映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

砂漠でサーモン・フィッシング

2012年12月11日 | 映画(さ行)
信じる心で



            * * * * * * * * *


英国の水産学者ジョーンズ博士のもとに、
とんでもない依頼が舞い込みました。
イエメンの大富豪が砂漠でサーモンフィ・フィッシングをしたいので、
何とかして欲しいというのです。
たかが大金持ちの気まぐれの思いつきと、一蹴した博士でしたが、
中東との緊張緩和のためということで外務省が支援を決め、
否応なくプロジェクトは動き始めます。


ハナから不可能と思い込んでいたジョーンズ博士でしたが、
大富豪シャイフと直接話をして、気持ちが変わっていきます。
地下に水路があって、ダムもできていて・・・なんとか夢を実現したい。
力を貸して欲しい。
シャイフは自分の趣味のためと言うよりも
強い郷土愛のためにそれを実現したいと思っているのです。
人類が火星に行くのと同じくらいの可能性でも、
それを信じてやってみる価値はあるのかな・・・? 
そんな風に思えてきます。


ラッセ・ハルストレム監督らしく、ユーモアに満ちていて、
それぞれのちょっとした悲しみをのぞかせながらも、
ぬくもりに満ちている。
しかも今回は壮大な冒険をも加味して、素敵な作品に仕上がっています。


本筋と関係ないんだけれど好きなシーンが結構ありまして、
ジョーンズ氏が、適当にでっちあげたプランを
イラストでボードに書いて説明。
それをみて、ハリエットが「才能ありますね」という。
「いや、適当にでっち上げただけ」というと
「いえ、イラストの」。
(実は私も、このシャイフの絵が素敵!と思っていたのです)



首相広報官(クリスティン・スコット・トーマス)はいつも忙しくて
家庭でも電話を離さない。
夫や息子たちは、呆れるのを通り越し諦めていて
彼女が電話を始めるとそそくさとその場を去っていく・・・
そんな家庭の様子がいちいち描写されているのがおかしくて・・・。



ジョーンズ氏はユーモア表現が得意ではなく、
たまにジョークを言ったつもりでも
本当に聞こえてしまうのが情けないし。

こういう一つ一つをもう一度見て、確認したくなってしまいます。


それから、スコットランドのシャイフのお城が、素敵でしたねえ・・・。
このような夢にポンとお金を出せるというのがまた、いいじゃないですか。
日頃せこせこしているからこそ、こんなふうな壮大な浪費にもロマンを感じますねえ・・・。
いや、浪費ではなく、この川はきっとイエメンを緑豊かに変える。
まあ確かにそうなれば、観光収入も稼げるかも・・・。


ユアン・マクレガーのちょっと風采の上がらない博士がいい味です。
風采が上がらないだけでなく、釣りオタクの変人とも見受けられる・・・。
けれども、一つのことに打ち込み一生懸命になる人の姿はカッコイイものですものね。
そしてまた、その原動力は、一人じゃないってこと。
共に同じ目的を持って手をつなげる仲間がいれば、
本当に火星にだっていけるかも。



シャイフのセリフ
「私は一夫多妻なので、女性の気持ちがよく分かる。」
うひゃー、そうなんですか? 
かっこいいですよね、シャイフ氏。
お金があってルックスよし。
気遣いがあって、聡明で理想も持っている。
ハリエットが彼に夢中にならないほうが不思議かも・・・。

「砂漠でサーモン・フィッシング」
2011年/イギリス/108分
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ユアン・マクレガー、エミリー・ブラント、クリスティン・スコット・トーマス、アムール・ワケド

コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
« ポスター犬11 | トップ | 緑の館 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
シャイフ (こに)
2012-12-12 19:04:04
素敵でしたね。
新書だったと思いますが、金銭的に余裕がある人のほうが人の上に立った時にうまく対応していく、という内容を読んだ記憶があります。
ロバートは気の毒でしたが、物語においては重要な役割、ということですかね。
不公平 (たんぽぽ)
2012-12-13 20:30:21
>こにさま
お金持ちのほうがリーダーシップがある・・・という感じでしょうか。わかる気がします。お金も人望もあって・・・となると、全く世の中不公平。貧乏人の立つ瀬がない。けどやっぱり現実にはありがちですね。
しかし、ここまでの大金持ちだと、そのお金の使い方はもはや「社会」にまで影響するということなんですね。責任感なしには要られませんね。

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

2 トラックバック

映画・砂漠でサーモン・フィッシング (読書と映画とガーデニング)
2011年 イギリス 原題 SALMON FISHING IN THE YEMEN 砂漠の国で鮭釣りをしたい イエメンの大富豪シャイフ・ムハンマド(アマール・ワケド)の依頼をうけたコンサルタント会社のハリエット・チェトウォド=タルボット(エミリー・ブラント)は水産学者のアルフ....
「砂漠でサーモン・フィッシング」 信じる心 (はらやんの映画徒然草)
予告を観たときは、ユアン・マクレガーとエイミー・ブラントのラブコメディー的なお話