無農薬・自然菜園(自然農法・自然農)で、自給自足Life。~持続可能で豊かで自然な暮らしの分かち合い~

信州の大地で自然農と自然農法で育てる自給農園で、日々の営みや生命を通して感じることや想うことを発信するブログ。

ハクサイ・キャベツの育苗

2012-08-15 19:17:59 | 自然栽培講座(技術編)
本日、時々

今まで降らなかった雨ですが、お盆に入り、毎日のように降ってくれます。ありがたいことです。

今日は、菜園教室用のハクサイとキャベツの鉢上げをしました。


ハクサイは、キャベツ同様、結球する野菜ですが、
ハクサイの根は、キャベツに比べ移植に弱く、できれば苗でなく直蒔きがよいのですが、
頻繁に畑に行けない場合などは、コオロギなどの食害も考えて苗を育てておくと便利です。


ハクサイの本葉が3枚目が出た時に、根が回ってきたので、定植してもいいのですが、
今回は菜園教室用に、根が老化しないように


一回り大きなポットに鉢上げすることにしました。


「鉢上げ」というのは、鉢に根が回ってしまうと老化してしまうので、
それを防ぐために、一回り大きめの鉢に植え替えてあげることです。


今回は、キャベツとハクサイを雨の中、雨に当たらないところで鉢上げしました。


キャベツ苗の葉の裏側には、モンシロチョウの卵や幼虫がいるので、
そのまま鉢上げてしまうと、食害に合い続けるので、取り除きます。


近くにいたマイマイ(カタツムリ)さんも大きく葉を食害するので、移動させます。


鉢上げたばかりの苗は、新たなポットで根が出やすいように、黒寒冷紗で覆います。


黒寒冷紗で覆ってあげると、日指しを避けてあげると植え傷みが少なくなり、しかも新しい根が出やすいものです。

この時期はまだ残暑きびしく、苗の葉を狙う動物が多いので、育苗に注意が必要です。
せっかく無農薬栽培するのであれば、苗の段階から無農薬で育てたいものです。


今週末8月18日(土)19日(日)は、
シャロムヒュッテで「あずみの自然農塾」です。
コメント (14)

我が家のコンパニオンプランツ(夏-ナス科)

2012-06-16 22:17:51 | 自然栽培講座(技術編)
本日、ときどき、

今日はシャロムヒュッテでのあずみの自然農塾。
耕さない田んぼに田植えをしました。
明日も続きを行いまとめてブログにアップしますね。


今日はナス科のコンパニオンプランツをご紹介しますね。

写真のように、トマトに間にバジル、定番ですね。

バジルを植えることでトマトの虫害が避けられ、トマトもバジルも美味しくなるから不思議ですね。


トマトとトマトの間に、


ラッカセイを殻ごと種を蒔きました。

ラッカセイとトマトの相性は、出身が近いこともあり畑でもよく育ちます。


ナスの間には、発芽して間もないエダマメがいます。


青ナスの間には、スープセロリもあります。


まだ夜間が寒い日が続くので大きくなっていませんが、

ピーマン類の傍らには、トマト同様バジルを植えています。


トマトの間には、チャイブ(西洋ネギ)やニラなど相性の良いユリ科を植えることで、
連作障害、病気予防にもなります。

ナス科には、ジャガイモ、トマト、ナス、ピーマン、シシトウ、パプリカなど
連作しがちな野菜が多く、単独で植えると連作障害が顕著に出やすいので、コンパニオンプランツと混植することで、
多様性を生み、バランスが崩れにくくなるので助かります。

コンパニオンプランツを活かすことで、畑が多様化し、
食べるものも豊富になります。

育てる楽しみも食べる楽しみも増すのでお奨めです。


Azumino自給農スクール
育苗コース、田畑コース、畑コース、田んぼコースを選べます。

「無農薬・ずくなし家庭菜園講座」
カルチャーセンターをはじめ3つの講座。
メルパルクカルチャー、城山教室(長野市)は、6月6日(水)、
NHKカルチャーは、6月13日(水)です。

*********************************
無料メルマガ
信州自給自足Life通信はこちら

クリック応援も宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ今何位?にほんブログ村
コメント

我が家のコンパニオンプランツ(夏-ウリ科)

2012-06-15 19:41:12 | 自然栽培講座(技術編)
本日、

今日も暑かったです。明日は1日雨なので、ありがたいお湿りです。
今日までがまんした野菜の根は、明日の雨のご褒美で一層根張りが強くなってくれると思います。


今日は、我が家の菜園のウリ科のコンパニオンプランツをご紹介します。

ウリ科の定番のコンパニオンプランツは、ネギです。
ネギと一緒に育てることで、連作障害やツル割れ病などの予防になります。

写真は、ネギを先に植えた後に種を蒔いたズッキーニです。


カボチャもネギと一緒に植えてあります。

両脇には、エンバク(左)、小麦(右)が生えています。

ムギが脇にあると、アブラムシの天敵などの住処、バンカープランツになり、
病虫害の予防にもなりますし、風よけにもなり、最終的には、敷きワラになり便利です。

また、ムギ類をウリ科と混植すると、うどんこ病の発生も軽減し、
カボチャの葉も小さくなり、実つきがよい姿になるから不思議です。


カボチャの列には、メロンも栽培しています。

メロンの株間にはエダマメを混植し、メロンの生育を助けてくれます。

エンバクを刈って敷き草にしてあるので、雨の跳ね返りも少なく病気の発生が抑えれれます。


カボチャの列の隣りには、スイートコーンとエダマメを交互に栽培しています。

トウモロコシの間を広めに取り、間に極早生のエダマメを混植すると生育もよく、
エダマメとトウモロコシを収穫し、夏のおつまみに最高です。

しかも、隣りにあるカボチャなどが相性の良いトウモロコシの林の中に入ってくるので、
相性の良い者同士を近隣に植えると楽しいですよ。


別のところに栽培しているキュウリも順調です。

ネギと混植したキュウリの両脇には、
ソルゴー(左)とエンバク&クリムソンクローバー(右)が生えていて、
一度甘く刈って草マルチに利用しました。

イネ科の植物は一度刈られても、再度復活してくるので、また敷き草の材料を大量にくれるのでありがたいものです。

前回のアブラナ科のコンパニオンプランツの混植は、
主に、虫害の軽減でしたが、

今回は、複合的に色々な相性の良いものをウリ科に混植し、複合的に効果を狙いながら、
楽しく、たくさんのものが少量多品目採れる植え付けです。

明日から2日間。シャロムヒュッテでのあずみの自然農塾6月
梅雨で雨ですが、田植えなど盛りだくさんなので、楽しみです。




Azumino自給農スクール
育苗コース、田畑コース、畑コース、田んぼコースを選べます。

「無農薬・ずくなし家庭菜園講座」
カルチャーセンターをはじめ3つの講座。
メルパルクカルチャー、城山教室(長野市)は、6月6日(水)、
NHKカルチャーは、6月13日(水)です。

*********************************
無料メルマガ
信州自給自足Life通信はこちら

クリック応援も宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ今何位?にほんブログ村
コメント (8)

我が家のコンパニオンプランツ(春)

2012-06-14 13:55:03 | 自然栽培講座(技術編)
本日、

今日は、最高気温25℃。今月一番の夏日でした。


現在のうちの自然菜園の様子です。

左にキャベツ、真ん中にサニーレタス(赤)、左はハクサイです。

サニーレタスを植えることで、モンシロチョウなどの虫害を軽減することができます。


レタスの他に、

真ん中にモンシロチョウが苦手なソラマメを植えることも効果的です。


アブラムシなどいわゆる野菜を食べる害虫は、なぜか赤色が苦手のようです。

そのため、食べても美味しく、虫が食べない辛みのあるリアスカラシナの両脇に、
カブや春ダイコンが育っています。


赤くなくても、シロザに紛れて生えているシュンギクなども、虫が食べないので無農薬栽培しやすく、
虫にやられやすいアブラナ科の野菜と一緒に植えると、被害が軽減します。

いわゆるコンパニオンプランツ(相性の良い共栄植物)を混植することで、
菜園に多様性がうまれ、害虫による被害が軽減する効果が知られています。

害虫と呼ばれる虫による食害などは、原因があるので生じることです。
本当の原因を改善しない限り、改善はありません。

コンパニオンプランツを混植したからといって病虫害がなくなることはありませんが、
多様性がうまれているので、単独で植えるときよりも軽減し食べる野菜が残ります。

自給菜園にぴったりのコンパニオンプランツの混植。
是非やってみてください。



Azumino自給農スクール
育苗コース、田畑コース、畑コース、田んぼコースを選べます。

「無農薬・ずくなし家庭菜園講座」
カルチャーセンターをはじめ3つの講座。
メルパルクカルチャー、城山教室(長野市)は、6月6日(水)、
NHKカルチャーは、6月13日(水)です。

*********************************
無料メルマガ
信州自給自足Life通信はこちら

クリック応援も宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ今何位?にほんブログ村

コメント (6)

緑肥作物で元田んぼの粘土土質を改良

2012-05-17 06:19:39 | 自然栽培講座(技術編)
本日、

安定しない天気ですね。
安曇野は今度の土曜日の最低気温予報が4℃。まだ霜が降りるかもしれませんのでご注意ください。


現在、元田んぼを畑として使用するため、
土壌改良を緑肥作物で実験中です。


ゴロゴロしたいわゆる田んぼの粘土土です。このままでは、野菜を育てるのは困難な土です。

元々田んぼだったところを畑に転換して使用している例は、減反政策で蕎麦・麦・大豆に転換しよく知られています。

田んぼだったところでは、粘土質の土壌ゆえに、
畑にした場合に、雨の後水はけが悪く、根ぐされしやすかったり、根が酸素不足になりがちです。

また、粘土が強いので、作業効率も悪く、本来なら田んぼとして利用したいところです。

しかし、上手に畑に転換されれば、粘土特有の保肥力の高さ、保水性高さゆえに、養分が切れにくい優秀な畑になります。

そこで今回、師匠に教わった緑肥作物による畑化を実際に試みてみました。


今回使用した緑肥作物は、



◆セズバニア(マメ科):耐湿性にすぐれ水田の転作に最適な強勢のマメ科の1年草  空中チッソを固定し地力を高め、根が1m以上伸びるので土壌物理特性を向上させる。
◆クロタラリア(マメ科):春~夏まきの緑肥・景観用作物です。草丈は1.5~2m。美しい黄色の花をつけます。排水不良地には向きませんが、酸性地・やせ地でもよく生育します。各種のネコブセンチュウの密度を抑制します。
◆エンバク(イネ科):「前進」青刈り作物として広く栽培される。*耐湿性が強いので水田裏作用に、またサイレージ用に利用できる

の3つです。

農薬コーティングしてあるのが玉に傷ですが、
2種類の夏用のマメ科の緑肥によって、窒素固定をしてもらいながら、1m以上伸びる根によって田んぼに穴をあけて排水性を高めます。

また、湿地用のエンバクを混ぜることで、土の団粒化を促進し、水はけも水持ちもよい土に育てたいものです。

いずれも背が高く大量の有機物を生産しれくれるので、
畑で有機物を自給し、それを畑に還すことで、腐食化、団粒構造を更に高めてくれると思います。


これらの緑肥作物を良く混ぜ、


セズバニアに着いてくる「まめぞう」を添加します。


セスバニアの根に寄生する根粒菌は、特殊なものなので、
わざわざ添加し、窒素固定菌の働きを良くします。


水でぬらした種子に「まめぞう」を添加したものです。

その後、田んぼの畑化予定地にばら蒔き、管理機で耕しながら覆土しました。
5月の頭に蒔いたので、次回この田んぼに行ったら、発芽していることと思います。

夏は、この3つの緑肥作物を混播し、緑肥によって改良してもらい、
冬は、ライムギなど冬の緑肥作物を混播し、更に改良する予定です。

1年間は、野菜などを栽培せず、徹底的に緑肥作物のみによる土壌改良です。
土壌分析を前もってやっているので、1年後土質や土壌分析がどのように変わるか楽しみです。


繰り返し使える無農薬・エコ菜園プランター講座(夏)
エコ菜園プランターは、自宅の生ごみをミミズコンポストによって完熟堆肥にさせ、くり返し育てることができる循環栽培です。無農薬栽培がご家庭で簡単にできます。
■エコ菜園プランターの作り方(①ニガウリ・インゲン、②トマト・バジル・エダマメ)
■コンパニオンプランツで混植
■家庭の生ゴミをコンポストミミズで循環させる方法


Azumino自給農スクール
育苗コース、田畑コース、畑コース、田んぼコースを選べます。

「無農薬・ずくなし家庭菜園講座」
カルチャーセンターをはじめ3つの講座。
メルパルクカルチャー、城山教室(長野市)は、5月7日(月)、
NHKカルチャーは、5月9日(水)です。

*********************************
無料メルマガ
信州自給自足Life通信はこちら

クリック応援も宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ今何位?にほんブログ村
コメント (97)

土着菌で発酵!?手造りボカシの造り方

2012-05-14 06:20:05 | 自然栽培講座(技術編)
本日、

先週とうってかわって夏日の予報です。
ハウス内の野菜苗が暑くなり過ぎないように気をつけたいですね。


4月の初めに仕込んだ土着菌ボカシが完成しました。

これは、新鮮な米ぬか、モミガラと畑の泥水を使った造る嫌気ボカシの一種です。

畑を無農薬栽培に切り替えて間もない畑や、病気が出てしまった畑、野菜の養分が切れてしまった場合に有効な有機肥料であると同時に、畑に元々いる土着菌で発酵させ造っているため、土着菌を増やすきっかけに役立つボカシです。


まずは、畑の周囲に生えているハコベを見つけ、


根っこの周りの土を一握り分けてもらいます。

この根っこの周りには、土着菌をはじめ畑を元気にしてくれる微生物がたくさんいます。


この泥を塩素を飛ばした水で溶いてあげ、泥水を作ります。


お米を精米する際に出るモミガラに泥水を含ませ、


モミガラに泥水を含ませます。

余り泥水が多すぎると腐敗しやすいので、


傾けるとちょっと流れる程度が最適です。


泥水を含んだモミガラに、新鮮な米ぬかを足します。


モミガラと米ぬかをよく混ぜます。


水分量が50~60%にしたいので、
おにぎりの要領で作った塊が、簡単に割れる程度になるように米ぬかの量を調整します。


密閉できる蓋つきの容器を用意いただき、

底に米ぬかを1cm位敷きつめ、


混ぜたボカシの元を入れ、


空気を抜く要領で、しっかり押さえてながら


ギュウギュウに詰めていき、


最後1cm位を生の米ぬかを敷きつめ、


蓋をして空気が入らないようにします。

常温20℃前後の温かい場所に置いておくと1~2カ月程度で発酵し完成します。


ギュウギュウニ押して詰めたので、逆さまにしても塊のまま出てきます。


崩して匂いを嗅ぐと、米ぬかの香ばしい香りに、ちょっと酸っぱい乳酸のような香りがし、
とてもいい匂いがしたら完成です。

白いカビはコウジカビなどなのでいいのですが、緑や赤のカビが出ている場合は使用を避けます。
このボカシは、モミ手で砕いて乾燥させ保存するか。空気を押し出しながら再び容器に戻し熟成させます。

通常のボカシのように使えますが、
おすすめは、堆肥造りや草マルチの上から撒いて更に草マルチを重ねながら追肥として使う方法です。

時別な菌を購入しなくても、畑の周囲の土と、お米由来の米ぬか・モミガラを使って自家製で造れるので、お奨めです。
今のうちに造っておくと、梅雨明け頃から使えて便利ですよ。



繰り返し使える無農薬・エコ菜園プランター講座(夏)
エコ菜園プランターは、自宅の生ごみをミミズコンポストによって完熟堆肥にさせ、くり返し育てることができる循環栽培です。無農薬栽培がご家庭で簡単にできます。
■エコ菜園プランターの作り方(①ニガウリ・インゲン、②トマト・バジル・エダマメ)
■コンパニオンプランツで混植
■家庭の生ゴミをコンポストミミズで循環させる方法


Azumino自給農スクール
育苗コース、田畑コース、畑コース、田んぼコースを選べます。

「無農薬・ずくなし家庭菜園講座」
カルチャーセンターをはじめ3つの講座。
メルパルクカルチャー、城山教室(長野市)は、5月7日(月)、
NHKカルチャーは、5月9日(水)です。

*********************************
無料メルマガ
信州自給自足Life通信はこちら

クリック応援も宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ今何位?にほんブログ村

コメント (13)

育苗中(明日の霜に備えよう)

2012-05-12 11:28:53 | 自然栽培講座(技術編)
本日、


先週の温かさとうって変わって朝の最低温度が、5℃前後と肌寒なりました。

そこで、稲の苗にも夜間保温できるように、発泡ポリの保温シートを夕方から朝までかけました。


ハウスの中も最低温度が10℃以下になりがちなので、

ビニールと不織布でしっかり保温します。


こちらの苗の順化用のトンネル内も寒さが厳しいので、不織布をべた掛けしています。


不織布を剥ぐと下には寒さに耐えた定植間際のトマトの苗が待機しています。


ハウスの中では、トマト


カボチャ


ナス


ピーマン類


バジル


スイカ


メロン

の苗が大きくなってきています。

5月の中下旬まで、霜が降りる可能性がとても高いので、
うちでは夏野菜を早植えせず、地温が安定するまで、ハウス内でゆっくり育てています。

明日の朝は、最低気温が氷点下の予報。
必ずと言っていいほど霜が降りる条件がそろっています。

今日は、余裕を持ってハウスを早目に閉めて、保温し明日の最後かもしれない寒波を乗り越えようと思います。
来週から夏野菜の苗の販売や定植が始まります。

無農薬・自然菜園に向いた育苗も終盤です。
心を緩めず、苗が巣立つことができるように調整していこうと思います。


Azumino自給農スクール
育苗コース、田畑コース、畑コース、田んぼコースを選べます。

「無農薬・ずくなし家庭菜園講座」
カルチャーセンターをはじめ3つの講座。
メルパルクカルチャー、城山教室(長野市)は、5月7日(月)、
NHKカルチャーは、5月9日(水)です。

*********************************
無料メルマガ
信州自給自足Life通信はこちら

クリック応援も宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ今何位?にほんブログ村
コメント

ケース育苗で苗を育てる(完成版)

2012-05-09 06:42:43 | 自然栽培講座(技術編)
本日、

昨日まで長野市に出張しておりました。
長野市で今年から始めた「無農薬自然菜園 ずくなし家庭菜園」教室は、
5月夏野菜の定植、春野菜の間引きとてんこ盛りで、とても大切な時期なので
ついつい話し過ぎてしまい、熱くなってしまいました。


透明な衣装ケースや道具箱を使ったケース育苗を以前ご紹介しました。

ケースの中に、黒いペットボトルを入れて夜間保温して温床にする育苗箱です。


左から
キュウリ、カボチャ、トマト(奥)ピーマン(手前)ナスと元気に育ちました。

葉っぱの色も若草色で、光合成が盛んに行われている代謝の良い苗に育ちました。


無農薬・自然菜園では、たっぷりの土(育苗土+畑の土)でがっちり育て、
双葉のしっかり残り、根の張りが良い若い苗が最高です。

ケース育苗では苗がモヤシ化しやすいので、
水を節水し、日中たっぷり陽だまりにおいて太陽に当てて、大きくなってきたらさわやかな風になびかせます。

苗半作という言葉あるように、
育苗がうまくいけば、半分以上成功したようなものです。

無農薬栽培するならば、市販の消毒・化学肥料苗もいいですが、
自分の畑で自家採種した無農薬の種子で、無農薬苗が手に入ったらいいですね。


今日は午後からNHKカルチャーで「無農薬自然菜園ずくなし家庭菜園」教室です。


繰り返し使える無農薬・エコ菜園プランター講座(夏)
エコ菜園プランターは、自宅の生ごみをミミズコンポストによって完熟堆肥にさせ、くり返し育てることができる循環栽培です。無農薬栽培がご家庭で簡単にできます。
■エコ菜園プランターの作り方(①ニガウリ・インゲン、②トマト・バジル・エダマメ)
■コンパニオンプランツで混植
■家庭の生ゴミをコンポストミミズで循環させる方法


Azumino自給農スクール
育苗コース、田畑コース、畑コース、田んぼコースを選べます。

「無農薬・ずくなし家庭菜園講座」
カルチャーセンターをはじめ3つの講座。
メルパルクカルチャー、城山教室(長野市)は、5月7日(月)、
NHKカルチャーは、5月9日(水)です。

*********************************
無料メルマガ
信州自給自足Life通信はこちら

クリック応援も宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ今何位?にほんブログ村



コメント

簡単ストチュウ水(野菜の健康ドリンク)

2012-04-18 13:00:03 | 自然栽培講座(技術編)
本日、

レタスやキャベツをはじめ、春野菜の苗が揃ってきました。

特に結球する野菜、キャベツ、レタス、ハクサイには新鮮な雨水が手に入れば一番なのですが
手に入らないときには、


(右から)酢、焼酎、木酢液を、ブレンドしたストチュウを作っておき


10Lの水に、300~500倍になるように薄めて3~5日おき水やりに使います

ストチュウというと、酢と糖、焼酎、そしてニンニク、トウガラシを混ぜて農薬の代わりに、
自然農薬として虫退治のために使用するイメージが強いですが、

実際、アブラムシなどが来てからかけてもそれほど威力はなく、効果のほどはわかりません。
病虫害になってから農薬をを使っても効かないと聞きますので、ストチュウが効かないのもうなずけます。

うちでは、ストチュウは農薬の代わりではなく、
苗や野菜に雨水の代用品として、健康ドリンクのように、若い元気なうちに活用したり、
夏の雨のない時期に、夕立の代わりに葉面散布して葉を洗うのに使っています。

使うお酢や焼酎、もなるべく自然醸造したものの方がいいような感じはするので、
木酢液はタールの含まない上物がいいと思います。

雨水には、水道水に入っていないなにかがあるので、雨の降った後の植物の表情がちがいます。
カルキ(塩素)の入った水は、1日くみ置きし、カルキを抜いてからストチュウ水を使うと更にいいと思います。

ハウスという特殊な環境なので、雨水を貯めておき、ない時は単なる水だけでなくたまには贅沢にストチュウ水が便利だと思います。




4~5月はNHKカルチャーで通常の月一の菜園教室以外に、
今回出版させていただいた、拙著『コンパニオンプランツで 失敗しらずのコンテナ菜園』(家の光)の出版を記念して、

エコ菜園プランター講座を2つ行います。
いずれも複数の野菜の組み合わせを学び、実際にそのうち1つの組合わせを作って持ち帰り育てるものです。

繰り返し使える無農薬・エコ菜園プランター講座(夏)
エコ菜園プランターは、自宅の生ごみをミミズコンポストによって完熟堆肥にさせ、くり返し育てることができる循環栽培です。無農薬栽培がご家庭で簡単にできます。
■エコ菜園プランターの作り方(①ニガウリ・インゲン、②トマト・バジル・エダマメ)
■コンパニオンプランツで混植
■家庭の生ゴミをコンポストミミズで循環させる方法

また、日本蜜蜂の巣箱を作って、実際に日本蜜蜂を飼うための初等講座も行います。

はじめよう日本みつばち自然養蜂 重箱式の巣箱を作る
在来の日本みつばちの自然養蜂の基礎から、取り込み方まで学びます。組み立てるだけの簡単な伝統的な重箱式の巣箱を作ります。今年の春から養蜂に挑戦できます。
■日本みつばち自然養蜂とは?
■重箱式の巣箱を作る
■質疑応答

Azumino自給農スクール
育苗コース、田畑コース、畑コース、田んぼコースを選べます。

「無農薬・ずくなし家庭菜園講座」
カルチャーセンターでの2つの講座。

*********************************
無料メルマガ
信州自給自足Life通信はこちら

クリック応援も宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ今何位?にほんブログ村
コメント

ケース育苗(ナスの発芽)

2012-04-07 07:32:55 | 自然栽培講座(技術編)
本日、の予報。

昨日は、NHKカルチャーで久々のエコ菜園プランターでした。
拙著『コンパニオンプランツで 失敗しらずのコンテナ菜園』(家の光協会)の出版を記念して、

今回は、①ジャガイモ・エダマメの組み合わせと、②コマツナ・カブ・シュンギクの2本立てのスペシャル講座でした。

次回は、夏野菜で、①ニガウリ・インゲン、②トマト・バジル・エダマメです。
詳しくは、http://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_748991.htmlから


現在、家庭でも簡単に育てる育苗の仕方を研究中です。


2種類の温度計は、とても便利で育苗には必須です。


発芽温度が30~35℃と高温が必要なナスとピーマンも無事発芽してきました。


家庭菜園では、たくさんの苗は必要ありません。
無農薬で自家採種した野菜の場合、自分で苗を育てなければなりません。

写真のように、難しいとされるナスも手軽に育てられるような育苗の仕方ができてきました。

これからは、種も苗も自家製の家庭菜園になれば素敵だなーと思います。



4~5月はNHKカルチャーで通常の月一の菜園教室以外に、
今回出版させていただいた、拙著『コンパニオンプランツで 失敗しらずのコンテナ菜園』(家の光)の出版を記念して、

エコ菜園プランター講座を2つ行います。
いずれも複数の野菜の組み合わせを学び、実際にそのうち1つの組合わせを作って持ち帰り育てるものです。

繰り返し使える無農薬・エコ菜園プランター講座(夏)
エコ菜園プランターは、自宅の生ごみをミミズコンポストによって完熟堆肥にさせ、くり返し育てることができる循環栽培です。無農薬栽培がご家庭で簡単にできます。
■エコ菜園プランターの作り方(①ニガウリ・インゲン、②トマト・バジル・エダマメ)
■コンパニオンプランツで混植
■家庭の生ゴミをコンポストミミズで循環させる方法

また、日本蜜蜂の巣箱を作って、実際に日本蜜蜂を飼うための初等講座も行います。

はじめよう日本みつばち自然養蜂 重箱式の巣箱を作る
在来の日本みつばちの自然養蜂の基礎から、取り込み方まで学びます。組み立てるだけの簡単な伝統的な重箱式の巣箱を作ります。今年の春から養蜂に挑戦できます。
■日本みつばち自然養蜂とは?
■重箱式の巣箱を作る
■質疑応答

Azumino自給農スクール
育苗コース、田畑コース、畑コース、田んぼコースを選べます。

土から学ぶ~永続可能な自然菜園講座2012春夏秋冬~タネまきからタネとりまで
穂高養生園で、土に触れ、四季を感じながら養生しませんか?

「無農薬・ずくなし家庭菜園講座」
カルチャーセンターでの2つの講座。

*********************************
無料メルマガ
信州自給自足Life通信はこちら

クリック応援も宜しくお願いいたします。
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 自給自足生活へ今何位?にほんブログ村
コメント (8)