よみがえる桐たんす 杉山箪笥店「 四代目の日記」

私は関市で古い箪笥、思い入れのある桐たんすなどを修理して依頼主様より笑顔を頂ける事を喜びとして仕事をしています。

心配で寝れなかったことが、見てビックリ!!

2018年06月16日 | 思い入れのある箪笥の修理
今日は滋賀県甲良町まで時代箪笥2本を納品して来ました。

ご依頼主の奥様とご主人が箪笥写真を持って来店くださり、痛みがひどいため修理できるか心配されていました。
依頼箪笥を受け取りに訪問し見た所、一本はかなり壊れていて修理方法を説明し納得頂き二本預かることになりました。

今日納品となり心配な箪笥がどの様に成るか昨晩眠れなかったそうで、朝より仏壇の両親に『今日箪笥来るよ」と手を合わせたそうです。
出来上がった箪笥を見てあまりにも奇麗になり「うれしい、両親も喜んでいるわ」と言っていただき、壊れのひどい箪笥の方が良くなったとも言われました。
「まだ大きな近江水屋戸棚もあるため宜しくね」と近いうちに訪問できる楽しみも下さいました。

傷んだ箪笥が蘇り本当に喜んでくださいました。
ありがとうございました。

http://www.sugiyamatansu.com
http://www.sugiyamatansu.com/日々の仕事/
http://blog.goo.ne.jp/tansuya1901
https://www.facebook.com/sugiyamatansu/

「日々の仕事」は毎日の仕事の状況を伝えるページです。
修理依頼された方の作業状況がリアルタイムに分かって頂けます。






帰りに親父の延命を願い多賀大社に参拝しました。
いつも本殿だけの参拝でしたが、少し歩いて見たら「金咲稲荷」御利益を願い確り手を合わせてきました。



この記事についてブログを書く
« 母の思い出の箪笥を一本だけ... | トップ | 優しい言葉を言ってくださり... »
最近の画像もっと見る

思い入れのある箪笥の修理」カテゴリの最新記事