よみがえる桐たんす 杉山箪笥店「 四代目の日記」

私は関市で古い箪笥、思い入れのある桐たんすなどを修理して依頼主様より笑顔を頂ける事を喜びとして仕事をしています。

受け継がれる仕事が出来て良かった!!

2020年07月20日 | 思い入れのある箪笥の修理
昨日は安八町より修理依頼の水屋戸棚を納品してきました。

水屋戸棚の完成でメール報告をし奥さんが到着を楽しみにしているとご主人より返信を頂きました。

到着するとご主人が玄関で待っていてくださり車のハッチを開けるなり「おぅー」と一声「きれいや」と大変喜んで頂き、有難いことに搬入を手伝って頂き大変助かりました。
家に入れば奥さんが「きれいや、きれいや」何度も言われ喜びの笑顔でした。
帰り際に奥さんより「息子たちに受け継がせて使わせます。ありがとうございました。」と嬉しい言葉を頂きました。
ご依頼ありがとうございました。

今年に入り水屋戸棚の修理依頼を10本近く依頼を頂きましたが全てお断りをしてきました。ペアを組み作業するため親父必要ですが高齢化より出来なくなり私一人では大きな水屋戸棚は取り扱えません。
お問い合わせは受けます。しかし引き受ける確率は低いと思いますが宜しくお願いします。
この水屋戸棚は昨年、依頼を受けた物です。もう一本あり最後の仕事となるかもしれません。
宜しくお願いします。


私ども(私、親父)二人で修理作業をしていて、月に出来る本数も多くはありません。
皆様には大変お待ち頂き申し訳ありませんが二人の心を込めた仕事をしますのでお許しください。
http://www.sugiyamatansu.com
https://www.instagram.com/wadansuya/
https://blog.goo.ne.jp/tansuya1901

「タンスの修理日記」は毎日の仕事の状況を伝えるページです。
修理依頼された方の作業状況がリアルタイムに分かって頂けます。




この記事についてブログを書く
« お母様に大変喜んで頂けました。 | トップ | 水屋戸棚に詰まる思い出が受... »
最新の画像もっと見る

思い入れのある箪笥の修理」カテゴリの最新記事