行き着けなくても一日一歩の気構えで。たそがれおやじの覚醒。
日暮れて途遠し



佐藤優・国家の自縛P204~205

――国体といえば、最近、日本人に愛国心がなくなってきたという論議が盛んですが。

だから憲法の中に愛国心とか道徳をもっと盛り込んだ方がいいと言う人たちがいますが、私はこれ、間違っていると思います。

こういうものは心の中から自然に出てこないとダメなんです。自然に出てくるためには何が必要か。実は詰め込み教育なんです。

例えば、ロシアでは歴史の教科書っていうのは一冊で300~400頁もあるんです。ちなみに向こうは11年間の義務教育なんですが、小学校5年生から教え始められて7年間、この分厚い歴史の教科書が合わせて7冊、合計2千数百頁を全部暗誦させられるんです。ですから歴史については広島・長崎の原爆、パールハーバーのこと、あるいはノモンハン事変のこと、ロシア人はみんな知ってます。

それから自分たちの古典、プーシキンの詩であるとか、チェーホフの小説であるとか、そういうものも全部覚えさせてます。こういう詰め込み教育をやってるから愛国心が自ら育つんです。愛国心っていうのは自分たちの文化がどういうふうになっているか、歴史がどういうふうになってるかっていうところから出てくるんですよ。

日本の場合、私自身の体験で驚いたことですが、一つの大きな断絶っていうのが1982年にあるのです。この年に高校の大きな学習指導要領改定があって、ゆとり教育の走りですね、高校に漢文と古文の授業がほとんどなくなっちゃったんです。大学の入試でも漢文がなくなった。従って現在の30歳代の人たちは、特別に勉強した人を除いて古文や漢文を理解できなくなっている。日本の知的伝統が切断されているんです。そういうところからは根から湧いてくるような愛国心って絶対に出てこないんです。どこか本末転倒している。

今保守系の政治家たちが、愛国心教育を憲法で重視しろと言っていますが、かたちでやったって絶対に中身は入りません。逆にきちんとした詰め込み教育で歴史を教える、日本の古典を教えるところから愛国心は出てくるんです。中国も韓国もロシアもドイツも、歴史と古典教育には今、ますます力を入れているんですよ。

東西冷戦という構造がなくなって、イデオロギーの力がなくなった後、歴史・民族・国家の力っていうのは実のところますます強まってるんですね、各国で。そのために一生懸命歴史を勉強してるんですよ。日本はどうも、それと逆行するようなことをしていて、私は非常に怖いんです。






コメント ( 2 ) | Trackback ( 1 )



« 「日米開戦の... いわゆる「A... »
 
コメント
 
 
 
愛国心のみならず (kks)
2006-07-25 14:21:24
感謝、尊敬、信頼の念が湧けば自ずと愛する心は生まれます。 佐藤優氏の論は そうですね、と納得できます。歴史書が 正しければより一層納得度も増します。年表\は99%が正しいでしょうが そこに編集者の主観が加わると、、、???という感もあります。 例えば子育てにおいても 親の背中を見て子は育つ の通り 昔(わたくしの様な60才前後の者が育った頃)は 殆どの家庭は大変な苦労をして子供を育てた筈です。小さくなったセーターをほどき何種類かの毛糸を混ぜて新しいセーターを編み直してくれたり、睡眠時間を削ってでも内職をしそれでも弱音も吐かず時間ある限りは本を読んでくれ 「昔はこうだったんだよ」、と戦争で昔の裕福だった生活がガラッと一転した切なさを振り払うかのように懐かしかった話を明るい表\情で語り 又明日へのエネルギーを得てるかの様で両親を逞しく感じました。【管理人様もほぼ同年代と思います。いかがですか?お母様もそうではありませんでしたか】 我が家は大して裕福でなく その上姉妹揃って優秀でなかったので私大でしたが「財産ないから一番軽い財産をつけてあげるね」と大変だったと思います。昔の親の躾は人を泣かすな、困ってる人ん助けよ、差別をするな、挨拶はきちんと、お年寄りを大切に、ご先祖様を大切に、と言ってたのではないでしょうか。生活の中で教えてくれていたのではないでしょうか。わたくしはそれを受け継いだと自負しております。そして何より幸せな家庭を守るには 旦那様のご両親を大切にとも言われました。その小さな事が感謝 信頼の念を生み 円満な家庭を築き 子供はその姿を見て育つ、と。 こんな例えで恥ずかしいのですが 「一番尊敬する人は?」と聞かれたら躊躇う事なくわたくしは【両親】と答えます。感謝と信頼です。誰だって親は大切です。それを邪険にされれば信頼 感謝の念が薄れて心が浮いてしまう事もあるでしょう。愛国心だってそうです。政治を司る者(今であれば小泉)に国民が信頼の念など 湧きますか?国の長が愛国心を持っていないのですものぉ。何の為に政治家になられましたの?と疑惑と反感から 愛国心なんて湧きますかしら?(でもわたくしは日本という国は好きです。日本人の心が大好きですし誇りに思っています。小泉は日本人?日本の事考えてるの?)と 言いたい事沢山ありますが携帯では 文字数がこれで限界です。雑感ですみませんでした。
 
 
 
家庭、母の愛 (管理人)
2006-07-25 23:16:15
ありがとうございます。お気持ちよく伝わります。

佐藤さんが講演で大川周明と自分が通じる部分は母の無償の愛。その感覚を敷衍して社会を国家を考えるといわれてましたね。総理大臣に家庭がない。愛がない。国民を愛せない。友達がいない。愛国心があるわけがない。英霊を敬う心があるわけがない。考えれば大変なことでした。
 
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。
 
憂国・売国 (喜八ログ)
謎の情報工作者「r」さんの「憂国・売国」に関する考察が興味深かったので、ご本人の承諾を得て以下に転載させていただきます。 ********************************************** 「嗚呼、負け犬の遠吠え」さんのコメント欄より引用。 (★引用開始★) そろそ ...