【赤城山】レンゲツツジ見頃の赤城山

                    姥子峠付近の露岩上からの展望

【日 程】2012年6月23日(土)日帰り
【山 域】赤城山
【山 名】地蔵岳、見晴山、鍬柄山、鈴ヶ岳、出張山、薬師岳
【メンバ】単独
【天 候】曇り
【参 考】山と高原地図20赤城・皇海・筑波(昭文社)
【コース】赤城少年自然の家バス停(10:00)→地蔵岳(10:30)→見晴山→鈴ヶ岳(13:30)→薬師岳(15:30)→厚生団地入口バス停(16:00)

久しぶりの梅雨の晴れ間、レンゲツツジの見頃に合わせて赤城山に行きました。バスが白樺牧場を通ると一面のレンゲツツジが見えます。楽しみですが、まだ登ってない地蔵岳をまず目指しました。赤城少年自然の家バス停からの道は樹林の中で涼しい道でした。途中で地面の上に弱って動かないエゾハルゼミを見つけ、近くの木に留めて写真を撮りました。(「やらせ」かな?)地蔵岳から展望台下へ下って見晴山を往復し、大勢の観光客に混じって白樺牧場のレンゲツツジを見ながら、鈴ヶ岳の登山口へ向かいました。登山口から15分ほど登った姥子峠の先で右に踏み跡が見られたので入ってみるとすぐに露岩があって地蔵岳や黒檜岳の展望も良く、白樺牧場のレンゲツツジが見下ろせます。(写真)景色を眺めながら昼食としました。登山口からわずかなので観光に来た人にも教えたくなる所です。
鍬柄山を越え鈴ヶ岳まではアップダウンがあって岩場もあり、赤城山のピークの中では一番手ごたえがあるような気がします。鈴ヶ岳の頂上手前で、「重箱岩」という案内板があって見に行きましたが、確かに柱状節理のような岩壁は見られますが、以外に時間がかかってかなり足元も悪いので、あまり一般に紹介しない方がいいように思いました。鈴ヶ岳からは大ダオに戻り、北回りのキャンプ場コースで関東ふれあいの道に下り、大沼方面に向かい、出張峠から出張山を経由して薬師岳に至り、野坂峠から沼尻に下って厚生団地入口バス停まで歩きました。ずっと曇りでしたが、出張山あたりでようやく青空となり、下った大沼からの景色が綺麗でした。

 

山域別山行一覧

形態別山行一覧

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 【足尾周辺】... 【奥日光】千... »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。