「ぽみえ」の樹・・・・・毎日の中にスピリチュアル

いつでも自分らしく・・・
なんとなく感じるままに・・・
気づけたら・・・
表現できたら・・・

Healing Head Room ぽみえ

∞美容室なのに・・・スピリチュアルセッションの希望にも応える完全予約制でマンツーマンでの完全技術∞ しっかりお話を聞き、丁寧な美容技術を提供させていただきます∞ 10:00~15:00(当日予約・時間外OK)不定休・・・ ★カット★カラー★パーマ★エステ★セット★着付けets.   ★ コンタクトをおとりになりたい方がおられましたら左サイドバーのメッセージよりどうぞ ★ スピリチュアルな会話もセッションもオーケーです ★

エサンシエル

★ 小さなお茶会的サークル ★ ピュアsoulヒーリング&トークヒーリング ★ 人生は哲学する・・・悟リング ★ 直感と繋がる体感型ワークショップ ★  ★ 魂のパフォーマー・・・クライアントの魂とシンクロします ★  ★ 自分と・・・悩みと・・・向き合えるようにセッションを行います ★  体のバランス整えます ★ セッション受付いたします★ ご興味がある方はエサンシエルHPに活動日程など掲載しています ★ 左サイドバーのメッセージからでもどうぞ ★ セッション2000円/  ★ 宗教・団体には所属していません ★

ハロウィン

2015-10-30 | 日々気づき
    大人やけどおやつもらった~~~~




なんて・・・・世間ではお祭りですね




明日本番では、警備も凄くなるんだって




バレンタインより、クリスマスより凄い経済効果らしいですね




お金が動くのは良い事なんだろうだけど




そして世の中の人が楽しい気分になるのはいいことだけど・・・・・




仮装しななくても自己表現出来ないのか・・・・なんてことも思ってしまう




それと・・・・・・重要なのはお祭りの意味だよね




本来はケルト人の文化というか宗教




一年の終わりが10月31日だという事から、この日は夏の終わりで、冬の始まり・・・・




秋の収穫祭とも




この夜には死者の霊が家族を訪ねてくると言われ、時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていた。これに因み、31日の夜、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立てて魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート」 「お菓子をくれないと悪戯するよ」と唱えた。家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりするんだって




「ハロウィン」の語源は、カトリック教会で11月1日に祝われる「諸聖人の日」(古くは「万聖節」とも)の前晩にあたることから、諸聖人の日の英語での旧称"All Hallows"のeve(前夜)、"Hallows eve"が訛って、"Halloween"と呼ばれるようになったとされているんだって




日本でも11月は神無月と言われてて、一般にはこの月だけ神様はいないと言われてるけど、その神たちが出雲に集まり、出雲だけは神在月って言うのはもう誰もが知ってるよね  

1日は神の日だし・・・・・




それの前夜祭に・・・・・・仮装して・・・・・・悪霊が街に繰り出してたりして・・・・・(笑)



何とも、知らぬが仏か・・・・・




本来の意味も知る時だよって、メッセージでもあるかも




騒ぐから・・・きっかけにもう少し意味を知ろうかなってノリにもなるかな




私ももう少し調べてみようっと










コメント (2)

トイプードル!

2015-10-26 | スマホより
  架け渡し・・・・



お知り合いのお家にトイプードルが3匹産まれ、もらいたいという人との架け橋役です










レッドのお母さんと、ブラックのお父さんの間に産まれた赤ちゃん・・・・3匹ともブラックです



また色は変わる可能性あるそうやけど、黒ちゃんも可愛い




元気めちゃ可愛い~~~




人間の赤ちゃんも大好きやけど、ワンちゃんもいっしょ赤ちゃんはホント理由なく可愛い




でも生き物って、可愛いだけでは飼えんからね




命やからね~~~




子供みたいに段々大きくなって、勝手にご飯食べときや~~~って、出て行かれないもんね




簡単にはいかんわ





飼ったら夢中になるのもわかるから余計に





私は人間の方がいいかも





独り言よりコミュニケーションの掛け合いの方が好きやから





それでも一時癒されたわ~~~~




良いご縁になるといいけど









コメント

絵の教室!

2015-10-23 | 芸術
     人物画です~~~



月に3回の絵の教室で、1回だけモデルさんが来てくれて、みんなで好き好きに描きます




3ポーズぐらい描きます




でも人物の顔って苦手です




結構長い事やってるけど、中々上手くなりません




絵の教室のおまけって感じ











たまにヌードも描きます




モデルさんって、照れることもなく堂々と脱ぐし、真顔やし・・・・




今になって、私らも慣れたけど




ヌードの時なんかにめちゃ細身の人が来たりするけど・・・・・こうやって絵に描く時って、ボリュームある人の方が魅力的に見えるし、描きやすいんよね




たまに私なんか描いてみる?って思ったり・・・・・・嘘やけど(笑)




見せられたもんちゃうし・・・ははっ




まあ頑張るべし










コメント

千日回峰行!

2015-10-22 | スピ的な・・・
  私的な考えとしては・・・・・と偉そうに言ってみますが


究極の小我・・・でしょうか



でもその前に、凄い行を行われたことに関しては、本当に尊敬の意を表したいと思います



普通の人間には絶対出来ない事




まあしようとも思わない事




以前に完了された方も話されてたけど・・・自分自身が高僧であるという確信を得たいが故にすることです


自身のためであると











先に言った私的にという事だけど




お釈迦様は、本来大乗仏教をこの世に伝えたかったんだと・・・・




皆が平等に幸せになり、この世を全うする中で悟りなさいと・・・・




そのために、心を明らかにし、自由になりなさい・・・・




それを世に広く伝えるためにリーダーを育てようとして、数人の僧にこの悟りを伝授していった・・・・



そのうちその僧たちは自分自身が修行することに目覚め、自分自身が悟りを開くことだけに努力しすぎてしまって、普通の人達との間にお釈迦様の本来の意識と違う格差が広まってしまった・・・・




これが小乗仏教の始まり・・・・





普通の人達は、僧侶に依存し、成仏するためにはお坊さんにすがるしかないというすり込みが無意識に働くようになり、自分で悟りを開くのは、凄い苦行をしないと駄目だという認識にまでなってしまった



こんな事までして、悟りを開きなさいとはお釈迦様は言っていない




普段の生き方、意識の持ち方次第で悟りって開けると私は考えてる





この世の見える世界(顕在意識の世界)がそれを私達に教えてくれてるんだと思う




ほんと言葉に書くって難しいね





本来はもっと簡単な事





難しくしたのはこんな大変な行を成し遂げてしまったお坊さんにも責任があるんよね・・・・・きっと



もうそろそろ、偉い人が凄いとか、頭いい人が偉いとか、お金持ちが凄いとか、先生と呼ばれる人が偉いなんていう神話が崩れてきている今の世の中・・・・・




個人の意識のレベルに光が当たりそうな世の中になりつつあるよね




それが精進で、悟りに繋がる・・・・




この前、普通のおじいさん(79歳)がテレビで言ってた・・・・・




趣味多才で、変わってると言われる自分、でも好きな事をし、人と違う事をし、日々精進したら、それが成長だと




まだ成長なんだと驚いたけど・・・・・




良い生き方だなと共感した




これも一つの悟りなんだよね




与えられた命、自分の人生を楽しみ、納得する




多分、今回の千日回峰を成し遂げた(まだ途中やけど)僧侶も自分自身の人生で言うと、誰のものでもないこの方の人生の因果で、それの因果をある意味納得できる出来事なのよね




何を真似るかというと、、、、




この方が行った行の間、自分の内側を見つめていたという事だと思う




自分の外側の世界を絶ち、内側だけに意識を向ける・・・・




その内側に何を求めたらいいか迷うので、この宗派である天台宗の不動明王だけに意識を向けるためにその真言のみを唱えまくる




多分私たちやったら「ありがとう」でもいいかもね




そう言えば、昔、プロレスラーの須藤元気さんも「ありがとう」を何万回も唱えながら自転車の旅して、悟ったって言ってたよね




それでいいんじゃないかな




私もたまにお釈迦様とかキリストさんとか宇宙意識とかのメッセージを受け取る・・・・・




そこへ向いて精進あるのみだね




感謝です










コメント

大仏さんのみずかき!

2015-10-20 | スピ的な・・・
  光ヒーリングとワークで・・・・



ある人がくも膜下出血で、脳内出血をおこし、意識は取り戻し、肉体的にはほぼ順調に回復してるんだけど・・・・



記憶障害と物の認識障害が少し後遺症として残っている




覚えてることは、バラバラで、日常生活の中でも出来る事と出来ない事の基準は、また線引きは一体どこだろうというほど・・・・・って感じる



よほど病気になる前に自分が線引きしていたかのように、無意識にできることは難なくできるし、苦手だったか、それに伴う感情を拒否していた事を忘れようとしているようにもみえてくる




行動も言葉も感情と共に無意識に現れてるような




今は自己中心的な感情だけがあらわに出てきているけど、それも今まで封印してきたものだとすると、出るものは出した方がいいんだよね




それでもそもそもこの彼女も自己啓発的なスピリチュアル的なお勉強を私らとしてて、今回もその大変な手術をされた後、沢山の記憶を忘れてしまったのに・・・・・自分がこういうお勉強をしていた事は忘れていなかったんですよね




まあ今回の病気の原因もそのスピリチュアル的見方からすると理由はわかるんだけど・・・・




物の見方・捉え方がずれて、どんどんずれてしまうといつしか自分を苦しめることになるからね




でもほんと今回、普段の家事やどんな他の事よりももう一度このワークに参加して自分を磨きたいという凄い真剣な姿勢が私らにも感動を与えるほどなんです



参加復帰してすぐには、自分が病気になった事も、事の成り行きも、何もわからず、少しずつやって行こうと話してもすぐに忘れるし、会話しててもかみ合わなくなるし、自分勝手な彼女の脳とどうやって付き合うのか、どうすれば言葉や気持ちが伝わるんやろうって、それとどうやったら彼女の気持ちに応えてあげれるんやろうって、私自身も接し方に凄く悩みました




それでも彼女は、参加したいし、勉強したいし、みんなと一緒にいたいし・・・・




ただそれだけなんですよね




そこには、何物の理由もない・・・・・




月二回のワークにはご主人に送ってきてもらい、5時間ぐらい時間を共にするんだけど、良くなればいいよねと思いながらも、その言葉も無責任な事で、これはこの彼女にとっても結構大変な試練やし、課題やし、自分自身に向き合うって、ほんと大変な事なんだと感じてた




でも今回のワーク中に、ほんと彼女の真剣な「心を洗いたい」って、純真な気持ちがホッと、神様に通じた不思議な出来事が起こったんです



それと同時に窓の外のビルには今まで見たこともない凄い濃いゴールドの光が眩しく当たっていて、周りのみんなも同時に凄いエネルギーに包まれてたみたいです




そのただ真っ直ぐな無意識な「心を洗いたい」って気持ちに光がさした一時・・・・何分ぐらいだったか




きっと、真っ直ぐに無意識に思った分だけ、それは適切な分だけ、神様は応えてくれるんだなと一緒にいた人達にも通じました




彼女が今後どんな快復をみせるかなんていうのは、関係なく、純真な気持ちに寄り添う事ができればいいのかなと、みんなも思ったと思います・・・・・ほんと良い時間だったと



その時に私が感じた神様の波動は、大宇宙根源神だったんだけど



ふと、帰って大仏さんの手を思いだした




大仏さんの手の水かき・・・・・まんもうそうと呼ばれ、如来さまの手にはみなあって、慈悲の心の表れだそうで、水一滴も漏らさないように、人々を救い上げるという事を表現しているそうですよね




ホントに・・・行いとか以上に、そんな事よりも純真な心って通じるんだ・・・・そうするとホントに神様は誰一人見逃さなく見ててくれてるんだと感謝が湧いてきた



この世は自分の意識次第で何とでもなる・・・・こんな感じ




ヒーリングしている時には無意識の次元に繋がってる私も、、ふと現実に戻った時には、真理って奥深いなって、しみじみ感心する毎度のワーク




それでもいつもどんな波動と遭遇するかと思うと、楽しくてしょうがない




毎回楽しみ









コメント