よみがえる桐たんす 杉山箪笥店「 四代目の日記」

私は関市で古い箪笥、思い入れのある桐たんすなどを修理して依頼主様より笑顔を頂ける事を喜びとして仕事をしています。

来店して修理依頼をくださると信頼感が増す感じ

2018年02月16日 | 思い入れのある箪笥の修理
今日は米原市より修理依頼を頂いた帳場箪笥と文机を納品してきました。

滋賀県より修理依頼を頂ける場合、ほとんどが来店され仕事内容、携わる人間を見て依頼くださいます。
かたい県民性なのでしょうか?
事前に色々な話をし信頼感が出来るような感じがします。
店を出られるときに「期待しているわ」と言って帰られました。

今日納品し見るや否や「期待以上の出来で満足!!」とうれしい言葉をかけて頂けました。

杉山さんに預け良かったと感謝され、「なにも用意がないけれど帰りに飲んで」とお茶を頂きました。
今回も嬉しい一時で、ありがとうございました。

http://www.sugiyamatansu.com
http://www.sugiyamatansu.com/日々の仕事/
http://blog.goo.ne.jp/tansuya1901
https://www.facebook.com/sugiyamatansu/

「日々の仕事」は毎日の仕事の状況を伝えるページです。
修理依頼された方の作業状況がリアルタイムに分かって頂けます。




ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 肝心な時に一言、言えない  ... | トップ | あれから一年、お母様は元気... »
最近の画像もっと見る

思い入れのある箪笥の修理」カテゴリの最新記事