よみがえる桐たんす 杉山箪笥店「 四代目の日記」

私は関市で古い箪笥、思い入れのある桐たんすなどを修理して依頼主様より笑顔を頂ける事を喜びとして仕事をしています。

私にも奇麗になったタンスが来て嬉しい!!

2019年12月01日 | 思い入れのある箪笥の修理
今日は名古屋市より修理依頼の夫婦桐箪笥を納品してきました。

この箪笥は、ご依頼主のお母様の形見の箪笥で奇麗にして残したいと修理依頼を頂きました。
当店に修理依頼を頂いた理由としてホームページを色々検索しページより私の誠実さを感じたからと嬉しい言葉を頂き受け取り訪問いたしました。
今日納品して見るなり「本当に奇麗になるんや!!」ブログ、ホームページ内で紹介している奇麗になってうれしい文面を読んでいた事が現実になり嬉しくてたまりませんと言ってくださいました。
この箪笥は曲がり階段を6往復して三階まで運び足はパンパンになり老体には利きましたが、うれしい言葉を頂き明日以降の筋肉痛でさらに感じれると思います。
ありがとうございました。

私ども(私、親父)二人で修理作業をしていて、月に出来る本数も多くはありません。
皆様には大変お待ち頂き申し訳ありませんが二人の心を込めた仕事をしますのでお許しください。
http://www.sugiyamatansu.com
https://www.instagram.com/wadansuya/
https://blog.goo.ne.jp/tansuya1901

「タンスの修理日記」は毎日の仕事の状況を伝えるページです。
修理依頼された方の作業状況がリアルタイムに分かって頂けます。





この記事についてブログを書く
« 当店の仕事が永遠に残ること... | トップ |   
最近の画像もっと見る

思い入れのある箪笥の修理」カテゴリの最新記事