よみがえる桐たんす 杉山箪笥店「 四代目の日記」

私は関市で古い箪笥、思い入れのある桐たんすなどを修理して依頼主様より笑顔を頂ける事を喜びとして仕事をしています。

先人の作った良い箪笥が、また受け継がれる事は嬉しい事です。

2017年11月04日 | 思い入れのある箪笥の修理
今日は岐阜市より修理依頼の時代箪笥を納品してきました。

数か月前にご夫婦で来店持ち込みくださいました。
高山の実家よりお婆様の使っていた箪笥を貰い受け使い続けて行きたいと修理依頼を頂きました。

受け取り訪問していないため納品宅を探せず、事前に調べた場所(立派会社前)で車を止め電話をしたところ「ここです、見えてます。」と会社兼住居から迎えに降りてきてくださいました。
車を開けて箪笥を吊り始めた時「マー綺麗!!」と奥様より喜びの声を頂きました。
今日は親父(91歳)との納品で階段の所で見るに見かねて、ご主人が変わって吊ってくださいました。

設置写真は撮れませんでしたが、ご夫婦で快く玄関での写真撮りを承諾いただけました。
帰りがけ、ご主人より「相変わらず忙しいですか?」と質問され「有難いことに」と一礼しました。

ご主人には手伝って頂き有難うございました。
今回も先人の作った良い箪笥が残る仕事が出来ました。

http://www.sugiyamatansu.com
http://www.sugiyamatansu.com/日々の仕事/
http://blog.goo.ne.jp/tansuya1901

「日々の仕事」は毎日の仕事の状況を伝えるページです。
修理依頼された方の作業状況がリアルタイムに分かって頂けます。



この記事についてブログを書く
« 仏壇の中でも微笑みが見えそ... | トップ | 嬉しい言葉「母のたんすを綺... »
最近の画像もっと見る

思い入れのある箪笥の修理」カテゴリの最新記事