All about … my things!

君はどこにいて 誰とどこにいて どんな服を着て 何して笑ってるんだろ

本日のフレーズ # 1144 You still need to take it easy.

2017年10月01日 08時31分20秒 | 英語関係
本日のフレーズ # 1144
#Dlife アンバサダー がお送りしております

ドラマ『ER』より ← けっこう何度も観ているはずなのですが 何度見てもハラハラドキドキ とっても面白いドラマで 英語も 使えるフレーズ満載です ぜひ! ただし… 血を見ると 倒れちゃう… という人には無理かな… そこまでスプラッターではないのですけどね
で こちら
もうすぐ生まれそうな エリザベスに 旦那の マークが言う台詞
You still need to take it easy. 「(まだ それでも ) 気をつけないとダメだよ」
今 流行りの need to も take it easy も出てくる 素敵な表現です
少し前にもお伝えしましたが
現在 『~しなければ いけない』は ほとんど need to で言います
must だと むしろ『~にちがいない』の可能性の助動詞 に使うことの方が多く (イギリスは別)
should だと 『~しないといけない』『~すべきだ』というよりは 『私は そうした方がいいと思うけど どうかな?』的な 単なる suggestion (提案) っぽくなりますしhave to だと 『嫌なんだけど~ やらなきゃダメ~?』な感じになります
これ 覚書おいて下さい
あ!もうひとつ 日本人がよく間違える
「~した方がいい」の had better ですが
これは 一番最初に訳をした人がいなければもう少し 考えて訳してくれてたらね~ です
確かに 「~した方がいいよ」で 《間違ってはいません》!!!でも!
よく見てね had これ 過去形ですよね つまり 現実から少し 離れてますよね
意味はだから 「~した方がいいよ 『さもないと!』」ひどいことが起こるかも~ という 《仮定の話》なのですよねぇ これがまさに 《仮定法》なのです!

はい 仮定法は 主にこの 「~した方がいいよ」か『後悔の表現』「~すれば良かった(実際にはやってない)」と「やらなきゃ良かった…(実際には やっちゃった)」で 日常会話では使われます
その辺だけ覚えれば 大丈夫なんですよ~♪( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆

最新の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。