映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

ブレードランナー2049

2017年10月31日 | 映画(は行)
レプリカントとは・・・、つまりは人間とは。



* * * * * * * * * *

1982年公開の「ブレードランナー」から35年を経た続編。
リドリー・スコット監督は製作総指揮に当たっている・・・と。
先日この「ブレードランナー」を予習視聴したので、
張り切って「2049」へGO!


前作の舞台は2019年で、
それから30年が過ぎた2049年が今回の舞台となっています。



レプリカント(人造人間)を生産していたタイレル社はなくなり、
実業家ウォレスがその事業を継承しています。
レプリカントは新型となり、寿命が伸びて反抗心は奪われている。
しかし今なお、旧型レプリカントは残っていて、
その旧型撲滅のためにブレードランナーは健在。
本作の主人公“K”(ライアン・ゴズリング)は
ブレードランナーとして仕事をしているのですが、
なんと彼自身が新型レプリカント。

まあ確かに、身体能力の高いレプリカントと対決するならやはりレプリカント、
ということか。
彼自身がレプリカントというのは映画解説などでは伏せてあるようなのですが、
冒頭まもなくそのことは知らされるので、
ここではネタばらししてしまいましたが、ごめんなさい。



さて、30年前に出産して死んだと思われるレプリカントの死体が発見されるのです。
レプリカントが出産?? 
通常ありえないことではあります。
また、ではその子供はどうなったのか・・・?
ここで、前作を見たかいがあったといいますか、
前作のつながりから考えて、
これはあのデッカード(ハリソン・フォード)とレイチェルの子供なのではないか
・・・と想像されるわけです。
Kは、その子供の行方を探すことになります。



前作の世界観、退廃した未来がみごとに継承されています。
そもそもレプリカントって、どういうふうに作られるのだろう
という疑問にちょっとだけ答えてくれるシーンもありました。
レプリカントの“誕生”シーン。
いきなり大人の姿で生まれてくるわけですね。


前作のデッカードのレイチェルに対する思いと、
本作のKのバーチャルな恋人への思いが対比されているように思いました。
人は人以外のものでも愛情を抱くことができる、
というべきなのか、
それとも、もうホンモノの人を愛することができなくなってしまっているということなのか。
現代人は得体の知れない「他人」よりも、
人が作り出した決して逆らわない「人形」のほうが安心できるとか・・・。
まあ、それは穿ち過ぎであるとしても、
人とレプリカント、さらには人工知能の違いは一体何なのか。
そうした技術が進めが進むほど混沌としてきます。
それは人が人としてあることの意義の模索でもあります。
そもそも感情や魂って一体何なのでしょう。
この先、人造人間はありそうにないですが、
人工知能はなんだか身近な問題となってきそうですね。


実際の年月をかけたからこそのデッカード=ハリソン・フォードの変化というのが、
実に決まっています。
ライアン・ゴズリングの極力感情を表に出さないレプリカントらしさもいいですねえ。
3D映像で出てくる等身大のバーチャルな恋人・・・。
こんなのはまもなく開発されそうな気もします。
が、実現したら本当に、ホンモノの人と話ができなくなる人が出てくるだろうなあ・・・。
とまあ、色々と考えてしまうことは多いけれど・・・、
実のところ少し長くて、私には少々退屈でした・・・。
私がよく参考にしている渡まちこ子さんはなんと95点もつけてる。
そうなのか・・・。
マニアとかクロウト受けする作品なんだろうな。

<ディノスシネマズにて>

「ブレードランナー2049」
2017年/アメリカ/163分
監督:ドゥニ・ビルヌーブ
出演:ライアン・ゴズリング、ハリソン・フォード、アナ・デ・アルマス、シルビア・ホークス、ロビン・ライト
「ブレードランナー」との地続き度★★★★★
満足度★★★☆☆

追記
本作のオフィシャルサイトを見ると、前作2019年から本作2049年までに起こったできごとが
3本の短編になっているのを見ることができることに気づきました。
「ブレードランナー 2022:ブラック・アウト」
「ブレードランナー 2036:ネクサス・ドーン」
「ブレードランナー 2048:ノーウェア・トゥ・ラン」
の3本。
しかも一本目はアニメ。
それと、町山智浩氏によるとっても詳しい解説も見ることができます。
これらを見ると、なるほど~!!と、納得することしきり。
なんだかもやもやしていたところが、クリアになってきました。
深い、ブレードランナーの世界・・・。

今更なんですが、満足度★★★★.5
くらいのところまで行ったかも。


















コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« ブレードランナー ディレク... | トップ | 「アイネクライネナハトムジ... »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
マシンとクローン (もののはじめのiina)
2017-11-21 09:52:12
>人とレプリカント、さらには人工知能の違いは一体何なのか。そうした技術が進めが進むほど混沌としてきます。
心臓移植の是非が、当初に倫理的に論議された時代がありました。

AIマシンとクローンは、ちがうはずですが、クローンに人工知能を洗脳させることは可能になるでしようか・・・。

Unknown (たんぽぽ)
2017-11-21 19:52:48
>iinaさま
AIの進歩はめざましく、どんどん人に近づいているのは理解できるのですが、今の時点では、レプリカントとかクローンとかは実際問題としてあまりピンときません。
当初のブレードランナーでは、遠い未来のこととして、そうした技術もあり得るかも?というSFとして、想像力を掻き立てるところがあったと思うのですが、いま、レプリカントというのは、イマイチの設定に思えます。

コメントを投稿

映画(は行)」カテゴリの最新記事

11 トラックバック

ブレードランナー2049  監督/ドゥニ・ヴィルヌーヴ (西京極 紫の館)
【出演】  ライアン・ゴズリング  ハリソン・フォード  アナ・デ・アルマス  シルヴィア・フークス  ジャレッド・レトー 【ストーリー】 2022年にアメリカ西海岸で大規模な停電......
ブレードランナー 2049 (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★【4点】(F)(F) 映像表現に一切の妥協も許さないリドリーとドゥニがスクラム組めば
ブレードランナー 2049 (ネタバレ映画館)
開演前にトイレを済ませておきましょう。
「ブレードランナー 2049」 (或る日の出来事)
映像、雰囲気(ムード)は、よく創ったと思う。
映画「ブレードランナー 2049(日本語字幕版)」 感想と採点 ※ネタバレなし (ディレクターの目線blog@FC2)
映画 『ブレードランナー 2049(日本語字幕版)』(公式)を先日、劇場鑑賞。採点は、★★★★☆(最高5つ星で、4つ)。100点満点なら75点にします。 なお、1982年制作の映画『ブレ......
ブレードランナー 2049 (タケヤと愉快な仲間達)
【解説】 SF映画の金字塔『ブレードランナー』の続編。前作から30年後の2049年を舞台に、違法レプリカント(人造人間)処分の任務に就く主人公が巨大な陰謀に巻き込まれる様子を活......
「ブレードランナー2049」Blade Runner 2049 (2017 SONY) (事務職員へのこの1冊)
163分の長篇。それなのに、「終わらないでくれ!」と願ってました。陶然。 「彼女の名前は?」 主人公の、ブレードランナーであるK(ライアン・ゴズリング)は、むかし同じ職業......
ブレードランナー 2049 (風に吹かれて)
悲しきレプリカント 公式サイト http://www.bladerunner2049.jp リドリー・スコット監督のブレードランナー(1982年)の続編 製作総指揮: リドリー・スコット監督: ドゥニ
映画:ブレードランナー 2049  大変残念なことに、本年度ワースト候補。何でコウナッタ...... (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
まず行く前に見直した第1作。 時代設定にまず驚き!だったのが、1作めの設定は2年後の2019年(笑) なぜこのタイミングで、リドリースコットが続編を公開したかった......
ブレードランナー2049 (もののはじめblog)
人造人間“レプリカント”は、その創造主たる人間に反旗する事件が多発する。 そんなレプリカントを「解任(処刑)」する任務を負うのが、警察の専任捜査官「ブレードランナー」......
ブレードランナー2049 (森の中の一本の木)
11月16日(木曜日)、時間の都合上吹き替え版で鑑賞。 吹き替え版は妙な省略もなく変な字幕よりも分かりやすく、意外と好きなので問題なしです。 35年の時を経ての続編。 ......