幸せのカケラたち

ちょっと気になる子ども達と家族の成長を綴るお父さんのブログです。週1~2回(土・日)の更新を目指しています。

敬老の日に

2016-09-19 20:32:56 | 日記
今日はタオタオも連れて家内の実家に行ってきました。
敬老の日なので、お祝いに一緒に昼食を食べてもらおうとお寿司と義父が好きなお菓子の詰め合わせを持って行きました。
義父と義母は孫の内で一番年下のタオタオを特に可愛がってくれます。
パオパオが旅行中で一緒に来られなかったことは少し残念でしたが、昔の思い出話などを聞かせてもらっているうちに、あっという間に2時間ほど過ぎました。
彼岸の入り日でもあったので、お墓参りに行くことを告げてお暇しようとすると、義父も一緒に墓参りに行きたいと言ってくれました。
僕の母が亡くなった時も父が亡くなった時も涙を流して寂しがってくれた義父の姿が思い出されました。
親戚になるというのは、大きな家族の一部になるということなのだろうと思います。
お参りをすませて、お墓を後にすると雨が激しく降ってきました。
「お墓にいる間は、雨を降らせないでくれたんだよ」家内が言いました。
そうかもしれないと僕も思いました。
そこにあるのは、奇跡ではなくて、感謝ですから。

義父との別れ際にお小遣いをもらったタオタオが自分なりの言葉でお礼を述べていました。
義父がちょっと嬉しそうな顔をしてくれたので僕も嬉しかったです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 思い込みが激しいのは・・・ | トップ | 認知バイアス »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

日記」カテゴリの最新記事