行き着けなくても一日一歩の気構えで。たそがれおやじの覚醒。
日暮れて途遠し



「国家の罠」がきっかけで佐藤優さんのフォローを始めて2年が経ちました。
次第に佐藤さんの著作が増えてきたため、自分用の備忘録として必要に迫られ、「著作集」を作ってほぼすべての記事に目を通してきましたが、次々と増える媒体と連載に最近はそれが難しくなり、気力も少々薄れ気味になりました。
現在、コアなファンの方々にはマイブーム(えっつぃ)さんから濃密な一次情報が発信されていますし、なによりも最近、角川学芸WEBマガジン「WEB国家」の中に、「佐藤優認定 プロフィール/著作・執筆物一覧」ができていることを発見しました。
ちょうどよい区切りですから、弊ブログでの「佐藤優著作集」は今回をもって終わりにしたいと思います。皆様色々情報をお寄せいただきありがとうございました。(今後も個人的にwatchはしていきます)

11/1~11/30

● 国家の謀略(小学館)2007.11.29発売
http://blog.so-net.ne.jp/pikuneko55/2007-11-26
私の感想も同じなので「おごんち」さんにリンク貼らせていただきました。私は書店に見当たらず内容未確認。

● 週刊新潮2007.12.6号(11/29発売)
佐藤優批判論文の筆者は「岩波書店」社員だった
佐藤氏は呆れて言う。
「私が言ってもいないことを、さも私の主張のように書くなど滅茶苦茶な内容です。言論を超えた私個人への攻撃であり、絶対に許せません。そして、『IMPACTION』のみならず、岩波にも責任があります。社外秘の文書がこんなに簡単に漏れてしまう所とは安心して仕事が出来ない。今後の対応によっては、訴訟に出ることも辞しません」
(参考)
★IMPACTION 160.2007(2007.11.10発刊)
<佐藤優現象>批判
金光翔
(本日入手で全部読めてないのですが、佐藤さんが上記で言われるように言ってもいないことを書いているようなひどいものではないと思います。内容は以前「諸君!」に出た柏原竜一氏とはだいぶ違って詳細に出展を読んでいることは明白です。
ただし、この人はかなり極端な左で固まった方で、佐藤さんに限らず誰に対しても、“凡庸な”、“生ぬるい”等徹底的に貶しています。前半は鋭い指摘と思わされる部分はあるのですが、後半でこの人の見立てが表に出てくると多分ついていくのはしんどくなる内容です)

(同じ雑誌に天木氏のインタビューも掲載されています)
外交官としての南ア・ボイコット経験を語る 天木直人

佐藤優という休職外務省員を私はどう評価するか 天木直人のブログ

★「国家の罠」という凄い本2005.03.29

★「国家の罠」関連先行ブログ情報(2)

● 『Intelligence』第9号 (2007年11月28日刊行)
【特集■対ソ・対ロのインテリジェンス活動】
・在外公館の対ロ・インテリジェンス活動/佐藤優
・【討論】特集テーマをめぐって
加藤哲郎・佐藤優・山本武利

● オフレコ vol.5 2007.11.28発売
キリスト教と仏教 本当に役立つ読み解き方
佐藤優×上田紀行×田原総一朗

● 「経済界」天下の正論・巷の暴論 佐藤優
★ 2007年12月18日号(11/27発売)新自由主義と対抗する保守主義・社会民主主義

● PLAYBOY 2008/1月号(2007/11/24発売)
★ 役に立つ神学 8.バルト神学とドストエフスキー(2)
★ [連載対談]
田中森一(元特捜検事・弁護士)×佐藤 優(起訴休職外務事務官・作家)
情報収集法、守秘義務を語る。

● 月刊日本 2007.12月号(11/22発売)
吉野賀名生(あのう)詣でと鎮魂

● 小説新潮2007.12月号(11/22発売) 
功利主義者の読書術
第8回 うずまき1~3 伊藤潤二

● 小説宝石2007.12月号(2007.11.22発売)
 佐藤優 「酒を飲まなきゃ始まらない」第6回 同志社大学神学部時代のウォトカ

● 本の窓2007.12月号(11/20発売)
開国-私のナショナリズム(9)君南風/佐藤 優

● 週刊現代2007.12.1号(11/19発売)
新聞の通信簿/小沢一郎・民主党代表の辞任劇

● 角川学芸WEBマガジン WEB国家
★ 佐藤優認定 プロフィール/著作・執筆物一覧
★ 国家への提言
2007/11/15 第三回 中国共産党の科学的発展観
新たな国家観の形成に邁進する中国。その一方で、腐敗官僚の接待疑惑の断罪に迷走する日本の“おめでたさ”とは。

★ 大川周明著「日本二千六百年史」を読み解く
2007/11/15 第三回 世界史と社会改造
第一次世界大戦、勃発。村松介石の導きによって日本の「国体」を発見した大川が構想した、日本国強化の社会改造策とは。

★ 物語としての経済学――宇野弘蔵『経済学』[角川全書]を読み解く
2007/11/15 第三回 食品の偽装表示を『資本論』の論理で読む
老舗でさえも食品に偽装工作をする現在の日本。自由主義経済における商品の価値とカネの関係に、その理由を探る

● SAPIO 
佐藤優『SAPIO intelligence database』
★ 11/28号(11/14発売)
第66回 またぞろでてきた北方領土2島先行返還“弱腰”論を克服する「沖縄方式」

★ 12/12号(11/28発売)
第67回 民族と宗教のモザイク国家グルジアを炎上させたロシア「オイルマネー」


● KING
2007.12月号(11.13発売)
★ 佐藤優の「野蛮人のテーブルマナー」15
オシント=open source intelligence(文書諜報)

● COURRiER Japon 038 2007.12月号(11/10発売)
佐藤 優 海外ニュースの「楽しみかた」⑦
日本の新聞では身につかない「情報分析力」を養うために

● 中央公論2007.12月号 (11.10発売)
〈インテリジェンスを読み解く30冊〉
 スパイが生きた影の世界史
「僕も二重スパイっていわれたことありました(笑)」(佐藤)
対談 手嶋龍一 佐藤 優

● 文藝春秋2006年12月号(11月10日発売)
★ 沖縄集団自決母は見た-軍による強制はあったのか?
起訴休職外務事務次官・佐藤優、母・佐藤安枝
★ BUNSYUN BOOK CLUB
丁家の人びと
著・丁如霞、評・佐藤優

● 週刊金曜日第678号 (2007年11月09日発売)
飛耳長目(21) 小沢代表辞意で重要になる社会民主主義(佐藤優)

● 日本の論点2008(11月8日発売)
ロシア人の論理とは何か
再びユーラシア主義に返ったロシア 交渉の決め手は「取引外交」

● 文學界2007.12月号(11月7日発売)
私のマルクス 佐藤優
第17回 アフガニスタン帰還兵アルベルト(中)


● 月刊『創』(つくる)2007.12月号 (11月7日発売)
★ ”ディープな3人”の死刑廃止論議
日本の刑事司法は死刑制度に耐えられるか 安田好弘×鈴木宗男×佐藤優
★ ナショナリズムという病理(12) 私がJR東労組と創価学会を好く理由

● FujiSankei Business i. ラスプーチンと呼ばれた男佐藤優の「地球を斬る」
★ 2007.11/7 95 「2島先行返還」報道の裏(下)ロシアが探る日本の交渉姿勢 
★ 2007.11/14 96 GPS携行論議の愚 幹部自衛官へのテロを誘発 
★ 2007.11/21 97 「対米スパイ」認めた露大統領 諜報でソ連との連続性示す
★ 2007.11.28 99 日本の対北朝鮮政策 インテリジェンスを強化せよ

● Livedoor News 【佐藤優の眼光紙背】
★ 2007.11.6 第6回:小沢一郎民主党代表は説明責任を果たせ
★ 2007.11.13 第7回:メディアスクラムとインテリジェンス戦争
★ 2007.11.20 第8回:グルジア情勢の緊迫
★ 2007.11.27 第9回:テロとの戦いについて国会で本質的議論をせよ

● 週刊アサヒ芸能 
★ 11/15号(2007/11/6発売)
43.守屋防衛省前次官「元閣僚道連れ」は 検察取り調べ前に直接暴露せよ
★ 11/22号(2007/11/13発売)
44.「東洋の神秘」と世界から揶揄された 小沢代表辞任騒動は日本の恥だ
★ 11/29号(2007/11/20発売)
45.官僚をパクる「見せしめ」効果 「正義の御旗」をヤメ検に聞く
★ 12/6号(2007/11/27発売)
46.日中韓首脳会談の成果に呆れた 北朝鮮に「瀬戸際外交」を学べ

● SPA!/インテリジェンス人生相談
★ 2007.11.13号(11/6発売)
小心が克服できず、困っています――「これでいいのだ」と開き直ってみよう
佐藤優著「国家の罠」新潮文庫¥740川上弘美解説
★ 2007.11.20号(11/13発売)
アルコールが飲めず酒席が苦痛です――私は自分用のドリンクを作っていました。
遠藤洋子著「いまどきロシアウオッカ事情」
★ 2007.11.27号 (11/19発売)
ダメ人間が成功する方法を教えてください――ダメ人間でも人生は何とかなる
夏目漱石「門」
★ 2007.12.4号 (11/27発売)
努力で頭は良くなるの?――必要に迫られたことだけを勉強すればいい
モーパッサン「女の一生」

● 週刊東洋経済 連載「知の技法、出世の作法」
★ 2007.11.10号(11/5発売)第24回 大切な会話の中身を忘れないための工夫
★ 2007.11.17号(11/12発売)第25回 アルコールは情報収集の強力な武器になる
★ 2007.11.24号(11/19発売)第26回 会話を<映像化>して記憶に結び付ける
★ 2007.12.01号(11/26発売)第27回 耳の力を鍛えれば記憶力は向上する

● 月刊現代2007.12月号(11/1発売)
国家の嘘・沖縄密約を証言した男 吉野文六の半生記 ③
独ソ開戦前夜の日本スパイ網

● 諸君! 2007.12月号(11/1発売)
保守再建(2)
村上正邦氏と私の吉野詣り
南朝の都で国を思う。「大日本は神の国なり」。この同胞意識で日本は強くなった

● エルネオス2007.11月号(11/1発行)
佐藤優の情報照射「一片一条」 第13回 
人事カードを切るプーチン
「20年王朝」の野望

● 「ZAITEN」(財界展望新社)2007.12月号(11/1発売)
 佐藤優の「獄外日記」(6)9/11~10/6
9/11潮社インタビュー取材
9/16軽井沢 鳩山民主党幹事長セミナー講演
9/18山口二郎氏と世界11月号対談
9/20東郷和彦氏と対談、アスコム出版予定
9/25岡本アソシエイツ、岡本氏と対談

● 一冊の本2007.11月号(11/1発行)
Uさんへの手紙 その6 貧困社会の到来

●誰も報じない中国の真実 撃論ムック11/29発行(10/31発売?)
中国の対日活動の実態


コメント ( 5 ) | Trackback ( 0 )



« ロシア下院選... 12.2ロシア下... »
 
コメント
 
 
 
有難うございました。 (えっつい)
2007-12-01 01:35:55
管理人さん、長い間有難うございます。 とてもこちらのBLOGで色々な情報を知る事が出来助かりました。また全ての記事を収集し読みこなすのは、本当に結構大変ですよね。

個人的には、全て目を通す事は時間の制約から、無理なので、興味のあるテーマに絞っています。

2年という長い年月、コンスタントに続けてこられたこと、また佐藤さんのもの以外も毎日必ずUPされていて社会情勢の中の記事もいつも長文で大変有り難いと思っています。

今後も楽しみにしています。
えっつい拝
 
 
 
えっつい様 (管理人)
2007-12-01 23:07:04
ありがとうございます。
佐藤さんの情報楽しみにしています。
今後ともよろしく。
 
 
 
お世話になりました (S.N.)
2007-12-02 23:54:05
管理人様、こんばんは。

「著作集」ひとまずお休みされるとこのこと。長い間お疲れ様でした。同じ書誌作成者として、管理人様の努力と苦労が並々ならぬものであることはよく理解できます。「著作集」のおかげで、佐藤さんの追っかけにどれほど力になったことでしょう。

今後は、上記えっつい様のブログなども参照にさせていただきつつ、勉強を続けようと思っております。

今後ともよろしくお願いいたします。
 
 
 
S.N.様ありがとうございます (管理人)
2007-12-03 22:12:08
佐藤さんのおかげでいろいろ本や総合誌などに目を通すようになり、この年になってから世界や政治・社会への興味が広がりました。感謝です。
 
 
 
Unknown (寿)
2008-07-04 01:04:04
起訴猶予という形で
東洋経済に登場した佐藤氏
異色の著者&読書家に拍手です
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。