よみがえる桐たんす 杉山箪笥店「 四代目の日記」

私は関市で古い箪笥、思い入れのある桐たんすなどを修理して依頼主様より笑顔を頂ける事を喜びとして仕事をしています。

言葉少ないおくりさんが、ニッコリしてくださいました。

2017年11月30日 | 思い入れのある箪笥の修理
今日は大垣市より修理依頼の桐たんすをお寺様に納品してきました。

一月前に完成し納品連絡をしましたが、お寺様の行事でいっぱいの為、時間が出来た本日納品となりました。
ご住職はお出かけで、おくりさんが迎え出てくださいました。

この箪笥はとても良い桐材が使われていてヤシャ砥の粉仕上げが満足の行く仕上げとなりました。
出来上がりの良さを説明したら「母は飛騨から嫁に来ました」と言われたので「飛騨桐の良い材が使われていた為ですね」と答えたらニコットしてくださいました。

帰りがけに「遅れてすいませんでしたね」と言って頂き、お茶とお菓子の見上げを頂きました。
ありがとうございました。

http://www.sugiyamatansu.com

http://www.sugiyamatansu.com/日々の仕事/
http://blog.goo.ne.jp/tansuya1901
https://www.facebook.com/sugiyamatansu/

「日々の仕事」は毎日の仕事の状況を伝えるページです。
修理依頼された方の作業状況がリアルタイムに分かって頂けます。


この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 想い出の箪笥と帯でお婆様も... | トップ | 見違えるようになり、自分の... »
最新の画像もっと見る

思い入れのある箪笥の修理」カテゴリの最新記事