映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

ザ・ウォーク

2016年02月04日 | 映画(さ行)
頼むから、早く降りて~



* * * * * * * * * *

本作、以前IMAXシアターの3Dで予告編を見たのです。
高所恐怖症気味の私はそれだけで「ひえ~!!」と思い、
これは絶対に見るべきでないと固く心に誓ったのですが・・・、
しかし好奇心には勝てませんでした。
だってね、あとでDVDで見るくらいなら、やっぱりホンモノ(?)を見たい・・・。
ということで、あえて見ましたよ。IMAXの3D!!!



1974年、当時世界一の高さを誇るワールド・トレードセンターの
ツインタワーにワイヤーを張って、命綱なしに綱渡りを達成した、
フィリップ・プティ氏の実話です。


いやはや、フィリップ・プティ氏に扮するジョセフ・ゴードン=レビットは、
自由の女神のトーチのてっぺんに立ち、当時のことを語るのですよ。
海の向こうに浮かぶマンハッタンのビル群、ツインタワー。
確かに絶景。
しかし・・・彼が立っているのは手すりの外。
あわわ・・・。
私はもう、それを見ているだけでお尻の辺りがムズムズしてきます。
自分ならそもそもそこに立つこともできない。
全く、気持ちをざわざわさせる映像です。
でもよく考えてみたら、ここもCGですよね・・・。



こんな命知らずの綱渡りをしようとするのはアメリカ人、
とばかり思っていたのですが、
なんと彼はフランス人だったのですね。
子供の頃にサーカスで見た綱渡りで、綱渡りに魅せられて、特訓。
家族の大反対の末勘当されて、
とうとうパリで綱渡りやジャグリングをする大道芸を生業にしてしまった。
そんな時、ニューヨークで建設中のワールド・トレードセンタービルの新聞記事を見て、
いつか必ずここで綱渡りをする!!と決意したのです。
実際の綱渡りのシーンは最後の最後。
そこに至るまでのあれこれは退屈かと思っていましたが、
なんのなんの。
そこに至るまでの準備段階こそが、「綱渡り」なのでありました。
そもそも、まともにそんなところで綱渡りをしたいと言っても許可が出るわけがない。
そこで極秘裏に準備を進めますが、つまりそれは不法侵入。
フィリップはビルの工事現場をまるでスパイのように様々な変装で訪れつつ、
徹底的に調べあげます。
・・・でもこれは、当時だからできたことで、
セキュリティに神経質な今なら、たちまち逮捕されたかもしれませんね・・・。
この「犯罪」の協力者を集めるのもまた、大変なことでした。
そこで育まれる友情も素晴らしいし、
チームワークなくしては無理ということもつくづく身にしみる。



そして、いよいよクライマックス・・・。
コワイ、コワイ・・・。
110階。
411メートルの高さです。
どうしてこんなところに足を踏み出すことができるのか。
全く理解できません。
それも一度のみならず・・・。



「た、頼むから、早く降りて~」

と、私はひたすら思い続けていました。
そしてラストシーンで気づくのです。
本作はあのツインタワーへの追悼を込めた作品なのでした。
世界中の人がこのいっとき「夢」を共有したツインタワーの・・・。


さて、そして思うのです、
ジョセフ・ゴードン=レビット。
もちろん、本当にそんな高さのワイヤーを歩いたわけではありませんが、
かなり自在に綱を渡れるように修行したようですね・・・。
それが凄い。
そしてまた、彼は生粋のアメリカ人のはずですが、
なめらかなフランス語の上に、あえてフランス訛りの英語。
まあ、そこら辺の本当の「感じ」は、私にはわかりませんけれども。
役者魂ですなあ・・・!



なんにしても、すんごい作品です。


「ザ・ウォーク」
2015年/アメリカ/123分
監督:ロバート・ゼメキス
出演:ジョセフ・ゴードン=レビット、ベン・キングズレー、シャルロット・ルボン、クレマン・シボニー、セザール・ドムボイ
高所感★★★★★
満足度★★★★★

コメント   トラックバック (5)   この記事についてブログを書く
« 「流」 東山彰良 | トップ | ドンファン »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

5 トラックバック

ザ・ウォーク (3D字幕) (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★☆【4.5点】(14) 3D効果で久しぶりに胃が浮いてしまった(爆)
ザ・ウォーク (風に吹かれて)
ひえぇぇ~~~ 公式サイト http://www.thewalk-movie.jp 実話の映画化 原作: マン・オン・ワイヤー (フィリップ・プティ著/白揚社)監督: ロバート・ゼメキス 8歳の時にサ
綱渡り男の挑戦 ~ 実写編 (笑う社会人の生活)
25日のことですが、映画「ザ・ウォーク」IMAX 3Dを鑑賞しました。 1974年 フランス人の大道芸人フィリップ・プティは誰も考えついたことのない挑戦をすることに。それはニューヨークのマンハッタンにそびえ立つ ワールド・トレード・センターの屋上と屋上の間にワイヤー...
ザ・ウォーク 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
70年代にワールド・トレード・センターでの空中綱渡り に挑戦した、フランス人フィリップ・プティの実際の 出来事を基にした映画『ザ・ウォーク』が公開され ましたので観に行ってきました。 こちらは3D作品でしたので3D字幕版を選択、シネコン の大きいスクリーンで上映...
ザ・ウォーク (銀幕大帝α)
THE WALK 2015年 アメリカ 123分 ドラマ/サスペンス/伝記 劇場公開(2016/01/23) 監督: ロバート・ゼメキス 『フライト』 製作: ロバート・ゼメキス 原作: フィリップ・プティ...