よみがえる桐たんす 杉山箪笥店「 四代目の日記」

私は関市で古い箪笥、思い入れのある桐たんすなどを修理して依頼主様より笑顔を頂ける事を喜びとして仕事をしています。

予算に合う当店がなければ、修理はしなかった!!

2020年05月24日 | 思い入れのある箪笥の修理
今日は飛騨市古川町より修理依頼の桐箪笥を納品してきました。

ご依頼主のお母様のタンスで奇麗にしたいと思いネットで探して当店に決めて頂きました。
検索してみると大変修理代金が高い所が多く迷いましたが、再度探したら予算に合う当店が見つかったそうです。
出来上がった箪笥を見て「こんなに奇麗になるんや」と満面の笑みを見せてくださいました。
東京に住んでいる母に一番かわいがられていた姪っ子が結婚予定なので、お嫁入り道具にどうか尋ねて見ると言ってくださいました。
出来上がりに満足頂き嬉しい言葉、笑顔をたくさん頂きました。
ありがとうございました。

私ども(私、親父)二人で修理作業をしていて、月に出来る本数も多くはありません。
皆様には大変お待ち頂き申し訳ありませんが二人の心を込めた仕事をしますのでお許しください。
http://www.sugiyamatansu.com
https://www.instagram.com/wadansuya/
https://blog.goo.ne.jp/tansuya1901

「タンスの修理日記」は毎日の仕事の状況を伝えるページです。
修理依頼された方の作業状況がリアルタイムに分かって頂けます。



この記事についてブログを書く
« もう一度お会いしたいのです... | トップ | お母様に大変喜んで頂けました。 »
最新の画像もっと見る

思い入れのある箪笥の修理」カテゴリの最新記事