京のたんぽぽ日記

海外旅行や日本旅行を中心に、京都の美味しいお店の紹介なども。
穏やかで自分を活かせる日々にしたい。

夏の詩仙堂と中谷のスイーツ

2018-09-12 00:50:50 |  京都散策

先日の台風21号ですが、

うちの裏手の工事現場では、あのひどい風雨の中、
警報も出ているのに、ずっと工事が続いていました。

いつ終わるのかいつ終わるのかと思っていたけれど
結局台風が通り過ぎていく夕方までずっと工事は行われてました。 

すごい風の音と共に、カンカンという工事の音が響き、
ときどき聞こえる、お~~ぉ!とか うゎ~!とかいう人の叫び声。
大丈夫なんだろうかと、落ちたり怪我したりしないんだろうかと
その方が心配で信じられない思いでした。

でも、あんな状態の中での土木作業って、
労働者の安全が確保されているとは思えないですよね。。
ま、何事もなく無事に終わってよかったんですけど。

8月17日

さて、次は、お盆に長男家族たちと一緒に行った
スイーツのお店をもう一つご紹介します。

一乗寺中谷

詩仙堂近くにある京都の和洋菓子のお店「一乗寺中谷」さん。
旦那さんが伝統的な和菓子を作り、
若女将が洋菓子を作るお店ですよ。

一つのお店で和菓子と洋菓子の二つが楽しめます。

 一乗寺 中谷 2016年の記事


この日は、あんなに暑かった今年の夏がうその様な
ちょっぴり涼しい日だったのですが、

中谷に ふわっふわのかき氷やスイーツを食べに、
みんなでやってきました。


波照間産の黒蜜がた〜っぷりかかったかき氷。
黒蜜の味が濃くてしっかりしていて美味しい~。

冷やしぜんざいには、塩昆布がついてきます。

甘いものを食べたら、辛い物がほしくなるし、
辛い物を食べたら、甘いものが欲しくなるので嬉しいです。

わらびもちパフェは、こんな素敵なお椀に入って出てきます。
豆乳プリン・わらびもち・抹茶ジェラート・バニラアイス
つぶあん。。

主人と二人だけではなかなかスイーツを
食べに来ることはありませんが、
みんなで食べに来ると楽しい~。

たまには、スイーツを目的に食べに行くのも
いいかな~なんて思ってしまいました。

後日談:絹ごし緑茶てぃらみす

そして、これは後日談なのですが、
買い物帰りに、中谷一番人気という絹ごし緑茶てぃらみすを
買って帰ってきました。

なんか急に食べたくなってお店に寄ってみたんです。

絹ごし緑茶てぃらみすは、若旦那さん自慢の白あんと
若女将お得意の豆乳スウィーツの良いとこ取りで
生まれたお菓子です。

白あん・豆乳の他に生クリーム・フロマージュブラン、
柳桜園さんのお抹茶をたっぷり使った絹ごし緑茶てぃらみす。

ふわふわで美味しくて、口に入れたらすぐに溶けてしまいます。

ネットで申し込むと4ヵ月待ちというこのお菓子ですが
店舗なら、食べる事も買う事も出来ます。
中谷に行かれる方、お薦めのスイーツですよ。


詩仙堂

さて、中谷のすぐ近くに詩仙堂があるので、
少し寄ってみる事にしました。

詩仙堂は、江戸時代初期の文人石川丈山の山荘跡。
国の史跡に指定されています。 

本当は、サツキの花が咲くころと紅葉の頃がとっても
綺麗な詩仙堂ですが、真夏の緑の庭も綺麗です。


敷きつめられた白砂、美しく刈り込まれた緑のサツキ、
ちょっと秋を思わせる空の水色、

お庭を見ながらほっとするひと時。
小さい孫もちょこんと座っていますが、そうそう長い時間はね。。

 

お庭を見てみようかという事になって、
お庭見てみた~いと孫。 みんなでお庭の散策です。

 

 昨日までの暑さの中だと、歩く気力も失せてしまいそうでしたが
この日は、そんなに暑くなく、

 日陰を選んで歩くと、吹く風も気持ちよく、

 時々聞こえる「ししおどし」の音にも涼を感じます。

 

詩仙堂を出て、門までの間には竹林が。。

風が吹くと、さやさやさやさやと本当に風の音が聞こえます。

風の声かな~というと、風の声??

と、面白い事を発見したような孫の顔。

これから先、色々な体験を通して、色々な不思議を発見し
色々な事に心躍らせチャレンジしていくんだろうな。。

そんな事を思いながら、詩仙堂を後にしました。

 

   

今、今年の夏の出来事を書いています。
この後、昨年11月に行ったニュージーランド旅行記に入ります。

 

ニュージーランドの記事の間、ヨーロッパカテゴリーを離れ
旅行観光全般のカテゴリーに変わろうかなと思っています。

ヨーロッパカテゴリで、ずっとニュージーランドというのも
なんか。。

また、ヨーロッパ旅行記になったら戻ってきますね。


つもご訪問ありがとうございます。   

旅行記全般カテゴリになっても
応援クリックを押して頂けたら嬉しいです。 

 

たんぽぽのお花
ぽちっと押して下さいね。  


ヨーロッパランキング

ありがとうございました。
これからもよろしくお願いします。 


これからしばらくヨーロッパ以外の記事が続きます。
なので、ヨーロッパの記事の目次を添えておきますね。


2004  イタリア・フランス
2008  ドイツ・スイス・フランス  
2011  スペイン
2013  ハンガリー・スロバキア・オーストリア・チェコ 
2014  オランダ・ベルギー
2015  フィンランド・ノルウェー・デンマーク・スウェーデン
2016  リトアニア・ラトビア・エストニア
2017  スイス・フランス・ルクセンブルグ・ドイツ
2018  イギリス

 

『京都府』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« マールブランシュ モンブラ... | トップ | パンの田島とオーシャンズ8 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

京都散策」カテゴリの最新記事