「原発と映画」プロジェクト準備ブログ

原発に関する映画の紹介や、首都圏で放射能から子どもを守る取り組みの紹介や、子育てしていて疑問に感じることのつぶやきなど

「盆唄」という映画が劇場公開されるそうです。

2018-11-25 07:58:40 | 原発の映画(観てないもの・上映情報等)

https://www.ttcg.jp/movie/0532200.html

原発事故ということとは別に、東日本大震災による様々な問題を描いたドキュメンタリーは数多く、全部追いかけて書きとめようということは、このブログではしていないのですが、心にとまったので、書きとめます。

テアトルシネマにて、劇場公開予定とのことです。

作品のHPはみあたらないので、テアトルシネマのHPより転載させていただきます。

================

ふるさとを離れても、忘れることのない唄。
希望のかなたへ盆唄は響き続ける―
2015年。東日本大震災から4年経過した後も、福島県双葉町の人々は散り散りに避難先での生活を送り、先祖代々守り続けていた伝統「盆唄」消滅の危機にひそかに胸を痛めていた。
そんな中、100年以上前に福島からハワイに移住した人々が伝えた盆踊りがフクシマオンドとなって、今も日系人に愛され熱狂的に踊られていることを知る。双葉の人々は盆唄を披露すべく、ハワイ・マウイ島へと向かう。
自分たちの伝統を絶やすことなく後世に伝えられるのではという、新たな希望と共に奮闘が始まった。やがて故郷と共にあった盆唄が、故郷を離れて生きる人々のルーツを明らかにしていく。
盆踊りとは、移民とは。
そして唄とは何かを探し求める200年におよぶ物語―。
双葉の豊かな伝統芸能とハワイのボンダンス・日系文化にまつわる唄や音楽、その背景を『ナビィの恋』の中江裕司監督が 3 年の歳月をかけ撮りあげた渾身のドキュメンタリーが完成した。

監督
:中江裕司
出演
:福島双葉町のみなさん、マウイ太鼓ほか
声の出演(アニメーション)
:余貴美子、柄本明、村上淳、和田總宏、桜庭梨那、小柴亮太

<2018 日本 134分>

 
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 「FUKUSHIMA50」の製作が決... | トップ | 東京ドキュメンタリー映画祭... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

原発の映画(観てないもの・上映情報等)」カテゴリの最新記事