ひとときの駿感.blog

☆美味しい食事やCafeのお店。映画や音楽。緑のある風景からポツリと心象まで☆

日本ダービー(2015)考察。

2015-05-26 23:47:43 | 競馬考察

にほんブログ村 競馬ブログへ
↑↑是非クリックをお願いします!皆様に感謝し、励みにして向上してきます↑↑

 2015クラシックの頂上決戦ということで週の始めから気合が入るものの冷静な考察でいくとある程度本命に近い形での候補は絞れているような気もする。それは皐月賞を59.2秒のMペースで逃げて5着に敗退したクラリティスカイが次走であっさりとNHKマイルを制した結果から、今年の皐月賞は相当レベルが高かったと言えるのではないだろうか。タイム的にも歴代のそれと全く遜色ない内容で、目安としてクラリティスカイより上の着順だった上位4頭に注目。そのうちブライトエンブレムは回避したので3着までの3頭。特に3着以下を0.4秒着差で離した1、2着馬は高確率でこのダービーでもその死闘を再現しそうな印象で、このドゥラメンテの皐月賞で魅せた強烈な末脚をリアルスティールの自在性がいかにして封じ込めることができるかどうかに焦点が絞られるのは間違いない。ただ東京に替わってリアルスティールが皐月賞での0.2秒差を跳ね返せるかどうか、そう楽ではない着差であるのはドゥラメンテがダービーに照準を合わせたような戦績とローテーションを示してきたことでいかにも堀厩舎らしい戦略が伺える点でドゥラメンテの優位は不動のような気もする。

 現段階ですでに本命サイド決着の予想で落ち着いてしまうのはなんだかもったいない気もするのでもう1頭注目したい馬を探してみた。白羽の矢を立てたい思いがあるのは青葉賞を勝ったレーヴミストラルだ。正直今年の青葉賞はレベル的にどうってことない内容ではあった。それにしても1分25秒台は欲しかった。でもレーヴミストラルが気になるというのはやはりのその血統構成で兄に過去の青葉賞勝ち馬のアプレザンレーヴ(父シンボリクリスエス)で今でもこの馬にダービーを良馬場でやらせてみたかったという思いがいつまでも残った名馬で母は言わずと知れたレーヴドスカーだ。結論を急ぐと、こうした馬は血の質の良さで飛躍した走りを見せる時があり、非サンデーという特徴は貴重で、もしかしたら将来の種牡馬生活を有利に見据えていった場合、ある程度いい結果を出して欲しいという希望的観測がピタリ嵌る可能性は少なくあるだろうという予想が成り立つ。

【実績・血統面での勝利確率】
ドゥラメンテ 60%
リアルスティール 30%
レーヴミストラル 10%

今のところ、この3頭を中心に組み立てていこうと思う。あとは今週の調教の状況で変化があるかもしれない。

さらに、これ以上の予想ブログが集結しています。ご覧ください

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 競馬ブログへなんとか的中させたい方へ

Comment   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« オークス(2015)最終結論。 | TOP | 国立西洋美術館『グエルチー... »
最新の画像もっと見る

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

Recent Entries | 競馬考察