行き着けなくても一日一歩の気構えで。たそがれおやじの覚醒。
日暮れて途遠し



5月5日に新聞の報道をまとめましたが、その後の追加報道、WEB情報が豊富なので再度目に止まったものをリンクさせていただきます。 ●新聞記事:新聞の報道は不十分で、テレビは無視でしたが、朝日は遅ればせながら少しフォローしたようです。(他紙もあるのかもしれませんが不明) ★「9条」の集客力 2008.5.10朝日新聞 窓 論説委員室から 3日間でのべ2万2千人。こんなにたくさんの人が集まるとは予 . . . 本文を読む

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




こういう会議が開催されたこと、本日の朝日新聞社会面の「守ろう9条 会場外も人・人・人」という写真入りの小さな囲み記事を見るまで全く知りませんでした。 それにしても趣旨に賛同する市民らが主催者の予想を超えて集まり、1万2千人入れる幕張メッセに入りきれず会場外に3千人があふれたとは…。 昨年9月29日の <沖縄、11万人が訴え 教科書検定「撤回を」>を思い起こさせるインパクトがあると思うが、私自身とし . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




全国の新聞の社説を見てみる。 いつものとおり、読売、産経、日経が調子はずれだ。こういうものを書いている記者は知識人、言論人とは言えないのではなかと思うがどうか。 全国各紙はどれも熱がこもって読み応えがある。信濃毎日などは3日間の特集になっている。 (以下記事は部分的に取捨選択) ●朝日新聞:「日本国憲法―現実を変える手段として」 (現状の正しい認識であると思う。後半の憲法25条生存権をめぐる問 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




本日の都議会の断片をテレビで見たが、自分の責任について問われた石原知事は、「私一人でできるものじゃない、都の組織がどういうものか知らないのか。私の責任は業績を回復させることだ」というような答弁をしていた。 四男がからんだ都政私物化がバレたときの言い訳の数々がまだ記憶に新しいが、昔から人のせいにして責任を取らないという、男らしさのかけらもなさでは筋金入りなのではないか。 高い金利でかき集めた預金のペ . . . 本文を読む

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




全く認識がなかったのだが、「21世紀版前川リポート」の報道で、福田首相が施政方針演説で掲げた5本柱と対応する有識者会議が次々と立ち上げられていることが分かった。 安倍時代の「教育再生会議」、悪名高い集団的自衛権容認結論ありきの「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」が立ち枯れになっているのはいいが、一方で小泉“構造改革”のゾンビが大量に復活しているようだ。 今までに立ち上がったのは消費者行政推 . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




自衛隊が自衛隊でなくなる。 今の国際情勢で海外に派兵を考える(用意する)ということはまさしくアメリカが世界に撒き散らした混沌をそのまま受け入れてジュニア・パートナーの道を歩むものであり、ひたすら対米追従してきた日本はpoint of no returnに行き着く。 心ある方は是非「集団的自衛権とは何か」豊下楢彦(岩波新書)を読んでいただきたい。 森田実の言わねばならぬ【108】 2008.2.2 . . . 本文を読む

コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




ジョージ・ワシントンの横須賀母港化までの経緯をニュースで追ってみたが、この間佐世保にも度々入港していることが分かる。アメリカは日本の反核感情は十分認識しており原子力空母の母港化については政治的に難しい問題になるであろうことも認識している。 ●米原子力空母を公開 来年8月、横須賀配備予定 2007/10/28 15:26 【共同通信】 ●原子力空母の横須賀母港問題を考える市民の会 とだ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




こういうことが来年8月に予定されているということは、迂闊にも知らなかった。 例のインド洋の給油問題でキティホークの存在とそれが横須賀から出航していることがクローズアップされたが、このキティホークに替わって原子力空母ジョージ・ワシントンが配備される。 新聞でもテレビでも大々的に報道されることはなかったと思う。 NHK BS1 きょうの世界の特集で取り上げたのは、先日米国防長官ゲーツが訪日し、ジョージ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




今日の朝日新聞政治面で「小沢行脚」再開という大きな記事が載った。 内容は23日札幌での北海道8区逢坂氏内定のお披露目と、新党大地をめぐる自民党との綱引きの話題。また、民主・国民新党の参議院統一会派正式合意のニュースも並んで掲載されていた。 これらのニュースが10日過ぎからでていたので、鈴木宗男氏のHP情報とあわせて動きをまとめておく。 時系列順。 ●新党大地関係 ★2007年10月17日(水) . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )




まだまだ騒動の最中なのであるが、いろいろメディアに現れる情報を拾っていると、どうも小沢民主党代表の論文は来るべきアメリカ民主党政権をにらんでのメッセージなのではないかと思えてきた。更に、右から左と広いウィングをもつ民主党に「法案は通さない」の筋を1本通す、よりうがった見方では福田政権に不満の右派までを飲み込もうとする狙いもあるのではないか等々、いろいろな観測が出ている。 なぜこのタイミングでこのよ . . . 本文を読む

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )



« 前ページ