行き着けなくても一日一歩の気構えで。たそがれおやじの覚醒。
日暮れて途遠し



NYタイムズ電子版7/31の記事からWTO交渉決裂の分析記事を。 ●Trade Talks Broke Down Over Chinese Shift on Food By KEITH BRADSHER Published: July 31, 2008 HONG KONG — China and India have seldom shared the same views on . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




NYタイムズが伝えるWTO決裂の記事。 結びの2パラグラフが象徴しているが、2国間交渉などが広がっている中でも貿易は伸びているからグローバルな条約など不要という懐疑論に対し、expertsは保護主義への防波堤として自由貿易の砦として必要なのだと言っていると書いていて、expertsなどを持ち出して控えめな主張をしている。 各国が自国の産業及び労働者を守ろうとして関税操作を考慮するのは当然のことであ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




少し古いが先週のバラク・オバマ氏のイスラエル・パレスチナ訪問時の様子をCBS/APニュースからチェックしておく。 ● Obama Defends His Iran Approach Democrat Says He'd Use "Big Sticks And Big Carrots" In Nuclear Talks SDEROT, Israel, July 23, 2008 (CBS/AP) . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




5~6月の時点での「アメリカ中西部の異常気象による穀物への影響 」をフォローする記事をしばらく見なかったのですが、ABCニュースのAP配信記事で7/27付け記事に行き当たりましたので内容を見てみます。 ここでは農業を継続させるために最も重要な表土保全策として、耕地から放牧地への転換プログラムなどアメリカがそれなりの金と知力をかけて対策をしていることを知りました。 日本でも各地で集中豪雨や台風によ . . . 本文を読む

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




語る内容にそれほど意味があるわけではない。立場上の制約も多くドイツに不人気のアフガン増派要求も唱えなければならない。 しかし、何をおいても、オバマ氏は彼がドイツで幅広く不人気なブッシュ氏ではないことで人気がある。何故オバマ支持かと聞かれると、イラク戦争への反対が通常最初の答えだ。 political pop starオバマを迎えたドイツの様子と演説の内容をNYタイムズ記事から。 ●Obama S . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




外遊中のバラク・オバマがベルリンで20万人の聴衆を前に演説を行いました。 Democratic presidential candidate Sen. Barack Obama, D-Ill., waves as he arrives at the Victory Column in Berlin, Thursday, July 24, 2008. (AP Photo/Jae C. Hong . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




月曜日ちょっと戻した後は予想どおり下がり続けている。 ところで、このCNN/APのニュースでは、原油・アスファルトの輸送・倉庫会社SemGroup LPの流動性問題(資金不足)による破綻が6月末から7月の下落の引き金を引いた可能性があるということが書かれているが表層的な話だろう。 需要と供給の関係で値上がりしている云々の眉唾話が本当の足元の需要と供給関係による在庫増大で崩壊しているところが皮肉だ。 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズが先週末ジュネーブでのアメリカ・バーンズ国務次官も同席の6カ国交渉の場でイランが出してきた2ページのnonpaper(非公式文書)の内容を伝えている。 これはすべて西側外交官からの匿名の“公式な”リークであろうが、このペーパーのタイトルのスペリング・ミスnonpaperがnone paperなどイランのおかしさは英文でないとちょっと伝えるのが難しい。 このままだと2週間の猶予も好転は難 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




予想通りなんだかんだといろいろな理由をつけて業界の人たちが相場を持ち上げようとしていますが少々無理がありそうです。トレーダーたちにとって、イランとは何か起こったほうが好都合なようですし、ハリケーンがガルフを襲えば望ましいようで、石油会社も従業員を予防的に避難させて協力しているかに見えなくもありません。 ABCニュースに掲載のAP記事から。 ●Oil Rises Past $131 on Iran . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




NYタイムズの7/17(木)の記事ですが、石油は先週最後のあがきを続けるように値上がりした後、7/15から2日間連続で大幅に下がり(この記事の時点)、さらに7/17,18と4日間連続で下がって130ドルを切るまでになっています。 週末のイランとアメリカを含む6カ国の核交渉がその場では結論が出ず不調に終わっているようですが、このことと、年金基金が原油先物をasset classとして購入することを議 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ