タンティーヌ(tantine.)ミニチュア制服の制作日記

タンティーヌでは思い出の制服にハサミを入れて、そっと手のひらに収まるミニチュアサイズにリメイクしています。

7/10 (日) イベントのお知らせ

2016-06-28 | イベント&ワークショップ

【イベントのお知らせ】

7/10(日) 京王プラザホテル八王子にて
シナリー化粧品の夏祭りが開催されます





夏メイクアップショー、ヘアケア&ヘアアレンジ
サマーネイル、アロマ、ECOライフなど、
これからの季節に役立つ情報が満載のイベントでどなたでもご参加頂けます。

小さなお子様にも
キッズブースがご用意されているので、
お子様連れのママも安心です

なんと、そのキッズブースで
タンティーヌがリカちゃんの着せ替えコーナーを担当させて頂くことになりました

タンティーヌ
リカちゃんのお洋服の販売コーナーと、
タンティーヌのオリジナルドレスで
着せ替えごっこをして遊べるコーナーを
用意して頂きました

お家にリカちゃんがいるお友達は、
ぜひ連れてきて一緒に遊びましょう

キッズブースにはリカちゃんの他に
DVDコーナー、レゴコーナー、塗り絵コーナー
もありますよ

7月10日(日)13:00〜15:30
京王プラザホテル八王子
(八王子駅前すぐ)
4階 宴
入場は無料です。

皆様のお越しをお待ちしています(*^^*)


それから今日はちょっと素敵な一日でした

憧れのWarkさんに行ってきました





mj-factoryの先生に特別にお願いをして
木工のレッスンを受講させて頂き
楽しい楽しいDIYの時間






そして、そこで出合ったのが
「レーザーカッター」という夢のような機械

一気に夢が広がった瞬間でした

このお話の続きはまた今度ゆっくりと


コメント

Makikoさんのミニチュア制服2着、完成!

2016-06-24 | ミニチュア制服

幼稚園バッグが完成し、
Makikoさんからの依頼品がすべて揃いました。

幼稚園バッグを肩からかけてみました。




送って下さった画像がこちら↓




選んだのは青いナイロンの生地。
ファスナーの白い部分は
学ランでお世話になった白い丸ゴムを使用、
その縁の赤いラインには
ストラップ用の細い赤い紐を使いました。
黄色い丸い幼稚園の2つの大切なマークは
別の布にアイロンプリントしたものを切り抜いて
直接縫い付けることにしました↓




そして青いサテンリボンを肩紐として付けると…



こうなりました



幼稚園児だった僕は成長し、

やがて中学生の青年に…





そしていつまでも子供じゃないんですねー

現在は20歳になられたそうです


Makikoさんの思い出たっぷりの
息子さんの制服2着、
ミニチュアにリフォームさせて頂きました。

お引き受けした時は
本当に出来るのかな?大丈夫かな?って
不安でしたが、
Makikoさんの気持ちに寄り添いながら作業していると、幸せを分けてもらっているということを
実感しました。


Makikoさん、
どうもありがとうございました


コメント

Makikoさんの学ランできました

2016-06-19 | ミニチュア制服

Makikoさんの学ランが出来上がりました



モデルはしょう君
少し前にオークションでゲットしたんです


上着さえ出来てしまえば、ゴールは近いかな、
と思いきや!

お預かりしていたおズボンを見てみると…
(これは本物です↓)



この段階ではまだ見えないかな?

うんとアップにしてみましょう




わ、わ、わーっ

Hの文字が…

こんな見えない所にHの花文字

こういうのを
見えないオシャレって言うんでしょうね。
こだわりのポイント
しっかり主張していて、カッコいいですね
ちょっと感動してしまいました

これは無視せず、
切り取ってこのまま生かした方が
きっと記念になるかなと思いましたので
Makikoさんに相談して、おズボンの脇に
付けさせてもらうこととなりました。




まずは右のおズボンからは右足を
左のおズボンからは左足を取らせて頂きました。





Hの文字をハサミで切り取り…




形に沿ってさらに切って…




おズボンに縫い付けました




これで学ランの完成です
左がMakikoさんの学ランを着たしょう君
右は以前作った学ランを着たいさむ君です




こうするとHの文字が出てきます
Makikoさん、時々学ランめくって
楽しんでくださいね(笑)

さて、後は幼稚園のバッグを作りますね


コメント

Makikoさんの学ラン 途中経過

2016-06-16 | ミニチュア制服

Makikoさんからのもう一つのご依頼、
息子さんの中学時代の学ランの制作を
始めました。




中学の3年間、特に男の子は激変しますね。
高くて綺麗だったソプラノボイスは
声変わりとともに過去のものとなり…
よしよしなんて撫でてた頭のてっぺんは
気づけば見えなくなって…
辛くて長い反抗期に突入。

もしかしたらお母さんも成長できる
最大の機会だったのかと
私も自分を振り返り、
今そんな気がしています。

きっとMakikoさんも同じじゃないかな…。

息子さんの制服は息子さんの中学時代の思い出の
シンボルでもあるけど、
それを陰で支えた
お母さんの頑張りの証しでもある!

息子の成長を願って少し大きめを購入して、
季節が変わるたびクリーニングに出して、
成長すればお直しにも出して、
取れかけたボタンがあれば直してやって。

お母さんって、
あったかくてありがたいですね


そんなMakikoさんの大切な学ランを前にして、
私はハサミを握りしめ、
風に吹かれて立っています


ひとつ大きく深呼吸をして〜




背中の裏地を真ん中から

ジョキジョジョキ…と

切り開きましたアチャー!

心の中では「ごめんねー」と叫びながら




背中の部分に型紙を置いて線を入れました。




ここまで来たらもう進むしかありません!
ハサミで切り取りました。
(心拍数も落ち着いてきました)




形にしてみたのですが、
ちょっと腑に落ちないのは
襟の白いラインがないせいですね…。




黒の学ランなんて、皆同じかと思ってましたが
違うんですねー

私の高校の男子の学ランは
確か白いカラーを取り付けるタイプでした。
「なんだろ、アレ?」って、ずっと謎でしたが、
この学ランはそのカラーはなくて、
白いラインが最初から付いてる

さて、これをミニチュアで再現するには、
どうすれば良いのでしょう

しばらく途方に暮れていましたが、

…こうなりました。

襟を作っている画像を並べてみました↓




丸ゴムって名前のものかと思いますが、
直径1.5mm位の白いゴムを
襟の角から角へ縫いとめてみました。




右がビフォーで、左がアフターです。
白いラインが印象的で雰囲気出てきました


次に大切なボタンですが、
適当なサイズ、大きさのものって
どれかなと探していたらありました



おそらくぬいぐるみ用のお目目のボタンかな。
黒い学ランに黒いボタン

男らしいですねっ

あと、これにポケットを付けて、
スラックスを作ります。
幼稚園バッグも作りますよーっ

コメント

Makikoさんの幼稚園のジャケット(3)とベレー帽

2016-06-09 | ミニチュア制服

短か過ぎたジャケットの丈を伸ばして、
Makikoさんの幼稚園の制服が
完成しました




左が前回の短いジャケット、
右が新しく作り直したジャケットです。

これでしっくりきました


「よいしょっ、よいしょっ

リカちゃんが大きなものを
引きずるように持ってきました
何でしょう





実はもう一つ大切なアイテムがありました。
それはこちらのベレー帽




生地はグレーで肉厚なフェルト。
ベレー帽はまん丸で縫い目がないので
どこからハサミを入れていいのかわからず、
ハサミを入れるだけでさまよい、
これまた時間がかかってしまいました。





そしてこれがハサミを入れたところです。
(Makikoさんには辛い画像ですよね
ごめんなさいね…)







この波平さんの部分はそのまま使えそうです



そしてベレー帽も完成しました



ハイどうぞ~~






ワーイ、出来ました

名札を付けるとさらにリアルになりました


なんだかとっても嬉しくて幸せな気分です




次回は幼稚園バッグ、
そしてMakikoさんの息子さんの中学の学生服
へと続きます


コメント

Makikoさんの幼稚園のジャケット(2)

2016-06-05 | ミニチュア制服

ミシンの調子も良くなり、
各パーツを縫い合わせて…



(手に乗せてみたりして)


一番気になっていた部分に
取りかかることになりました

それは赤いラインです。

前の打ち合わせの下から首の後ろを通って
もう片方の打ち合わせの下まで。

どの素材でどんな方法が良いのか…

なんとなくイメージしながら
ここ数日過ごしていました。


実際の制服に付いている赤いラインの生地は
細くて肉厚で再利用は難しいので、
似た赤色の生地を細くバイアスに斜めに切って
玉縁で仕上げることにしました





⬇️⬇️⬇️





ここまで来たら
後はスナップとボタンを付ければ…


完成ーっ
(ちっちゃくて可愛いーっ)





と思ったんだけど…






これだけ見てると一応完成してますが、

次の写真を見てくださいね。






左が実物、右がミニチュア。


ジャケットが短い…


ですよね


写真を撮って、
こうして並べるまで気づきませんでした。


また一から作りましょう


と言うとMakikoさんに
心配をかけてしまいそうですが、
だいたいいつもこんな感じでやってるので
大丈夫です





コメント

Makikoさんの幼稚園のジャケット(1)

2016-06-02 | ミニチュア制服

さて、今日からメインのジャケットです



上品な濃紺のジャケット。
伸縮性もあってシワにもならず機能性に富み、
デザインは襟はなくシンプルだけど
縁取りの赤いラインが目を引きますね
ダブルでキラリと輝く小さな4つの金ボタン。
オシャレですね

ポケットも左右にあって、
ハンカチを入れてたのかな?
それとも小石や葉っぱも入ってたかな(笑)?

前の打ち合わせは左右どちらでも可能で、
男の子も女の子も使えるようになっています。

お母様のMakikoさんの時代から
変わっていない制服ということですが、
ここまで完璧なら
「制服を変えたい」という声なんて
上がらないのではないでしょうか。
とても可愛くて素敵な制服です

さて、どこの部分を使いましょうか。
やはり、面積の広い背中の部分でしょうか。





どこも傷んでないので、
なんだか申し訳ない気がしながら、
裏地を外していきました。





17年ほど前にこの制服を作った職人さんしか
見たことがない部分が出てきました





そこにリカちゃんサイズに切った型紙を置いて
線を引いて…

また深呼吸をして、気持ちを落ち着かせ、
「Makikoさん、いきますよ!」と声をかけて…

ハサミを入れました。。。






こうなりました



ここからミシンをかけていきます。

と思ったら

まさかのミシンの不調で、
慌ててミシン修理屋さんに飛んで行って
先ほど帰って来たところです。

びっくりしましたが、

安心して下さい

ちゃんと直りました~

ラッキーなことに
ミシンを修理してくださるお店が近くにあるで、とても助かっています

しかも、
前いた超無愛想なおじさんは今日はいなくて
ホントにラッキーでした


今夜からまたじっくりミシンと向き合います


コメント