タオのプーのつぶやき♪

こころのロウソクが消えない限り・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

愛・うぃる・びー・バック♪♪

2005-03-26 02:34:05 | 森の出来事
最後にブログを更新した1月からこの3ヶ月間、
色々なことがあり、ブログを休んでいました。
その間も、このブログを訪れてくださった方に
心からお礼を申し上げます。

 『ありがとう、ございます。』

このブログを通じて、素敵な人に出会えました。
そして、その出会いは僕にとって、勇気となり
連日の残業の日々にも耐えてきました。

ここでは、僕はタオのプーと名乗り、日々感じた
事、考えたことを書き綴っていこうと思っていた
のですが、段々と本当のことが言えなくなり、
逆にここで話すことが、果たして本当の「僕」なのか
疑問に思えてきたのです。

ここでは、まるでタオイストのごとく振舞っているのに、
それはきっと、僕の頭の中で作り出した「理想の自分」で、
本当の生きている僕は、まるで着ぐるみを着ている
ようなもので、周りの人たちに合わせて、本当は
着ぐるみの中で汗だくで、息苦しくて、早く暑くて重い
この着ぐるみを脱ぎ捨てたいと毎日思い続けているのです。

そんな、タオのプーという着ぐるみがいつまでも
ブログを続けていていいのか・・・。

そして、もうひとつ。
ブログという世界に自ら生まれてきたものの、
この世界で生きていることを伝えるためには、
何かを書くということをしなくてはいけない。

何も書かないでいるということは、ここでは
眠っている、もしくは死んでしまった、のと同じ。
でも、本当の僕はここにいて、毎日あくせくと生きている。
そんな、当たり前のことにふと気付き、何かこのブログの
世界で生き続けていくことを簡単に考えていた自分に
嫌悪感を抱いたのです。

そして、実際の世界で耳を塞いでばかりいたら、
ココロまで塞がってしまい、素敵なことに出会えず、
見つけられず、感じなくなり、今まであんなに
あふれ出てきた言葉がほんの少しも出てこなくなって
しまったのです。
まるで、ほうきで飛べなくなってしまった、
『魔女のキキ』のように・・・。

でも、きっと大丈夫。
今は、言葉が出てこなくても、ココロのロウソクは
決して消えないから。
いままでも何度も、「こんな思いをするぐらいなら
ココロのロウソクなんて、消えてしまえばいいのに。」
と思ってみたものの、消えることはなかったので。

 人は笑おうと、天は笑いはしない。

きっと他人ではなく、今の僕は僕自身が笑っているのだろう。

時々、のちでしょう♪

コメント (10)   トラックバック (1)

はじまりの日。

2005-01-11 22:05:42 | 森の出来事
 ひみつのノートを見つけました。

これは、僕に起きたシンクロニシティを書きとめておこうと
2年前に書き始めたノート。
でも、その当時あまりにも毎日のように、何かしら起きて
書ききれなくなってやめてしまったノート、です。

 そう、そこに『我が家のはじまりの日。』を見つけました。
2003年2月9日(日)が、僕が勝手に認定した
 『我が家のはじまりの日♪』

その日のシンクロのひとつ。

 朝、奥さんとポリスの「みつめていたい」という曲が昔から
好きで、携帯の着うたにダウンロードしたんだ、と言って
その曲♪を鳴らした。

 お昼ごろ、いつも行っているサイダ理容店へ髪を切りに行った。
そのお店はいつもラジオでNHKを流している。
ひげを剃ってもらっている時に、NHKのラジオ番組でアナウンサーが
「今日は、1980年代の曲をお聞きください。」と言った。
そして、流れてきたのは、なんと
 ポリスの「みつめていたい」・・・だった。
 僕は、床屋にいることも忘れ、思わず泣きだしそうになった。

 そして、かなり興奮状態で家に帰り、なぜかそのまま洗面所へ向かった。

そして、そこに(洗面所の出窓のところ)あったのは・・・、
 「POLICE」と車体に書いてある、パトカーのミニカーでした。

改めて文章にしてしまうと、なぁんだって感じだし、
こんなのただのこじつけだって、思う人もいるでしょうが、
こういうことが何度も起きて、だんだんそのうち、起きる前に
「次にこういう事が起きるんじゃないかな?」って
第6感(シックスセンス)が働くようになると、
ただの「こじつけ」だよ、って思えなくなるのです。

 『本当は、偶然に起こることは1つもなく、
  すべて必然だが、
  ではなぜ、偶然に思えることが必要なのか。
  それは、
  魂が震えるほどの感動をするためだ。
  そして、それに気付いたら・・・。』

ひみつのノートにこんな言葉が書いてありました。
きっと本屋で立ち読みした本に書いてあったものを、
書いたものです。

いつも、ココロを空っぽにして、たくさんのつながり
これからも見つけていこう♪と思います。
コメント (2)

スリー・キッズ イズ マイ・ハッピー♪

2005-01-11 01:57:04 | 森の出来事
我が家には3人の子どもがいます。
長女(つい最近5歳になりました)瞳”ひとみ”、
長男(4歳)輝”ひかる”、次男(1歳7ヶ月)太陽”たいよう”です。

3人とも結局僕が考えた名前を付けさせてもらいました。

瞳は、お腹にいるときの写真(エコー)を先生が見て、
「この子は、眼が大きいね。」と言われた(実際産まれてきて
大きな瞳でした。)のと、僕の『シンクロ』のきっかけの1つでもある
篠原佳年さんの著書『生死同源』の中に、
「チベットでは瞳には、魂が宿っていると言う・・・。」という話があり、
たましい信奉家である僕は、「これだ♪」と思いました。
それ以外には、歌手のhitomiが好きだったというのもあるのですが、
これはカミさんにはあまり言ってません・・・。

輝は、ヒトミと共通した名前にしたいなと思っていて、
まず3文字で、最初に「ひ」がつく名前にしようと。
色々と直前まで揉めましたが、ある日ピッピと、まるで空から降ってきた
かのように頭に浮かんだのが、『光がきらきら輝く』というイメージでした。
そこで、輝にしました。
「ひ・か・る」の3文字で、最初が「ひ」にぴったりなので。
ちなみに、この名前も、僕が宇多田ヒカル(の詩の世界)が好き、
だからというのはあまり口外していません・・・。

3人目の太陽は、かなり難航しました。
上の2人が、3文字で最初が「ひ」の付く名前に揃えたので、
やはりそうしようと名前辞典を新たに購入し、あれやこれやと考えたけど
納得のいく名前がなく、いよいよ今まで2人とも、付けようと思ったが
最後にはやめた名前を付けるときが来た、と思いました。
その名は、『道』と書いて「タオ」と読む。 ウーン・・・。
でも、結局やめました。
名前にするには、重過ぎるかな?と。
そこで、3文字で「ひ」で始まる名前をあきらめ、方向転換。
そして、太陽になりました。

3人目の「さん」と息子の「son]と、僕自身の運命数字である「3」と
僕のヒーローのV3から、「さん→sun→太陽」となり、ついでに
「大好きな窪塚洋介主演の映画「ピンポン」の原作者が
松本大洋(まつもと・たいよう)さんなのと、
3人の子の名前をつなげると「太陽で、瞳が輝く。」となるし、
これまた大好きな槙原敬之のアルバムの『太陽』の中の「太陽」という曲は、
「タオ」につながる詩だし・・・、という(?)訳で太陽になったのでした。

そんな、3人は今日も元気いっぱいです♪
コメント (2)

♪♪ドム、ドム、ドム、ドム、リックドム。

2004-12-12 22:29:48 | 楽描きの部屋

先程、完成したリックドム・ツ~(Ⅱ)。
今回は、気合を入れて
WACOMタブレットとペンで描いてみました。
でも、ペイント使ったので、
色があまり気に入らない・・・。

ちなみに、『栗八人』とは、
僕がこのブログの楽描き部屋に描くときの
落書き用の名前に考えました。

「クリエイター」と、読みます。
コメント

ドム、なヒト♪。

2004-12-12 22:28:07 | 森の出来事
昨日、秦野のジャスコに買い物に行った時に、
たまたまつけたFMヨコハマで、
「最近若い女性が、ジーンズの上に、
スカートを穿いてることについてどう思うか。」
という話題をやっていた。

ある男性リスナーは、
「もっと薄い素材であれば別だけど、
ジーンズは暑苦しくていただけない・・・。」
と、語っていた。

そして、ある家族では、
ジーンズの上にスカート、というスタイルの人のことを

ドムな、人♪』と、言うのだそうだ。
ウーン、なるほどぴったり、である。
コメント