無農薬・自然菜園(自然農法・自然農)で、自給自足Life。~持続可能で豊かで自然な暮らしの分かち合い~

信州の大地で自然農と自然農法で育てる自給農園で、日々の営みや生命を通して感じることや想うことを発信するブログ。

トウモロコシの自家採種

2013-09-11 08:40:06 | 自家採種
本日、




トウモロコシの自家採種を改めてし始めました。

トウモロコシの自家採種は、とても危険を伴います。

もともと、他家受粉植物で、主に風に乗って花粉が運ばれ授粉する風媒タイプなので、最低1kmで他のトウモロコシを育てていると交雑してしまうため、種の保存が難しい上に、

ほとんどのトウモロコシがアメリカ産の一代交配種(F1)のため、遺伝子組み換え作物(GM)の可能性が否定できず、
自家採種することで、GM汚染を拡大してしまうからです。


つまり、GM汚染された農作物を栽培することで、地域の在来種などに交雑させ、自然環境を破壊し、壊滅させてしまうからです。

そのため、まずは遺伝子組み換え作物の可能性のない品種であり、交雑の心配のない地域で、隔離し、人工授粉など安全性を高めて自家採種しないといけません。

遺伝子組み換え作物(GM)を一度自然界に出してしまうと、回収はほぼ不可能と言われ、半減期もなく、無造作に増えて帰化植物以上に在来種が維持できなくなるようになってしまうからです。

特にトウモロコシ・ナタネ(アブラナ科)はその最たる野菜なので、特に注意が要ります。




数年間いろいろなスイートコーンなど自家採種したいと思う品種を探してきて、たどり着いたのが「黄もちトウモロコシ」です。

現代のスイートコーンは、甘過ぎて口に合わないこと、しかし茹でて食べると美味しい固定種がなく、なかなか美味しくて育ちやすい品種がなかったので、交雑を避け、試行錯誤しているうちに数年かかってしまいました。

その中で、「黄もちトウモロコシ」は、長野県産の無消毒種子で、早朝生で食べると甘く、茹でて食べてもほのかな甘みがあり、特に茹でたものを焼きトウモロコシにすると絶品で感動しました。

このサイズであれば、余った種子は飼っている鶏の餌にも向きますし、いずれは粉にして食べてみたいと思いました。

このところの長雨で種子がカビてしまわないうちに、収穫し、




虫や獣に狙われないようにネットに入れて、風通しのよい場所に吊るし乾燥させます。

まだまだ選抜できず、とりあえずの自家採種といった感じですが、来年以降本格的に選抜し自家採種を重ね地域風土に合った在来種に育てていきたいものです。


枯れてきたトウモロコシを支柱に7月播きのインゲンも大きくなってきました。


トウモロコシと混植した姫トウガンもゴロゴロたくさん実をつけ1回目の収穫でき、まだまだ採れそうです。




ミニカボチャに至っては、樹や葉っぱが復活し、新たにまたカボチャを着け始めました。

今年も暑かったのですが、トウモロコシと混植したカボチャはウドンコ病も少なく、豊作でした。
まさか、夏が終わってから復活し新たに実をつけるのは初めてですが、カボチャにとってはトウモロコシとの混植はとても過ごしやすいのだろうと思いました。

トウモロコシ、カボチャ、トウガン、インゲン、相性の良い組み合わせで、野菜がおいしく育ち、自家採種できるのは幸せです。

来年もこの組み合わせで、連作してみよと思っております。楽しみです。

本日9月の『これならできる!自然菜園入門講座』
9/11(水)松本(NHKカルチャーi-City松本教室)


9月の残りの菜園スクール予定は、
14・15(土・日)はシャロムヒュッテさんで『あずみの自然農塾』
22(日)は、『Azumino自給農スクール・自然菜園実践コース』(安曇野・三郷)
29(日)は、東京世田谷で、せたがや自然農実践倶楽部さんで『東京で自然農をはじめよう!自然農講座パート2:
自家採種と秋の種まき編』

『家庭菜園』 ジャンルのランキング
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 元田んぼを自然菜園に緑肥作... | トップ | 持続可能な自然菜園入門講座... »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
バッタ対策 (chaaboo)
2013-09-11 10:46:57
いつも楽しく拝見しています。
私の畑も元たんぼの粘土質で野菜作りには苦難が多いですが、このブログを心の支えに野良仕事に精を出しております。

さて、以前にアワノメイガ対策でアドバイスを頂きましたが今回はバッタ対策を御教授下さい。

私の畑では昨年から急にバッタやイナゴ、コオロギが異常発生。特にバッタが多く、トウモロコシは葉を喰われ雌花も授粉するまもなく食い尽くされてしまいます。タバスコストチュウを撒いても効果はなく、ネットで隙間なく囲う事もできず困っています。結局、夏以降はひとつも収穫出来ませんでした。

自然農ですので草マルチをしたいのですが、今の時期はバッタやコオロギの住処になるので出来ません。先日も人参も葉が20cmほどに伸びた所でバッタに葉を食い尽くされてしまい、種を蒔き直し不織布で隙間なく防御しています。

隣のたんぼが半耕作放棄の状態で草が伸び放題。その影響でバッタなどが大発生したのかな!?とも思っています。

昨年はバッタやイナゴが飛び交う畑で、虫が増えて嬉しく思っていました。しかし野菜作りにこれだけ影響があると憎らしく見えてしまい・・・・
バッタやイナゴ、コオロギの対策でいいアイデアがありましたら御教授願えませんか。
宜しくお願い致します。
ご質問ありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2013-09-11 12:02:03
chaabooさんへ

そうですか。今年はどこもバッタが早くから多発しているようで、当たり年のようです。

うちでもバッタ、コオロギが大発生しておりますが、周囲の畦草などはこまめに刈り、野菜にどんどん敷いて草マルチし、野菜の周囲にはいつも通りある程度草を残しながら、野菜の株元はしっかり草マルチしております。

それで、ヤラレテしまった野菜もあることはあるのですが、野菜の生育の方が早いせいか、食べたりタネを採ることができそうな状況です。

諸外国、日本でもかつては群生化したバッタによって飢饉が発生し、食糧難の結果多くの死者を出してきただけに、バッタは侮れない虫です。

バッタの大好きな環境は、湿気のある草だらけの場所で、天敵のいない場所です。

カマキリやカエル、クモなどが増えてくれるとかなり被害は減るので、それらの生き物が住みやすく、バッタが住みにくい、風通しの良い野菜が育ちやすい環境にするのが適切です。

害虫がいるので、益虫と呼ばれる害虫を食べる虫もふえることができます。すべてはバランスです。

菜園の周囲(畦など)が草ぼうぼうだったり、野菜が育ちにくいくらい草が多く茂っていると、かえってバッタ好みの湿気のある場所になるので、いつまでも滞在し、餌をむさぼります。

また、草マルチをしておくと、確かに小さい頃のコオロギなどは生息しますが、風通しよくなり天敵も多く住み、主食のイネ科の草がなくなり、野菜がよく育つようになるので、むしろしっかり野菜をそだてることが一番大切なような気がします。

あと、まやかし程度かもしれませんが、ドクダミの匂いを避けるようなので、ドクダミの葉を混ぜた草マルチなどもいいかもしれません。

物理的に被害をなくす、寒冷紗も大変有効なので、被害があるうちは利用するのもいいと思います。

大切なのは、数年後に野菜が自然に育つ調和のとれた菜園になるために何ができるかだと思います。対処療法よりも、根本に目を向けて見てください。
初投稿です (谷古宇)
2013-09-11 16:58:42
全然トウモロコシと関係ない話なんですが、
ハコベは移植するのではなくハコベの種を植えようと思ってます。
でも本によると、ハコベは周りの土と一緒に移植すると書いてあります。
種蒔くのでは意味がないのでしょうか?

そしてスギナが生えている砂地の酸性土壌の場所で、ハコベを植えようと思ってるのですが芽は出てくると思いますか?
ご質問ありがとうございます。 (たけうち あつのり)
2013-09-11 19:15:25
谷古宇さんへ

そうですね。
実際にやってみるといいと思います。

私の経験からいえば、ハコベの生える土だけを客土しても、ハコベのタネを播いても、特に変わった様子は見られず、

ハコベの生えた土をハコベごと移動させたところ、急に野菜の育ちやすくなったことがあり考えさせられました。

生きた土とは、土だけではすぐに死んでしまいます。そこに生きる微生物など土の生き物にとっては、ハコベは隠れ家であって、生活の場であり、餌でもあります。

ハコベを生やしたくて移植するのではなく、ハコベが生えるような環境をそのまま移植することをきっかけに、野菜が自然に生える環境が広がってほしくて行います。

そのため、ハコベが生える環境が整えば、自然にハコベが生えてくれるので、生やそうとするよりも野菜が自然に育つ環境が調えることが大切だと思っております。

コメントを投稿

自家採種」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事