よみがえる桐たんす 杉山箪笥店「 四代目の日記」

私は関市で古い箪笥、思い入れのある桐たんすなどを修理して依頼主様より笑顔を頂ける事を喜びとして仕事をしています。

当店の仕事が永遠に残ることは嬉しいです。

2019年11月05日 | 思い入れのある箪笥の修理
今日は座間市のお寺様より修理依頼の文机の設置写真と嬉しいお言葉を紹介します。

この文机は大変に大きく作りも頑固でお受けするか迷いましたが、ご依頼主よりの「何とかしてほしい」と言う強い希望に打たれお受けしました。
大変喜んで頂き嬉しいメールを頂きましたので紹介します。

本日、文机届きました。

とても綺麗なので
みなさんに見てもらおうと思い、
しばらく本堂に置いておこうと思います。

修理写真も
ご丁寧にありがとうございます。

これから家族で見ようと思います。

文机、とても綺麗になって
本当に嬉しいです。

これで、これからも長く使えそうです。

ありがとうございました。


お寺様の物を修理したことは永遠に残るので当店としてもうれしい限りです。
ありがとうございました。

私ども(私、親父)二人で修理作業をしていて、月に出来る本数も多くはありません。
皆様には大変お待ち頂き申し訳ありませんが二人の心を込めた仕事をしますのでお許しください。
http://www.sugiyamatansu.com
https://www.instagram.com/wadansuya/

「タンスの修理日記」は毎日の仕事の状況を伝えるページです。
修理依頼された方の作業状況がリアルタイムに分かって頂けます。





この記事についてブログを書く
« 若い方よりご依頼は嬉しく、... | トップ |   
最近の画像もっと見る

思い入れのある箪笥の修理」カテゴリの最新記事