行き着けなくても一日一歩の気構えで。たそがれおやじの覚醒。
日暮れて途遠し



NYタイムズ2010/7/11付け、P・クルーグマンのOp-Edコラム.
日本の15年以上にわたるデフレは洗練された金融政策手段を持っているアメリカでは起きないとかつてベン・バーナンキは述べていた。しかし、今アメリカがデフレの兆候を見せる中でFedは手をこまねいている。Fedのできることはいろいろある。何が功を奏するかは誰にも分からないが、Fedはデフレを止めるためにすべてのことを行う必要がある。

The Feckless Fed

By PAUL KRUGMAN
Published: July 11, 2010

Back in 2002, a professor turned Federal Reserve official by the name of Ben Bernanke gave a widely quoted speech titled “Deflation: Making Sure ‘It’ Doesn’t Happen Here.” Like other economists, myself included, Mr. Bernanke was deeply disturbed by Japan’s stubborn, seemingly incurable deflation, which in turn was “associated with years of painfully slow growth, rising joblessness, and apparently intractable financial problems.” This sort of thing wasn’t supposed to happen to an advanced nation with sophisticated policy makers. Could something similar happen to the United States?

2002年の頃に、教授から連邦準備制度の役人になったベン・バーナンキが、広く引用された「デフレーション:ここでは起こらないことを確認する」と題されたスピーチを行った。
私を含む他の経済学者同様、バーナンキ氏は日本の「打ち続く痛い低成長、失業の増大、そして明らかに扱いにくい金融問題」と結びついている、頑固で不治のようなデフレに深く困惑していた。
このような事態は洗練された政策決定者を持つ先進国では起こらないものと想定されていた。
アメリカに似たようなことが起きうるのか?

Not to worry, said Mr. Bernanke: the Fed had the tools required to head off an American version of the Japan syndrome, and it would use them if necessary.

心配する必要はない、とバーナンキ氏は述べた。
:Fedは日本シンドロームのアメリカ版を逸らせるために要求されるツールを持っており、必要ならばそれを使うだろう。

Today, Mr. Bernanke is the Fed’s chairman — and his 2002 speech reads like famous last words. We aren’t literally suffering deflation (yet). But inflation is far below the Fed’s preferred rate of 1.7 to 2 percent, and trending steadily lower; it’s a good bet that by some measures we’ll be seeing deflation by sometime next year. Meanwhile, we already have painfully slow growth, very high joblessness, and intractable financial problems. And what is the Fed’s response? It’s debating — with ponderous slowness — whether maybe, possibly, it should consider trying to do something about the situation, one of these days.

今日、バーナンキ氏はFedの議長だ。…そして彼の2002年のスピーチは有名な最後の言葉のようだ。
我々は文字通り(まだ)デフレに冒されていない。
しかし、インフレ率はFedの好むレート1.7~2%のはるか下であり、着実に下落の傾向にある。;ある観点からは我々は来年のいつかデフレを見るかもしれないというのは良い賭けだ。
一方で、我々はすでに痛い低成長、大変高い失業、扱いがたい金融問題を抱えている。
そしてFedの対応は?
ディベートをしている。…非常に重い遅さで…多分、おそらく、ここ数日で状況について何か試行することを考慮すべきかどうかで。

The Fed’s fecklessness is, to be sure, not unique. It has been astonishing and infuriating, as the economic crisis has unfolded, to watch America’s political class defining normalcy down. As recently as two years ago, anyone predicting the current state of affairs (not only is unemployment disastrously high, but most forecasts say that it will stay very high for years) would have been dismissed as a crazy alarmist. Now that the nightmare has become reality, however — and yes, it is a nightmare for millions of Americans — Washington seems to feel absolutely no sense of urgency. Are hopes being destroyed, small businesses being driven into bankruptcy, lives being blighted? Never mind, let’s talk about the evils of budget deficits.

Fedの無能は確かに他に例がないものではない。
経済危機が広まるにつれ、アメリカの政治階級が正常状態の定義を下げていることを見ることは、驚くべきことで、腹立たしいことであった。
最近わずか2年前まで、現在の情勢(失業が悲惨に高いばかりでなく、殆どの予想が何年にもわたって大変に高いだろう)を予測する誰もが、クレイジーに心配性だとして否定されたものだ。
しかしながら、悪夢…そう、それは数百万人のアメリカ国民にとっての悪夢だ…が現実となった今でも…ワシントンは全く緊急事態という感覚を持っていないように見える。
希望は破壊されていて、中小企業は倒産に追い込まれていて、生活が荒廃しつつあるのではないか?
気にするな。財政赤字の悪を語ろうではないか。

Still, one might have hoped that the Fed would be different. For one thing, the Fed, unlike the Obama administration, retains considerable freedom of action. It doesn’t need 60 votes in the Senate; the outer limits of its policies aren’t determined by the views of senators from Nebraska and Maine. Beyond that, the Fed was supposed to be intellectually prepared for this situation. Mr. Bernanke has thought long and hard about how to avoid a Japanese-style economic trap, and the Fed’s researchers have been obsessed for years with the same question.

それでも、Fedは違うだろうと期待する人がいるかもしれない。
一例を挙げれば、Fedはオバマ政権とは異なってかなりの行動の自由を保持している。
Fedは上院で60票を必要としない。;その政策の客観的リミットはネブラスカとメーン州の上院議員の見解で決められることはない。
そのうえ、Fedはこの状況に対して知的に準備ができているとみなされていた。
バーナンキ氏は長い間真剣にいかにして日本スタイルの経済的罠を避けるかについて考えてきた。そしてFedの研究者は同じ問題に何年も取り付かれてきた。

But here we are, visibly sliding toward deflation — and the Fed is standing pat.

しかし、今この状態に至って、目に見えてデフレに落ち込んでいく。…それなのにFedは初めからのやり方を変えない。

What should it be doing? Conventional monetary policy, in which the Fed drives down short-term interest rates by buying short-term U.S. government debt, has reached its limit: those short-term rates are already near zero, and can’t go significantly lower. (Investors won’t buy bonds that yield negative interest, since they can always hoard cash instead.) But the message of Mr. Bernanke’s 2002 speech was that there are other things the Fed can do. It can buy longer-term government debt.It can buy private-sector debt. It can try to move expectations by announcing that it will keep short-term rates low for a long time. It can raise its long-run inflation target, to help convince the private sector that borrowing is a good idea and hoarding cash a mistake.

Fedは何をしているべきなのか?
伝統的通貨政策、Fedが短期の米国債を買うことで短期金利を下げる方法、はその限界に達している。
:それらの短期金利利率はすでにゼロ近くで、それ以上低くはならない。(投資家はマイナス金利の債権は買わないだろう。なぜならそのかわりに彼らは常に現金を溜め込むことができるからだ)
しかし、2002年のバーナンキ氏のスピーチのメッセージはFedが出来る他のことがあるということだった。
Fedは長期の政府債を買うことができる。
Fedは民間の債権を買うことができる。
Fedは短期金利を長期間低いままにするとアナウンスすることで、期待を動かすことができる。
Fedは長期インフレ・ターゲットを上げることができる。それにより、民間セクターに借り入れはグッド・アイディアで現金の退蔵はミステイクだとの確信を持たせることを助長させる。

Nobody knows how well any one of these actions would work. The point, however, is that there are things the Fed could and should be doing, but isn’t. Why not?

これらのアクションのうちのどれが機能するのか誰にも分からない。
しかしながら、大事なことは、Fedが出来るだろうまたしなければならないことが存在するということだ。しかしそうしていない。どうしてだ?

After all, Fed officials, like most observers, have a fairly grim view of the economy’s prospects. Not grim enough, in my view: Fed presidents, who make forecasts every time the committee that sets interest rates meets, aren’t taking the trend toward deflation sufficiently seriously. Nonetheless, even their projections show high unemployment and below-target inflation persisting at least through late 2012.

結局、Fedの役人は、殆どの観察者のように、かなりの厳しい経済予測を持っている。
私の見解では、十分に厳しくない。
:Fedの頭取たちは金利を設定する理事会が開かれるたびに予測を行うが、デフレに向かうトレンドを十分に深刻に受け止めていない。
それでもなお、彼らの予測でさえも、少なくとも2012年後半まで続く高い失業率と目標より低いインフレ率を示している。

So why not try to do something about it? The closest thing I’ve seen to an explanation is a recent speech by Kevin Warsh of the Fed’s Board of Governors, in which he declared that doing what Mr. Bernanke recommended back in 2002 risked undermining the Fed’s “institutional credibility.” But how, exactly, does it serve the Fed’s credibility when it fails to confront high unemployment, while consistently missing its own inflation targets? How credible is the Bank of Japan after presiding over 15 years of deflation?

では、何故それについて何かを行おうとしないのだろうか?
一つの説明として私がもっとも近いとみなすのは、Fed’s Board of Governorsのケビン・ウォルシュによる最近のあるスピーチだ。そこで彼は宣言した。バーナンキ氏が2002年に推奨したことを行うことはFedの「機関的な信用」の足元を掘り崩すリスクがあると。
しかし、一方でコンスタントに自身のインフレ・ターゲットを失っていながら、高い失業率に立ち向かうことを怠っている時に、いったいどうやってFedの信用性に貢献するのだろうか?
日本銀行は15年以上にわたるデフレを宰領した後でどのくらい信用が置けるものなのか?

Whatever is going on, the Fed needs to rethink its priorities, fast. Mr. Bernanke’s “it” isn’t a hypothetical possibility, it’s on the verge of happening. And the Fed should be doing all it can to stop it.

どんなことが進行しているにしろ、Fedはそのプライオリティを速やかに再考する必要がある。
バーナンキ氏の「それ」は仮説上の可能性ではない。いまや起きるかどうかの瀬戸際にある。
そしてFedはそれを止めるためにすべてのことを行う必要がある。


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« あわれなCEOたち ブードゥ経済再び »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。