輸入車を語る!

輸入車全体について自分の意見を述べる

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

フォード

2006-05-21 04:35:35 | Weblog
フォードは日本でなかなか人気が出ないブランドである。高級でもなく、かといって特別カッコよくもない。動力性能もそんなにすごいわけでもなく、フォードは輸入車を買う日本人の心を掴みきれていない。フォードはフィエスタを始め、フォーカスやモンデオなどガッシリとしたいい車をたくさん作っている。後は日本国内でマーケティングをもっとしっかりやれば、欧州を始め世界各国で売れているように日本でも売れ始めると思う。フォードの車は一部を除いて実用車である。フォルクスワーゲンみたいに同クラスの国産車よりも高い価格で販売するか、国産車並に値段を下げて販売するか。フォードは国産車並み、もしくはそれ以下の価格で販売したほうがいいのではないか。今の価格のままで、マーケティング戦略を変えたとして日本で大人気のワーゲンのような人気が出るか?これは限りなく無理に近い。そのような努力をするより、まずは価格を下げ、その上で国産車にはないサービスを提供する。これに尽きると思う。フォードはプレミアムブランドではない。例えばフィエスタ1600ccの価格は196万円、ライバルであろうヴィッツは1500ccのXで142万円である。フィエスタは現在の価格を140~150万円にして、契約者にはナビを全車にサービスする等の思い切った施策を取って欲しい。モンデオは2000ccで295万円だが、同クラスのアコードは2000で203万円からある。これではモンデオは国産車に太刀打ち出来ない。モンデオは200万円前後~220万円に値下げすべきだ。これも全てナビをプレゼントする。フォード車にはアピールポイントはたくさんある。国産車にはなかなかない、ボディのガッシリ感、どの車にも共通する活発な動力性能、ハイレベルな衝突安全性等をもっともっとアピールして欲しい。そして購入予定者に積極的に試乗させて、フォード車に興味を持ってもらうように努力して欲しい。何も一部の車好きを相手にする必要はない。今の日本人はいいものを見抜く力を持っている。フォードは変なプライドを持ってはいけない。ワーゲンをライバルと思ってもいけない。適正価格で良質の商品を販売する姿勢を見せれば、必ずやもっともっと日本で売れると断言する。
『メーカー・ブランド』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
« アウディ | トップ |   

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事