よみがえる桐たんす 杉山箪笥店「 四代目の日記」

私は関市で古い箪笥、思い入れのある桐たんすなどを修理して依頼主様より笑顔を頂ける事を喜びとして仕事をしています。

気持ちよく修理を受け入れてくれ嬉しかった

2021年11月06日 | 思い入れのある箪笥の修理
飛騨市古川町より修理依頼の総桐箪笥を納品してきました。

この箪笥はお庫裏様の実家福岡から送られてきた箪笥で、あまりにも黒く汚いため修理依頼をするにも申し訳なく引け目を感じていたと言われました。
出来上がりの箪笥をメール写真で嬉しく思い、届いた箪笥を実際に見て杉山さんに頼んで良かったと嬉しい言葉を頂きました。
お届け先は「本光寺」様という大きく立派なお寺様で当店の仕事が残る事がありがたい事だと思います。

私ども(私、親父)二人で修理作業をしていて、月に出来る本数も多くはありません。
皆様には大変お待ち頂き申し訳ありませんが二人の心を込めた仕事をしますのでお許しください。

当店の紹介ページですのでご覧ください。
https://www.sugiyamatansu.com
https://www.instagram.com/wadansuya/
https://www.facebook.com/sugiyamatansu

ホームページ「タンスの修理日記」は毎日の仕事の状況を伝えるページです。
修理依頼された方の作業状況がリアルタイムに分かって頂けます。




当店の保有しているアンティーク箪笥、製作箪笥が欲しい方は下記アドレスよりご覧ください。
https://wadansuya.base.shop
宜しくお願いします。
ありがとうございました。

この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 見事に生まれ変わり感謝の気... | トップ | 末永く大事に使っていきたい... »
最新の画像もっと見る

思い入れのある箪笥の修理」カテゴリの最新記事