行き着けなくても一日一歩の気構えで。たそがれおやじの覚醒。
日暮れて途遠し



● 週間文春2006.7.27日号 「テポドン非難決議」外務省の戦略ミス 今回の「非難決議」の採択は結果オーライで、むしろ外務省は戦略ミスを犯した、と私は考えています。なぜなら、日本にとっては当然ながら「第7章」を入れた決議で北朝鮮を追い詰めることが理想的でしたが、実はそれも不可能ではなかったからです。日本はカードを切る順番を間違えているのです。 ● 月刊現代 8月号 外務省犯罪白書 3.対マス . . . 本文を読む

コメント ( 3 ) | Trackback ( 1 )