タンティーヌ(tantine.)ミニチュア制服の制作日記

タンティーヌでは思い出の制服にハサミを入れて、そっと手のひらに収まるミニチュアサイズにリメイクしています。

リカちゃんと型絵染の浴衣

2018-08-19 | 和服と下駄

日本の古来より伝わる
染色技法の「型染め」のひとつ、
「型絵染め」(かたえぞめ)は
デザイン→彫り→染めの工程を
全て一人でこなす為
大変な手間暇と時間がかかるのだそうです。




この度、型絵染の山田恵美先生が
リカちゃんサイズに合わせて柄をデザイン
→それを一つ一つ小刀で彫り
→丁寧に色を乗せて染め上げて下さいました。




生地は高級なお着物の生地
「綿紅梅」(めんこうばい)です。




その貴重な生地をお預かりして
4枚の浴衣を縫わせて頂きました。




最初に手を付けたのは
夏真っ盛りのひまわり




ひまわりと言っても原色ではなく
少し渋みを帯びた黄色で
優しいタッチに木陰からの風を感じます。





次は色んな大きさの円の組み合わせた
可愛い浴衣です。




私はパッと見て
シャボン玉に見えました。

色使いが優しくて涼やかで、
ふんわり風に乗るシャボン玉。
しばらく揺れてパチンとはじけそう。
とても可愛らしいです



あ…
丸いプールに浮かぶ水風船にも見えてきました



二人に並んでもらいました





並んでもらって気が付いたのですが、
もしやこれは帯を交換した方がいいのかも??





はい、帯チェンジ

わー、これも悪くないですねっ







次は黄色、オレンジ、赤のビタミンカラー

細かい幾何学模様、
これを一つ一つ手で彫るのは
大変だったでしょうね。






ショートカットのリカちゃんに
よく似合います



どれもそうですが帯のグラデーションが
とても素敵なんです。
手染めならではの微妙な色の変化に
心揺さぶられます。







3人で




そして4枚目。




このリカちゃんは
浅田真央ちゃんがモデルの
「真央リカちゃん」です。


冬の氷の上を舞うリカちゃんと
夏の水辺を泳ぐ金魚が
うまくリンクしましたなんちって〜〜





うなじをお見せしまーす






4人揃って記念撮影。






みんなの艶やかな後ろ姿(笑)







裁断前の生地はこちらでした。





いつか山田先生が彫った「型」を
見せて頂きたいと思っています



コメント (4)   この記事についてブログを書く
« お姫様ドレス | トップ | 日本大学鶴ヶ丘高等学校の制服 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
素敵ですね (ことまま)
2018-08-20 15:06:18
春のカフェオカッパでタンティーヌさんを知りました。可愛い服の数々にすっかり魅了されてます。型絵染も雰囲気があってとっても素敵ですね。これからもブログを楽しみにしております。
Re:素敵ですね (タンティーヌ)
2018-08-20 16:49:03
ことままさん
嬉しいコメントをありがとうございます!
春のオカッパさんをご覧になって下さったのですね♪
日頃は家での製作が中心の地味な毎日なので、このようにコメント頂けると、見てくださる方がいるんだ!ってとても励まされます。
これからもご期待にそえられるよう頑張りますね‼︎
はじめまして。 (りぼん)
2018-08-21 08:04:16
読者登録させていただいたりぼんと申します。

素敵な浴衣ですね。
私は、古布で、お人形の着物を作ろうと、色々頑張っていましたが、柄の大きさが合わず・・・困ったことがありました。
お人形専用の生地は、とても魅力的ですね。

ちなみに、今は、作っていませんが、こんなブログを更新していました。
https://blog.goo.ne.jp/lovecatrose
Re:はじめまして。 (tantine1014)
2018-08-22 07:17:26
りぼんさん

はじめまして。
この度は読者登録ありがとうございます!
感動です(^o^)

りぼんさんのブログ、
たくさんのお人形、そして手作りのドレスやお着物の製作の様子、楽しく見せて頂きました!

またお時間のある時いつでも遊びに来て下さいね♪

コメントを投稿

和服と下駄」カテゴリの最新記事