よみがえる桐たんす 杉山箪笥店「 四代目の日記」

私は関市で古い箪笥、思い入れのある桐たんすなどを修理して依頼主様より笑顔を頂ける事を喜びとして仕事をしています。

「私から子、孫への箪笥」が、また実行できました。

2018年12月09日 | 思い入れのある箪笥の修理
今日は各務原市より修理依頼の夫婦桐たんすを納品して来ました。

この箪笥は瀬戸市の実家のお母様の嫁入り道具で姉妹で一棹づつ受け継いで欲しいと願っておられましたが、妹様が新築され夫婦箪笥として受け継ぐことになりました。
事前に送った箪笥写真で感動され心待ちにされていたのは本人だけでなく、ご両親にはサプライズで当日見せようと娘さんが設定されました。
まずはお父さんが「へぇーこんな奇麗になるんや」娘さんが「本当にきれい、うれしい」お母さんは「奇麗にして頂いて、とても嬉しい」と喜んで頂けました。
私がとても良い桐柾が使ってあり特に奇麗になったと思いますと言ったら「腕の良い職人さんに出会えてよかった」と言われたので「良い箪笥だったので腕以上になりました」と楽しい会話になりました。
最後に依頼主の生後9ヶ月になる娘に受け継がせますと言って頂けました。

当店の「私から子、孫への箪笥」が実行できました。
ありがとうございました。

http://www.sugiyamatansu.com

http://www.sugiyamatansu.com/日々の仕事/
http://blog.goo.ne.jp/tansuya1901
https://www.facebook.com/sugiyamatansu/

「日々の仕事」は毎日の仕事の状況を伝えるページです。
修理依頼された方の作業状況がリアルタイムに分かって頂けます。

製造箪笥格安販売を始めました。
https://www.sugiyamatansu.com/%E5%BD%93%E5%BA%97%E8%A3%BD%E9%80%A0%E7%AE%AA%E7%AC%A5%E3%81%AE%E6%A0%BC%E5%AE%89%E8%B2%A9%E5%A3%B2/





ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 設置写真とうれしい言葉を頂... | トップ | 当店の仕事が後世に残ること... »
最近の画像もっと見る

思い入れのある箪笥の修理」カテゴリの最新記事