よみがえる桐たんす 杉山箪笥店「 四代目の日記」

私は関市で古い箪笥、思い入れのある桐たんすなどを修理して依頼主様より笑顔を頂ける事を喜びとして仕事をしています。

修理の苦労を知って頂け、大変にうれしいです。

2020年12月06日 | 思い入れのある箪笥の修理
本日は鹿児島市より桐箪笥修理の依頼を頂き嬉しいメールを頂きましたので紹介いたします。

この箪笥は箪笥下部がシロアリでボソボソになっていて依頼時には聞いていませんでした。
金物を外し始め箪笥下部の取り外しに入りビックリしました。
下部引出底板はシロアリに食われボソボソで交換修理しました。本体下部はさらに酷く椹木修理で下部固めをしました。
修理状況は修理過程中に撮った40~50枚の写真をCDに焼き箪笥に添えお送りしました。
箪笥修理の大変さを知って頂き嬉しいメールを頂きましたので紹介いたします。

杉山箪笥店様

 こんにちは、先程箪笥が届きました。

全く新しい箪笥に生まれ変わって帰って来たので、ビックリしました。CDも拝見して、思っていたより重傷だったので驚きました。
杉山箪笥さんにお願いして、本当によかったと思いました。ありがとうございました。

出来上がりに満足頂けて嬉しい限りです。
ありがとうございました。

私ども(私、親父)二人で修理作業をしていて、月に出来る本数も多くはありません。
皆様には大変お待ち頂き申し訳ありませんが二人の心を込めた仕事をしますのでお許しください。
http://www.sugiyamatansu.com
https://www.instagram.com/wadansuya/
https://blog.goo.ne.jp/tansuya1901

「タンスの修理日記」は毎日の仕事の状況を伝えるページです。
修理依頼された方の作業状況がリアルタイムに分かって頂けます。


この記事についてブログを書く
« 予定より早く完成し出来栄え... | トップ |   
最新の画像もっと見る

思い入れのある箪笥の修理」カテゴリの最新記事