よみがえる桐たんす 杉山箪笥店「 四代目の日記」

私は関市で古い箪笥、思い入れのある桐たんすなどを修理して依頼主様より笑顔を頂ける事を喜びとして仕事をしています。

金具まで奇麗になるの!!

2022年01月11日 | 思い入れのある箪笥の修理
関市より修理依頼の桐箪笥を納品してきました。

ご依頼主(主人)のお母様の持ち物で何かを残そうと思い箪笥に決まり当店へ修理依頼をくださいました。
昨年末に納品予定でしたが、設置場所の関係で年明けとなり当店の初荷となりました。
箪笥がとても奇麗になり喜んで頂き、「金物は新品ですか」と聞かれ「付いていた物を磨いて色を付けました」と言ったらビックリされていました。
奥様にとってはお姑さんの箪笥ですが奇麗になったので入れる物を考え大切に使っていきますと言ってくださいました。
年明け早々嬉しい笑顔見れ、今年も頑張る決意が出来ました。
ありがとうございました。

私ども(私、親父)二人で修理作業をしていて、月に出来る本数も多くはありません。
皆様には大変お待ち頂き申し訳ありませんが二人の心を込めた仕事をしますのでお許しください。

当店の紹介ページですのでご覧ください。
https://www.sugiyamatansu.com
https://www.instagram.com/wadansuya/
https://www.facebook.com/sugiyamatansu
https://wadansuya.base.shop/

ホームページ「タンスの修理日記」は毎日の仕事の状況を伝えるページです。
修理依頼された方の作業状況がリアルタイムに分かって頂けます。



この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 奇麗になったから皆に見ても... | トップ |   
最新の画像もっと見る

思い入れのある箪笥の修理」カテゴリの最新記事