンクはネジカットしてまで短くするのは思いつかなんだ。
さすがにエロいのぉ。

日程的にややキビしいけれど、ヒマができたら刈谷で走らせるつもりだよん。
たぶんワシの日記で報告する。
生きてます(・ω・) (niC)
2007-07-23 23:18:59
>コンパ大王さん

ありがとうございます。
さすがに、ノーマル塗色以外には出来ませんでした!
これがデビューした当時の衝撃は良く憶えてるので
21世紀になってピカピカの新車として
目の前にあるというのは
非常に感慨深いものがあります。
決して安い買い物ではありませんが、
この機会にコレクションに加えてみてはいかがでしょう?
マッドウルフは似てますねー、
エクステリアはかなり意識してると思いますね。

>Naotoさん

実は最近、某巨大SNSのほうに入り浸ってまして
最近はそちらの活動?がメインになってます

Oリングは抜いて、アルミスペーサで7ミリです。

この車、フロントのロール制御が
完全にスタビに依存してるので、美味しいところを見つけるのに半日もかかってしまいました。
オフロード走行用(2号車)は大改造になるかも?
ありがとうございます!! (ことぶき)
2007-07-24 23:32:06
ホットショット私も本日無事に捕獲いたしました。質問なのですが、リアのリンクの棒を4ミリ切るとありましたが、普通ののこぎりでオーケーなのでしょうか?
リンク棒 (niC)
2007-07-24 23:54:11
ゲットおめでとうございます。(・ω・)ノ

あまり硬い素材ではないので
ペンチで切れます。
あとは切り口整えればOKですよ!
Unknown (ことぶき)
2007-07-25 08:07:50
ありがとうございます!!
(・ω・) (凹み猿×ビートル大谷)
2007-07-26 14:30:08
niC=H・Sってイメージ無いなぁ(^。^;)

当時使ってました?

なぜかマルイのサムライのイメージがあるんだけどなぁ・・・・・・

と書いてる途中で思い出したけど『サムライ』ってniCさんが命名したんだよね。違ってたらごめんなさい。

大改造楽しみにしてます(・ω・)
実は (niC)
2007-07-26 21:56:13
発売されて即購入して、3ヶ月くらいレースで使っていましたよ。
当時は今ほどカスタマーサービスが利用しやすくなかったので、維持が難しかったのと、色々作りたい盛りだったのでそのままお蔵入り。
そののち、サムライともどもホーネット4駆の部品になりました。

BX434のネーミングコンテスト、懐かしいですね。
(しかし良く憶えてますねえ)
おっと乗り遅れた! (びーとる)
2007-07-26 23:50:40
お久しぶりです!
たわしもホットショット買ってしまいました!
当初はホーネット4駆の部品取りの予定だったのですが
箱絵を見ていたら・・・やはりこのまま作ります!(笑)

自分もアンダー対策はそれなりに考えていまして、
以前TL-01用(だったかな?)にロングサイズのボールエンドが
あったと思うのでそちらを使おうと思ってます。
確か黒っぽい、ねじからボールまでテーパ状になってる
パーツだったかと・・・。
ただ最初は、ドアンダーでもいいからドノーマルで
走らせると思いますけど(笑)

最後に・・・僕はnicさんとサムライと聞くと
ブービーバニーMk-14wd のリヤギヤケースしか
思い浮かびませんでした・・・(遠い目)
from England (noel)
2007-07-28 00:12:59
England no tosyokan kara nanode Romaji desu.Kotira no RC shop demo Hotshot mimashita ga takai desu.Nihon ni kaettara zehi kaitai to!
Mukashi hotshot2 ha tukatteitano desuga hub to dumper no plastic parts ni crack ga hairi hottarakashi.Korede spare parts mo teni hairi yasuku narunokana.
Yodan desuga Tamiya no atarashii RCcatalog niha parts list ga naisoude fuben desune.Dou omoware masu?

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事