一口馬主日記

一口出資している馬達や仲間内POGの雑感等

全体的には及第点も

2021年09月20日 | 一口馬主
土曜結果
中京1R 2歳未勝利 ジレトール 川田騎手 1番人気 1着
先ずは無事に開催がされて一安心。流石に不良馬場でしたが、風雨共に物凄いってレベル
ではなく、ダートコースも水は浮いていましたが、田んぼの様な馬場ではないのかな…と。
馬体重は468キロと12キロ減らしてきましたが、骨格を考えれば初戦は流石に太かったという
ことかもしれませんし、ビシビシやって絞れてきたと解釈。課題の気性面も2人引きでしたが、
そこまでチャカチャカすることもなく、映像で見る限りは気合が入って良い雰囲気に思えました。
レースはゲートの出は普通に出て、促していきますが、外の馬の方が速い感じ。控えて泥を
被るのは嫌だなと思って見ていましたが、そこは川田騎手が明確に譲らない構えを見せてくれて、
枠の並びもあり、最終的にはハナに。あそこで引いていたら全然違った展開になっていたで
しょうし、この辺、川田騎手は流石にソツがない。その後は安心して見ていられ、4角回る
ところでは一頭だけ馬なりと抜群の手応え。直線で追われてからもスッと反応して突き放しますが、
そこからが手応えほど突き抜けられず。抜け出した時は5馬身位は千切るかなと思わせましたが、
抜けてから甘くなって最後は少し詰められた格好。余力が無かったのか、馬場も考慮して緩めた
のかは定かではありませんが、楽な相手関係だったことを考えると、少し気になる内容では
あったかな。それでも必勝を期してのダート挑戦でシッカリ勝ち上がったのだから良かったです。
こういう特殊な馬場もこなせたのも収穫ですね。

中京9R 金山特別 ロードプレジール 藤岡佑騎手 6番人気 3着
間隔は空きましたが馬体微増もシッカリ締まっていてキビキビ歩いて良い雰囲気。追い切りから
叩いてと思っていましたが、状態はまずまずで態勢は整っている印象。心配した台風の影響も
予想よりもマシでレース前には重に回復。映像で見る感じもグッチャグチャって感じではないので、
極端に渋った馬場を苦にしなければというところ。レースはゲートを伸び上がる様に出てフラつき
その後もダッシュが付かずに最後方からの競馬。あまり切れるタイプではないし、これはどっかで
動いていかないと厳しいなと思っていたが、動く素振りもなく、勝負所では内に入って動くに
動けない形。直線でも進路がなく、そこから大外に振って進路を求める苦しい競馬。それでも
進路が取れてからは鋭く脚を伸ばしてきましたが、時すでに遅しで3着まで。スタートから後ろの
位置になったのは仕方ないですが、この騎手らしく全くリカバリーする素振りもなく、そのまま
脚を余してしまった印象。二戦続けて好走したことでクラスに目処は立てたと思うし、人気以上に
走っているので上出来とも言えるのでしょうが、前の2頭との差は力ではなく騎手の差という感も。
叩いた次は更に良いはずだし、改めて期待したい。中内田先生には是非、次こそ良い騎手を押さえて
もらいたいね。

中京10R 大府特別 バーデンヴァイラー 福永騎手 1番人気 3着
流石に芝の様なスピードでの馬場回復はないので不良発表でしたが、午前中の結果を見ると普通に
速い時計が出ており、ぬかるむというよりは普通に脚抜きの良い馬場という感じ。今後の為に、
こういう馬場を経験しておくのは良いのかなと思っていました。ただ、昇級初戦でトップハンデ
という条件に加えて速い時計の勝負になるところで大外枠というのは、なかなか厳しい条件に
なったなと…。ただ、パドックでは休養明けを叩いて更に引き締まり、キビキビと歩く抜群の気配。
この条件も楽に乗り越えてくれることを期待したくなるところでした。レースは五分のスタートから
内の主張する馬を見ながら好位追走。速い流れを楽に追走出来ていたし、どこから動いていくのかな?
と思って見ていましたが、勝負所で促していく手応えの悪さでアレって感じ。直線でも内にもたれる
のを修正しながらで、これまでの競馬でスッと反応していたのが嘘の様に動き切れず3着が精一杯。
結果、懸念していた前残りの雪崩れ込む競馬になって敗戦。楽な条件でないのは間違いないのですが、
それを乗り越える様な力があると期待していたのですが、甘くはなかったですね…。今日の様な
速い時計で淀みなく流れるという条件も駄目で、結果的には番組選択もしくじった感じですかね。
前走のパフォーマンスを見ると、良馬場で溜めを作れる競馬をすれば巻き返してきてくれると思って
いますが、ここはクリアして欲しかっただけに残念。まだまだ成長途上ということもあるでしょうし、
この悔しさを将来に活かして欲しい。

月曜結果
中山5R 2歳新馬 ロードカテドラル 菅原騎手 3番人気 2着
師の評価は初戦向きではないということでしたが、パドック映像では丸みのある馬体でキビキビ歩いて
いて悪くない雰囲気。贔屓目ありありですが、なかなか格好良い馬で雰囲気があるなと。腹回りは多少
余裕ある様にも思えますが、初戦としては及第点かなと。ただ、他に人気になっている馬も仕上がり、
馬っぷりが良く、改めて結構面子が揃った構成。レースは五分のスタートから二の脚もスッとついて
番手の競馬。掛かるような素振りもなく、センスを感じさせる道中。ただ、レース後のコメントでは
内外にいる馬を気にする素振りもあったそうで、その辺は今後の課題かな。1番人気の逃げ馬を相手
一本に絞った感じのレースで、ピタリとマークしたまま直線へ。追われてからもシッカリと伸びて
くれていましたが、勝ち馬も止まらず、最後まで差が詰まらずに2着。負けたのは残念でしたが、内容は
十分でしたし、3着は5馬身離しており、すぐに順番がきそう。枠の並びが逆なら、また違ったと思い
ますし、初戦向きでないと言われる中で、この走りなら満足です。基本的には続戦とのことで、次の
レースが楽しみになってきました。

中京2R 2歳未勝利 ロードジャスティス 三浦騎手 3番人気 2着
マイナス10キロでしたが、初戦は腹回りに余裕があったので、これは絞れた分という感じ。映像を見る
限り、まだ絞れるんじゃない?って風にも見えるので、少なくとも馬体減がマイナス材料になることは
なさそう。ただ、ブリンカーを付けてきましたが、キビキビした感じは薄く、課題の気持ち面は大きく
変わっていない印象も。馬場は稍重発表で、脚抜きが良さそうな馬場ですから、速い時計になった時に
対応出来るかが一番の不安点。レースはスタートで伸び上がり出遅れてしまいましたが、前走の様に
促さず、馬なりで中段を追走。1コーナーで前の馬が膨れて、大きく外に煽り受けた時は終わったと
思いましたが、そこで集中力が切れることをなく、向正面では捲り気味に上がっていきました。前走は
途中から追っ付け通しでしたが、今回は道中で脚を使っても手応え十分で今日は違うぞという感じ。
ただ、前の馬で一頭、更に手応え別格の馬がおり、これを外から追いかける苦しい形。直線でも必死に
前を追いますが差は全く縮まらず直線半ばで態勢が決すると、そのまま2着入線。勝ち馬から滅茶苦茶
離されましたが、3着も離しており、初戦の内容を考えれば大きな前進。コーナーでの不利や終始外を
通ったロスもあるので、更に前進する余地もあるでしょう。相手が弱かったとはいえ、これなら目処が
立ってくるのではないかと思えましたし収穫十分。このまま続戦とのことなので、次は更に楽しみ。

2021年通算成績 (9-13-8-6-8-59)
1.01/17 小倉 3歳1勝クラス ロードシュトローム 松山騎手
2.04/04 阪神 大阪杯 レイパパレ 川田騎手
3.07/31 新潟 3歳以上1勝クラス バーデンヴァイラー 福永騎手
4.08/07 新潟 2歳新馬 フォラブリューテ 川田騎手
5.08/14 新潟 3歳未勝利 ロードレイライン 三浦騎手
6.08/29 新潟 3歳以上1勝クラス ロードレイライン 三浦騎手
7.09/04 札幌 札幌スポニチ賞 ジュビリーヘッド 横山和騎手
8.09/11 中京 2歳新馬 ナミュール 川田騎手
9.09/18 中京 2歳未勝利 ジレトール 川田騎手

 今週は期待の構成で、実際に全て3着以内と頑張ってくれました。ただ、9月に出走する出資馬の中では
1番堅いと思っていたバーデンヴァイラーの敗戦がショック。馬場や枠など言い訳はあるし、楽な条件
ではなかったですが、それを突破する素質があると思っていたんだけどね…。競馬は難しい。

来週は大将格のレイパパレの秋初戦。初めて関東遠征やクリアしたとは言えない2200mと課題も多く、
安心は出来ませんが更なる飛躍の為には情けない競馬は見たくないところです。

コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« キャロット出資馬決定 | トップ | 勝負の日曜日 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

一口馬主」カテゴリの最新記事