行き着けなくても一日一歩の気構えで。たそがれおやじの覚醒。
日暮れて途遠し



NYタイムズ11/26付け、P・クルーグマンのOp-Edコラム。 今月G20で英国から金融取引への課税案が紹介された。欧州は賛同するが米国とりわけ財務長官は反対している。これはもともと米の経済学者J・トービンが提案した通貨投機(社会的無駄で経済の混乱要因)に税金を課すアイデアを敷衍したものだ。 国際貿易や長期投資と関係なく極短期で売買を繰り返すバンキングの悪弊を挫くことは将来の危機の再来をも防ぐだ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ11/22付け、P・クルーグマンのOp-Edコラム。 オバマ大統領の最近の発言には「財政赤字は投資家の投資意欲の崩壊を導き、金利は急騰するだろう」というウォール・ストリートからの幻影の脅しの影響が推察される。 今金利上昇について警告しているアナリストは、大恐慌が始まった1ヵ月後に経済が直面する最大の脅威はインフレーションだと言い張った人々と同じ人々である傾向があるようだ。 本当は財政刺 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ11/19付けP・クルーグマンのOp-Edコラム AIGのクレジット・デフォルト・スワップ(貸付債権の信用リスクを保証してもらうオプション取引)保険を購入して金融の健全性というイリュージョンを作り出した金融業界には各自の責任分の損失を蒙らせるのが妥当であった。政府が銀行に大きな譲歩を求めることなくAIG保証の肩代わりをしてしまった結果、金融危機を引き起こした張本人である銀行は巨大な利益 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ11/181面トップ記事。 上院民主党院内総務ハリー・レイド氏が中心となってヘルス委員会と金融委員会の2つの委員会で採決済みの法案をひとつにまとめた案が発表された。 公的オプションについては州による離脱を認めるものとなっている。また高額所得者のメディケア給与税を上げ、ぜいたくな高額個人保険を提供する企業への消費税課税などを設けて、新健康保険体制のコスト(10年間・8490億ドル)をカバ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Drug Makers Raise Prices in Face of Health Care Reform Catherine J. Arnold, a drug industry analyst at Credit Suisse, said her latest study of the nation’s eight biggest pharmaceutical companies sho . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




11/15付けNYタイムズ1面記事。 消費者物価指数が下がる中で、米製薬業界が昨年各社のブランド処方医薬品を横並びで1992年以来の最大幅である約9%値上げしていることが判明した。これは今後ヘルスケア・リフォームによる薬価引き下げ圧力(10年間で800億ドル~140億ドル)がかかることは避けられないとの予測がもたらした決定と考えられる。 ジェネリック医薬の価格は昨年約9%下がったが、国全体で支払わ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ11/15付け、P・クルーグマンのOp-Edコラム。 オバマ大統領の中国訪問に合わせ、中国の通貨政策を批判する。(前回はこれ) 金融危機で米ドルは他の通貨に対して急激に下落したにもかかわらず、ここ数ヶ月で中国は元/ドル交換レートを固定することによって。近隣窮乏化的となる切り下げを実施した。これは中国の輸出業者にライバルとりわけ発展途上国の製造業者に対する更なる競争力アドバンテージを与え . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ11/12付けP・クルーグマンのOp-Edコラム。 より以上の財政刺激策が政治的に不可能な状況では、直接失業の悪化を食い止める方策を模索するべきだ。経済成長に任せた失業し放題free to loseのアメリカでは長期的なダメージと社会的コストが増大する。 ドイツの(大恐慌の)対応例に見られる、労働法制強化や雇用インセンティブ税制、ワークシェアリング・インセンティブ税制など、今こそ考慮す . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズ11/12付けP・クルーグマンのOp-Edコラム。 より以上の財政刺激策が政治的に不可能な状況では、直接失業の悪化を食い止める方策を模索するべきだ。経済成長に任せた失業し放題free to loseのアメリカでは長期的なダメージと社会的コストが増大する。 ドイツの(大恐慌の)対応例に見られる、労働法制強化や雇用インセンティブ税制、ワークシェアリング・インセンティブ税制など、今こそ考慮す . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




11/14付けNYタイムズA1面記事。 ヘルスケア法案に医薬品会社ジェネンテックの工作で、超党派42議員がある条項を支持するという記録を残すことに成功したことがEメールの証拠から判明した。 それは法案を変えるようなものではなく、バイオテクノロジーのジェネリック版の認可権限を食品医薬局に与えて、インドなどへの外注を制限しようと意図した条項に関するもののようであるが、選挙資金など支援を受けてきた製薬会 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ