京のたんぽぽ日記

海外旅行や日本旅行を中心に、京都の美味しいお店の紹介なども。
穏やかで自分を活かせる日々にしたい。

湯の花温泉すみや亀峰庵1

2014-10-09 00:15:00 |  国内旅行

 湯の花温泉亀峰庵

湯の花温泉 宮本 おばば弁当の続きです。

さて、チェックインの時間を待ちかまえて、
湯の花温泉すみや亀峰庵へ到着。

 湯の花温泉でも、最も奥の方にあるすみや亀峰庵。

一度、主人と母、それに次男もいっしょに日帰り温泉に来たことがあります。

       湯の花温泉 すみや亀峰庵2009

その時の雰囲気や、お食事が忘れられなくて、
湯の花温泉に泊まるならここにと思っていました。

丹波の黒豆と冷たいお茶でお出迎え。

ゆっくりした後は、お部屋へ案内して下さいます。

母は車椅子で移動。
杖をつけば歩けるけれど、やっぱり車椅子の方が楽ですもんね。

少し段差のあるところは降りてもらって、また車椅子に乗って。。
お部屋まで向かいました。

5階橘の部屋

お部屋は5階の516号室 橘というお部屋。

今回は、母の為に半露天風呂のついた
ちょっといいお部屋にしたのですが、

中に入ってみてびっくり、なんと、お部屋に囲炉裏が。。

 わぁ~、いい雰囲気やね~と、みんなびっくりです。

 ベンガラ色の壁、障子の黒い木枠もお洒落~。

窓の外の緑もとても綺麗。

運転で疲れた主人は、ちょっとこの前で緑を見ながらごろんと横になって、
気持ちよさそうです。

 


障子を開けると、やはりここも緑がいっぱい。
光を浴び、きらきら輝いた新緑が目に飛び込んできます。

 そして、こちらがこのお部屋の半露天風呂。

5階にあるお部屋なので、見晴らしいいですね。

 離れの湯へ

でも、とりあえずは大浴場へいきましょう~ということで、
母を車椅子に乗せて離れの湯へ向かいました。 

離れの湯というだけあって、ちょっと長い廊下の先が大浴場なのです。

この事は、前に日帰りで来た時に知っていたので、
車椅子を持って来ていたのです。

 まだだれも入っていない離れの湯の露天風呂。

 母と二人貸し切り状態でゆっくりお風呂に入りました。

私達が上る頃になって、他のお客さんが一人、二人とこられましたが
それまでは、 本当に二人だけで楽しむ事ができました。

お部屋に帰ってから、お部屋の露天風呂にもちょっと。。

お湯に浸かりながら、風を感じつつ見る新緑、
とっても癒される思いでした。

 

そのあとは、それぞれ、好きなようにゆっくりと。。 

 
ダイニング旬膳「瑞禾」ずいか
 
 
お風呂を堪能して、お部屋でゆっくりして、
お腹もそろそろ減ってきたかな。。という頃、夕御飯です。
 
夕御飯は、「ダイニング旬膳瑞禾ずいか」 で。
 

 こちらも、以前日帰りで来た時にお昼ご飯を頂いたダイニング。

 御飯は、かまど炊きだそうですよ~。

お料理の始まり

 さぁ、お料理の始まりです。

まずは、八寸。

とっても綺麗な盛り付けに食欲が増しますね。

鱒笹寿司やふき味味噌の小芋、うすい豆干し貝柱寄せ。。

量も少しずつなので、次々に箸が進み、
母も美味しい~と、どんどん食べてくれました。

89歳の母と一緒ですとお知らせしていたからでしょうか、
椀物の蓋には、長命富貴の文字が。。

こんな心遣いは嬉しいですね。

お造りは、金目鯛とまぐろ。古代米蒸しの鰻には吉野餡が。

お造りも新鮮でおしいしいし、鰻もおいしいね~

それにこの量が私達にはちょうどいいです。
この年になってくると、美味しいものを少しずつ。。がいいんですよね~。

めばると新玉葱のお鍋や、いさきの唐墨焼き、

小鮎・こごみ・水茄子の天麩羅と続き。。もう、お腹もいっぱいに。。

大石酒造のほの香という冷酒も少し飲んで、
ゆっくり、ゆっくり頂いたせいか、本日は、母もほとんど食べています。

ただ、最後になって黒部和牛の冷しゃぶが出てきたのですが
これは、揚げ物の前あたりで、出てきてほしかったかな。。

この段階で出てきても、もう、あんまり食べれませんでした。

こしひかりの御飯は、先程のおくどさんで炊いたのもの。
お腹一杯だけど、美味しい白御飯とお漬物は別腹ですよ。

そして、甘味(和三盆を練り込んだごま豆腐)とコーヒーも別腹。
って、別腹ばっかりですが。。

時間をかけて、ゆっくりと頂いたお食事はとても美味しかったです。

それに、どんなに美味しい物でも、
体調が悪いと母は全然食べてくれないので
母がいっぱい食べてくれたのが嬉しかったですね。

お夜食も

お部屋に帰る時は、お夜食にどうぞとお稲荷さんを頂きました。

 でも、こんなにたくさん。

さすがに、とても食べきれなくて。。1個食べたのがせいいっぱい。

こういう時は、昔、息子達といっしょに旅した時の事を思い出します。
二人がいたら。。こんなのパクパクだったのにな。。って。

 

囲炉裏端で。。

素敵な囲炉裏がせっかくお部屋にあるので、
夜は、囲炉裏端でちょっと日本酒でも一杯。。なんて思っていたのに

主人は、食事から帰ってテレビを見ながら、もうぐうすかぐうすか寝ています。
もったいないね~。

母と二人で、片づけしながら、お煎餅をかじりながらの囲炉裏端。

 

でも、母も喜んでくれたし、よかったです。

さて、明日は、旅館にある徒然文庫でちょっとゆっくりするつもり。

ちょっと雰囲気のあるライブラリーなんですよ~。

 

湯の花温泉 すみや亀峰庵2へ続きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント (2)    この記事についてブログを書く
« 湯の花温泉 宮本 おばば弁当 | トップ | 湯の花温泉 すみや亀峰庵2 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (小梅)
2014-10-09 18:42:44
囲炉裏のあるお部屋、ステキですね、
お部屋全体も落ち着いた雰囲気で窓の外の緑が とても きれい!
緑を眺めながら こんなステキなお部屋でのんびり過ごすとリフレッシュできますね。
お部屋の半露天風呂、いいお部屋はこんな所が嬉しいですね。
新緑の中お湯につかると気持ち良さそう。深呼吸したくなります。
大浴場の露天風呂もステキ。お母様とゆっくり入れて よかったですね。

お料理、美味しそうです~。見た目も美しく、たんぽぽさんの記事を読みながら お味を想像したりして私も楽しんでますよー。
ただ、想像だけでは さみしいので (笑) いつか行けたらいいなと思っています。

椀物の蓋に長命富貴。心遣いあるおもてなしをされると気持ちが ほっこりしますね。
お母様との おしゃべりも この日は囲炉裏端で。。
楽しい時間を過ごされたのでしょうね(^-^)
小梅さんへ (たんぽぽ)
2014-10-14 00:00:39
お部屋に囲炉裏があるとは知らなかったので、びっくりでした。

ちょうど、緑の綺麗な季節だったので、
お部屋からも、素敵な眺めを堪能でき、
リフレッシュできました。

旅館に早く着いたので、大浴場の露天風呂も貸し切り状態。母とゆっくり入れてよかったです。

ここは、日帰りでお昼ご飯と温泉というのもありますよ。
私達も一度日帰りに行って、よかったので
泊まってみることにしたんです。

湯の花温泉だったら、小梅さんも日帰りで
行けるのかな。。
もし、行けるなら一度お試しで行ってみて下さいね。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

国内旅行」カテゴリの最新記事