よみがえる桐たんす 杉山箪笥店「 四代目の日記」

私は関市で古い箪笥、思い入れのある桐たんすなどを修理して依頼主様より笑顔を頂ける事を喜びとして仕事をしています。

うれしい言葉で疲れが吹っ飛びました!!

2018年05月29日 | 思い入れのある箪笥の修理
投稿が遅くなりましたが岐阜市より修理依頼の桐箪笥2本納品してきました。

実家が建て替えで取り壊しになり想い出の祖母、母の桐箪笥も壊されることが忍びなく娘様である依頼者がお兄様と一緒に来店持ち込みくださいました。
持ち込まれたたんすは一度、修理がしてあり仕事ぶりは非常に悪い物でした。
「修理は大変になりますよ」と言いましたが想い出があるからお願いしますと言われ引き受けました。
出来上がりを日々の仕事で楽しみに見て頂いていた為、電話での納品連絡で喜びを感じました。
納品場所は三階との事で心して行きましたが、玄関までにも階段があり実質4階へ六往復しました。
脚はパンパンに張り汗は出せない為、最後には吹き出し大変な思いをしましたが、
「こんなに綺麗にして頂き祖母、母も喜んでくれる。感激で涙が出てくる」と大変う嬉しい言葉を頂き疲れも吹っ飛びました。

記念写真を一枚お願いしたのですが・・・恥ずかしいとの事
想い出の箪笥が蘇りました。

ありがとうございました。

http://www.sugiyamatansu.com
http://www.sugiyamatansu.com/日々の仕事/
http://blog.goo.ne.jp/tansuya1901
https://www.facebook.com/sugiyamatansu/

「日々の仕事」は毎日の仕事の状況を伝えるページです。
修理依頼された方の作業状況がリアルタイムに分かって頂けます。





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 娘さんと両家のご両親が迎え... | トップ | 母の思い出の箪笥を一本だけ... »
最近の画像もっと見る

思い入れのある箪笥の修理」カテゴリの最新記事