「ぽみえ」の樹・・・・・毎日の中にスピリチュアル

いつでも自分らしく・・・
感じるままに・・・
気づく・・・
表現する・・・
そして楽しむ・・・・・

あれから25年なんですね

2020-01-17 | 日々気づき
  昨日まで人間の心理で「因果応報」という事で記事を書いていて、その続きも書いていたんですが、そこにこの25年という記事を挿入します

25年経った大震災、それまであまり神戸方面にいった事がない私は、その時から10年ぐらい経って神戸の東灘区に通う様になって、

神戸駅や三宮や異人館通りにも何度も行くようになって

震災時の街並みはテレビでしか知らないで、綺麗に復活している街並みしか知りません

そう思うとどれ程も心寄せるという事は出来ていなかったと思いますが

人間の力、心の強さはしっかり見せてもらい、きっと自分の底に伝わっていると思ってます

25年と言えば、私達にとったら単に長い年月だったり、自分の子供を見ているとあっという間の年月だったりするので、簡単に言葉には出来ませんが

被災者の方達にとっても消していく時間と、消えていく時間も様々で、その中で創っていく時間も同時で

今これだけ月日が経ってお悔やみの言葉でもないし、ただただ生きてくれていて有難う、街も心も復興に尽力してくれて有難うっていう思いです

人類にとっても産業や化学にとっても教訓で発展で、感謝だけです

ちょうどそんなタイミングにここのところの記事が「因果応報」って事で

辛い、苦しい、恐怖、不安という感情をまだまだ深く抱いている人に対しては心無いマイナスのイメージを与えてしまう言葉かもしれませんが

この阪神大震災の後には東北や九州や色んなところで大きな災害が起こっていますし、その時にいつも思う事があります

テレビでの報道でいろんな場面を見てしまい、脳に色んな情報が無意識の間にも入って来ます

未曽有の、大きな出来事で、広範囲な場所や人達に同時に一斉に起こった事なので、社会にも影響ある事だけに沢山の人の心にも影響を与える出来事でした

悲しむ人、辛い人、弱っている人をみていて、もちろん同じように共鳴もしますが、それ以上にそういった思いを受け入れて前向きに進んでいる人の強さとか勇気とかに感動させてもらっています

敬意を感じています

その大きな災害でも個人を考えれば思いや意識、感じる事、学び気づき、抱えて生きていく課題も様々です

自分の周囲で重い病気になってどんどん落ち込んでいる人か、受け入れて前向きに生きている人を見ているのと同じ気持ちです

個人の因果応報も在るだろうし、国や社会や政治の因果応報もあるでしょう

因果応報自体が悪い事だけだと思う事はないです

追悼行事があるとつい同じように悲しみ哀れに思ってしまう人もいるかもしれませんが、あの時の体験を力にもっと幸せに強く変わっている人もいると信じています

戦争もそうだったし、災害もそうだけど、「犠牲」だったかも知れないけど、「犠牲者」という言葉で哀れみの気持ちで弔うのは亡くなった人や失った人に対しては失礼なのかもしれないと思います

犠牲と引き換えの人生って思ってあげるのはどうなんでしょう

少なくても私はそう思ってあげたくない

家族や社会や多くの人に何かを与えてくれた

その何かが分からないなら気づいてあげるのが残された人にとっての課題かもしれない

そう思うと全て「愛」しかないし、感謝しかない

先ほども消す時間、消えていく時間なんて言いましたが

忘れる事なんてないと思うし、言い伝える事も必要だけど、進む事と成長する事の方がもっと素晴らしい事かなとも思います

言い伝えていく間に気づく場合もあります、それも成長です

伝える事、教える事は一番の学びと気づきですから

東北大震災の原発の事もそうだけど、何かが起こる事は大変だけど、進むし、成長する時には必要なのかな

今の政治は中々原発問題を進める体制にはなりませんが"(-""-)"

人類の意識が変わると地球の意識も変わって、因果応報も変わるんでしょうが

今年の自然界も静かにしていてくれるんでしょうか

ちっぽけな私に何が出来るんやろう

今のところ震災の教訓は、いろんなカタチ有るもの、無いものの断捨離と

地域の防災活動に参加して知識を持っておこうとする事だけです

その気持ちを持てるようになった事だけでも感謝なことです

有難うございました m(__)m



コメント   この記事についてブログを書く
« 因果応報と言っていた時代も... | トップ | 「因果応報」の続きですが »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿