狸のねぐら

そのまんま狸(本名:狸☆兎=Restart=)の寝言・戯言・独り言

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Last Camera レンズケース

2012-11-14 01:08:29 | Last Camera
茶色の厚紙でも何なので…

この前、試作したレンズケース、茶色の厚紙でもいいんだけれど…
あまりにもそっけないので、色つきのヤツを作ってみた。

自分のだ~という印に、フォト蔵で使っているプロフ写真をつけて^^




なんか、ペラペラな感じ。


とりあえずピッタリおさまった。


【Last Camera Lens】の銘板も入れて…

見た目は良いんだけど…紙が薄いなぁ(/_;)
ペーパークラフト用0.21mm厚の紙だと、ちょっと頼りない感じ。

どうしよう…?
さらなる改良に踏み切るか…これで良しとするか…
コメント

Last Camera 巻き戻しボタンカバー試験撮影結果

2012-11-12 01:00:55 | Last Camera
とりあえずOKな感じ

《巻き戻しボタンカバー》の効果を確かめるために36枚撮りのフィルムを装填したのが先週の木曜…まだ4日なのに撮り終えてしまった。
いかん、たばこ代を超える勢いだ~(/_;)

撮り終えてしまえば現像したいのが人情ってもんで、さっそく写真屋さんへ…

あがってきたネガ&CDを見てとりあえず安心。。。
36枚、きっちりと最後まで巻き取ってました~。


サクッと差し込んであるだけのカバー、途中ではずれやしないか心配だったので、三脚のクイックシューを取り付けた状態で撮影しました。ちょっと重くなっただけで、なんとなくイイ感じ~

《ザクの手》(多重露光装置)が災いしてバルブ状態のままになっていたやつや、バッグから取り出すときにシャッター押しちゃったやつがなければ、おおむね普通に撮れてました。

が、不具合発見!


身に覚えのない《光漏れ》が発生してるのです。
今回の撮影、光漏れ窓は一切いじらなかったのに…

あぁ…試行錯誤は続くぅw…
コメント

Last Camera レンズケース試作

2012-11-10 00:55:30 | Last Camera
使ってない方のレンズ…どうしてます?

フィルム入れてある状態だとレンズ交換できないから、持ち歩くこともないんだけれど…
使ってない方のレンズ(裸で放置)が…寂しそう
まぁ、使ってない方の裏ブタもそうなんですけどね^^ こっちは無視

で、レンズケースを作ってあげよーかなーと思い、久々のペーパークラフト!

幸いにも、これを思い立ったときには22mmの方をカメラに付けていた。
45mmレンズに合わせて作れば、22mmにもピッタリなハズ。
ということで、とりあえず試作ってみよう(^O^)/


切るだけ切ったら、折り目はぜんぶ山折り。


木工用ボンドをヌリヌリして、パタパタと組み上げ。


こんな感じで収納。
よし、コレで行こう!
コメント

Last Camera 試験撮影

2012-11-09 01:42:52 | Last Camera
巻き戻しボタンカバーの効果は如何に?

作成した《巻き戻しボタンカバー》の効果を確かめるべく、早速フィルムを装填してみた。
これまで、24枚、27枚撮りのフィルムで撮ってきたので、試験ついでに、36枚撮りを入れてみた。
長いフィルムを無事に巻き上げられれば、より短いフィルムは問題ないはず。。。

さて、どうなる事やら…
ワクワク…ドキドキ…
でも、財布の冷え込みが厳しいので、今回はちょっと時間をかけて撮ろうかな…
コメント

Last Camera 改造~その3~

2012-11-08 01:58:36 | Last Camera
巻き戻しボタンカバー作ってみた

完成以来、ちまちまと改造を重ね…
その効果のほどを確かめるべく、どうでもいいような、とりあえず実験的なシャッターを切りまくり…
現像に出したフィルム数はすでに4本!
あぁ…早くも金欠の症状が出始めている。。。
ちょっとクールダウンしないと、可愛さ余って憎さ百倍的な『泥沼愛憎劇』にもつれていきそうだ。

2週間強で100枚超というデジカメなみの撮影を振り返って思うのは…
「Last Cameraはフィルムの巻き上げがあまり上手ではないらしい。」ということ。
どうしてもカブってしまう。。。
巻き上げリールのツメにひっかけるフィルムの穴を1番目にしたり2番目にしたり…
優しく優しく『巻かれてね!巻かれてね!』と囁きかけながら巻き上げノブを回したり…
『すべったな!』と感じたら掌でレンズ隠して空シャッター切ってもう一度巻いたり…
いろいろ試してはみたけれど、やっぱりカブってしまう。。。
なんか、子育てみたいだ(/_;)

だから、あきらめない。

で、カメラのせいにばかりしないで、僕がどうだったか?を考えてみた。
けっこう無造作に扱ってるんですよねぇ~
バッグに入れるときはまだしも、取り出すときなんか『ガシッ』とつかんじゃったり…
その時に《巻き戻しボタン》に触れている可能性はかなり高い。。。
《巻き戻しボタン》は、撮り終えたフィルムをパトローネ内に巻き戻すときに押すボタンです。
コレを押すことによってスプロケットのロックが解除になり巻き戻す事ができるわけです。
取り説には『巻き戻しボタンをボールペンの先などで押してください。』とあります。
こういう表記がある以上は「押そうと思ったらボールペンなどを用意して、細心の注意をはらってその先端をボタンに合わせて押さないと機能しない」はずですが、ちょっと触っただけで反応します。かなり敏感です。
ボールペンの先なんか要りません。足の親指でだって確実に押せます!

フィルムを装填したら、撮り終わるまで、決して触れてはいけない、禁断のリーサルボタン!

よし、カバーつけよ~(^O^)/


またもやガンプラランナーの活躍。
ボタンの高さを削ろうかと思ったけれど、ホットシューの接点金具を作った薄いステン板があったので、それを利用。


撮影終了時にはこれを外さないとボタンに触れることができない。

果たして、効果はあるのだろうか…?

明日、5本目のフィルム…入れてみます。。。
コメント