行き着けなくても一日一歩の気構えで。たそがれおやじの覚醒。
日暮れて途遠し



NYタイムズ12/20付け、P・クルーグマンのOp-Edコラム 健康保険改革法案は結局上院のフィリバスター回避要件60票(議員の3/5)を得るために公的オプションの導入を削ることで決着しそうである。 健康保険については昨日のコラムのように時間をかけてよいものになっていく可能性が高いのでとりあえず可決することが大事だが、今後金融規制、環境、財政など難問を前に、上院の議事ルールを変えないと国家が機能不 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ12/17付け、P・クルーグマンのOp-Edコラム。 共和党の議事進行妨害を潜り抜けて健康保険改革法案を通すためには、「中道主義者」の要求を受け入れて改革を弱めても彼らの票を取り込むことがどうしても必要だ。これは誘拐犯人に身代金を支払うようなものだが、ソーシャル・セキュリティ制度などの歴史に学べば、まず不十分なものでもスタートさせれば時の経過とともに内容が向上していくことが期待される。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Paul A. Samuelson, Economist, Dies at 94 Published: December 13, 2009 (Page 4 of 4) But the publication of his dissertation was an immediate success. It won him the John Bates Clark Medal awarded . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Paul A. Samuelson, Economist, Dies at 94 Published: December 13, 2009 (Page 3 of 4) But beyond his astonishing array of scientific theorems and conclusions, Mr. Samuelson wedded Keynesian thought . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




●Paul A. Samuelson, Economist, Dies at 94 Published: December 13, 2009 (Page 2 of 4) Remarkably versatile, Mr. Samuelson reshaped academic thinking about nearly every economic subject, from what M . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




●Paul A. Samuelson, Economist, Dies at 94 By MICHAEL M. WEINSTEIN Published: December 13, 2009 Paul A. Samuelson, the first American Nobel laureate in economics and the foremost academic economist . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ12/13付け、P・クルーグマンのOp-Edコラム。 先週金曜日、民主党の金融規制法案(金融規制強化・消費者保護・先鋭金融商品のルール化)が223:202で下院を通過した(House Approves Tougher Rules on Wall Street)が、クルーグマンは共和党の全員と民主党の27人が反対票を投じたことを取り上げ、明白な事実を認めて自分の信じてきたことを変更するこ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ12/10付け、P・クルーグマンのOp-Edコラム。 米連邦準備制度は自己満足とあきらめの運命論に陥っている。「我々は十分やった。銀行システムを破綻の瀬戸際から救った」 だから、Fed自身が今後3年間高い失業率が続くと予測しながら有効な手を打てずにいる。銀行の救済には行動が早いのに、人々の生活の救済には同じような行動が取れないようだ。 小さすぎる財政刺激策しかできなかったオバマ政権にも . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ゴールドマンサックスは世間の怒りを鎮めるために、トップ30のボーナスを現金でなく株式とするよう方針を変更した。この株は5年間売却不可でもし会社に損害を与えるような向こう見ずでリスキーな行いが明らかになれば取り消される。また株主の報酬慣行にたいする言い分も投票にかけられることになったが、強制権限はなく株価高騰で潤う株主からの挑戦はあまりなさそうだ。 この発表は英国が銀行ボーナスに対する棚ボタ税を課す . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ12/6付け、P・クルーグマンのOp-Edコラム。 温室効果ガス規制のキャップ&トレード方式が経済的に実現可能であることを、酸性雨対策の前例や連邦議会予算事務局の推計を例に示す。 また排出規制のための各種インセンティブが投資支出の増大を招くので、不況の今は制度スタートの敵機であると説く。 ●An Affordable Truth By PAUL KRUGMAN Published . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ