無農薬・自然菜園(自然農法・自然農)で、自給自足Life。~持続可能で豊かで自然な暮らしの分かち合い~

信州の大地で自然農と自然農法で育てる自給農園で、日々の営みや生命を通して感じることや想うことを発信するブログ。

台風前のスイカの収穫&軽トラの救出

2019-08-16 08:48:52 | 日々の自然菜園
自然菜園スクール2019 単発体験参加者は随時募集中~ 


最近注目のユーチューブ『自然菜園LifeStyle』に、
自然菜園スクール町田大月校の見学会が先日あり、
「特別編!竹内孝功さんの自宅の畑見学!前編」に初登場させていただきました!

【後編】特別編!竹内孝功さんの自宅の畑見学!もアップされました!見学会でもみていただいたナスのコンパニオンが紹介されています。

↑ご覧ください。


来年の2020年の1/18(土)新宿文化センターで午後開催が決定した『生命を育む自然菜園~今地球でできること~』講演会も決まりましたので、お楽しみに~。


本日、

みなさまは台風大丈夫でしたか?
うちは、一部の田んぼの支柱が風で折れたり軽いダメージはありましたが、野菜や稲や果樹たちは軽く見回った感じですと大丈夫そうです。
地域によっては、被害や未だに避難されている方もおられると思いますので、二次災害などに気を付けてお過ごしください。






昨日は、午前中の一仕事を片付け、台風対策のため、早めのお昼をいただいていたら、ご近所さんから、「お宅の軽トラが田んぼに落ちているよ」と通報があり、
現場に駆け付けると、サイドブレーキの上げ忘れで、緩い傾斜の農道をそのままバックで動いていったようで、U字溝に軽トラが落ちてはまっていました。

トラクターで自力けん引しようかと思いましたが、傾斜がひどく、田んぼにバタンとひくっり返ったら、田んぼの稲と軽トラがただじゃすまないと思い、

田んぼの持ち主さんに連絡し、来ていただき、近所の重機の達人もかけつけてくれ、U字溝に木を埋めて、車体が田んぼに転げないように、はまったタイヤを出してから、
トラクターで、車体をバックでけん引していただきました。

今回は、JAFの会員でなかったこと、2次被害を恐れて、ご近所のお力のお蔭で、車も稲も人も被害がなく、無事済みました!
手伝ってくださったご近所の農家さんもサイドブレーキミスやU字溝にはまった経験身近であり、お互い様だといってよくしてくださいました。

サイドブレーキなどしっかり確認したいと思いました。

持ちつ持たれつなので、以前私も生徒さんの車をけん引しましたが、今後はまたいつでも困っている方がいたら力になりたいと強く思いました。








台風前の対策の一つに、スイカの収穫しました。

雨が降ると、せっかくのスイカが割れたり、水っぽくなるので、収穫時のお知らせ(巻きヅルの枯れ)のスイカが3つあったので、収穫しました。






見た目以上にうちのスイカは重いので、3つ測ると

2.9kg 5.3kg 4.7kgだったので、平均4.3㎏でした。
うちのスイカは、外国のスイカを固定したスイカなので、大きさが畑の肥沃度によって変わり、中がピンクです。

今年は豊作で、いい感じに収穫できました。残り3つはもう少しだったので、雨次第といった感じです。

明日は、自然菜園スクール「自然菜園ベーシックコース」
明後日は、第3弾の自然菜園スクール「自然菜園見学コース」
です。




◆◇◆お知らせ◆◇◆

2019年土内容充実で、今年は、完全リニューアルで、
城山公民館「これならできる!自然菜園入門講座」講座が開催です。
毎月の野菜と土づくりのテーマで質問時間もたっぷりあるので是非お越しください。

今年度は、いつもの第1水曜日に
長野市城山公民館 18:30~21:25(当日、記録用動画撮影いたしております)
18:30~19:45座学
19:50~21:25質疑応答


新年度は、4月よりコンパニオンプランツの混植野菜をテーマに、季節の野良仕事と一緒にご紹介していこうと思っております。

今年のテーマ「コンパニオンプランツで混植」

毎月2種類(年間24種類)のメイン野菜とコンパニオンプランツを紹介。
各野菜とコンパニオンプランツをどのように栽培するとより効果的かなど体系的にポイント解説。

8/ 7(水)-「ダイコンのコンパニオンプランツ」「ハクサイのコンパニオンプランツ」
9/ 4(水)-「カブのコンパニオンプランツ」「キャベツのコンパニオンプランツ」
10/ 2(水)-「ニンニクのコンパニオンプランツ」「タマネギのコンパニオンプランツ」




次回自然菜園スクール自然菜園見学コースでは、2か月後田畑の生長具合を是非目の当たりにしてみてください。
8月18日(日) AM:自然菜園講座③(自家採種)
PM:真夏の自然菜園見学会(田んぼの出穂、野菜の夏休み、秋野菜の植え付け)




次回 8/ 8(木)稲刈りのタイミングと稲の診断です。

『無農薬無化学肥料でできる!自給稲作入門講座』

1年の反省と来年に向けて
田んぼの土づくりは、3年。稲を育てて、草が生えにくい環境づくり。3年後に楽できるように、毎年の積み重ねが大切です。
悪い連鎖を断ち切り、よい連鎖が続くように、3年かけて少しずつ抜本的に改善するためには、この講座では、現状の問題の真の原因を見つけ、
どうすれば、悪い連鎖を断ち切り、よい連鎖が続くように、自分の田んぼで改善していけばいいのかを知り、
自分の生活や仕事のペースと稲のお世話のタイミングを合わせていく方法を見つけていきます。


場所:戸倉創造館3階会議室
日時:第2木曜日 18:00~20:45まで(全12回座学のみ)
受講料:1回1,500円
対象:米の自給をしたい方。米作りが初めての方大歓迎!
参考テキスト:『自給自足の自然菜園12ヶ月』(宝島社)153~174ページ

●問合せ・申し込み先●
千曲市役所経済部農林課農業振興係服部
電話026-273-1111(内線7244)
Email:nousin@city.chikuma.nagano.jp(件名を「自給稲作入門講座」として送信下さい)




自然菜園スクール2019 募集中~ 



『無農薬無化学肥料でできる!自給稲作入門講座』

1年の反省と来年に向けて
田んぼの土づくりは、3年。稲を育てて、草が生えにくい環境づくり。3年後に楽できるように、毎年の積み重ねが大切です。
悪い連鎖を断ち切り、よい連鎖が続くように、3年かけて少しずつ抜本的に改善するためには、この講座では、現状の問題の真の原因を見つけ、
どうすれば、悪い連鎖を断ち切り、よい連鎖が続くように、自分の田んぼで改善していけばいいのかを知り、
自分の生活や仕事のペースと稲のお世話のタイミングを合わせていく方法を見つけていきます。
次回7/11(木)「中干しと出穂」です。


場所:戸倉創造館3階会議室
日時:第2木曜日 18:00~20:45まで(全12回座学のみ)
受講料:1回1,500円
対象:米の自給をしたい方。米作りが初めての方大歓迎!
参考テキスト:『自給自足の自然菜園12ヶ月』(宝島社)153~174ページ

●問合せ・申し込み先●
千曲市役所経済部農林課農業振興係服部
電話026-273-1111(内線7244)
Email:nousin@city.chikuma.nagano.jp(件名を「自給稲作入門講座」として送信下さい)




新刊発売中!!さっそくの重刷決定!ありがとうございます。第一弾!『とことん解説!タネから始める 無農薬「自然菜園」で育てる人気野菜』(洋泉社)
今までの自然菜園でわかりにくかった点を見事に解説!最新技術を加え、決定版になっております。


第二弾!4/19新発売『プランターで寄せ植え野菜』
プランターは、失敗しやすいものですが、基本を守れば、とっても簡単です!今回は、寄せ植えで2~3種類の相性の良い野菜を混植し、1枚のメニューになるようにイラストと写真でまとまっております。プランタ―だけでなく、庭や菜園でも使える組み合わせなので、参考にしてみてください。




現在、『竹内孝功さんの自然菜園講座オンライン動画サイト試験発信中~
※有料サイトの都合、登録などの際に一部英語表記になっております。

※最新動画、「畑での野良仕事(実技編)」前編・後編もアップグレードできました。

コメント   この記事についてブログを書く
« 無農薬果樹への試験栽培はお... | トップ | 自然菜園スクール8月【長野校... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日々の自然菜園」カテゴリの最新記事