よみがえる桐たんす 杉山箪笥店「 四代目の日記」

私は関市で古い箪笥、思い入れのある桐たんすなどを修理して依頼主様より笑顔を頂ける事を喜びとして仕事をしています。

親思いの娘さんでお母様も喜んでいてもらえると思います。

2018年04月22日 | 思い入れのある箪笥の修理
昨日は大垣市より修理依頼の夫婦の桐たんすを納品してきました。

ご依頼主のお母様の思い出がいっぱい詰まっていいる箪笥の為、綺麗にして使いたいと修理依頼を受けました。
修理に当たっての希望は、唐紙戸はそのまま使い、金物なども再利用して出来るだけイメージを崩さないようにとの事で仕上げました。

受け取り訪問の時は二階の奥まった所から苦労して箪笥を降ろしたため、今日も二階への設置と思い訪問しました。
嬉しい事に一階和室と聞き、心地よく脚も動き最初の箪笥を入れトラックに戻る時に室内より聞こえました、。
奥様とご主人の会話
「こんなに綺麗になるなんて」  
「ほんとやな」
大変気に入ってくださったことを確信しました。

玄関先で私どもが帰り道角を回るまで見送って頂き、ありがとうございました。

http://www.sugiyamatansu.com

http://www.sugiyamatansu.com/日々の仕事/
http://blog.goo.ne.jp/tansuya1901
https://www.facebook.com/sugiyamatansu/

「日々の仕事」は毎日の仕事の状況を伝えるページです。
修理依頼された方の作業状況がリアルタイムに分かって頂けます。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 物まね芸能人の方から依頼を... | トップ | 嬉しいお言葉を頂きました。 »
最近の画像もっと見る

思い入れのある箪笥の修理」カテゴリの最新記事