映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

オール・ユー・ニード・イズ・キル

2014年07月15日 | 映画(あ行)
死と覚醒のループ



* * * * * * * * * *

ハリウッドのSF系アクション作品はどうも見る気がしない
・・・などと言いながら性懲りもなく本作を見たのは、
原作が日本のライトノベルということと、
まだやっぱり、すっかり諦める気にはならない・・・ということで。
もともと、好きなジャンルなんですよね、考えてみると・・・。



舞台は近未来。
ギタイと呼ばれる謎の侵略者と人類の闘いが続いています。
軍の広報担当官であるウィリアム・ケイジ(トム・クルーズ)は、
口ばかり達者で決して危険な最前線には近寄ろうとしません。
そもそも戦闘経験もゼロ。
それなのに、最前線に送り込まれてしまい、あっという間に戦死。



これまでのトム・クルーズには見られない、へなちょこ腰抜け男。
そんな意外性でまず私達を驚かせます。
さてところが、彼が目覚めると戦闘前の時間に戻っているのです。
そしてまた同じことが繰り返される。
彼は学習します。
どうすれば生き延びられるのか。
何度も何度も繰り返される覚醒と死のループの中で、
彼は次第に逞しく変わっていくのです。
そして同様にタイムループの経験を持つ女性兵士リタ(エミリー・ブランと)との出会いが大きなポイント。
ケイジは彼女に訓練を受け、戦士として成長。
そしてギタイを滅ぼす方法の糸口をつかむのです。



本作はこの二人のラブストーリーでもあるので、
またそこでも楽しめます。
リタはかつてタイムループの能力を持っていたのですが、
あることから、もうそれはできません。
それゆえ戦闘での死は彼女にとっては本当にそれが最後なので、
ケイジはなんとか彼女を守ろうと必死になるわけです。
また、ケイジが覚醒して彼女と出会う時、
彼女の方は常にケイジと会うのが“初めて”なのです。
なかなか前途多難。
だがしかし、だからこそ面白い。



本作のあらすじを見た時に、
死が簡単にリセットされてしまうというところにちょっと抵抗を感じたのですね。
本当の命にはリセットなどない。
今どきの子どもたちが命の重さを理解しないのは
TVゲームのせいではないのか・・・などと言われることもありますし。
本作の発想はやはりゲームなのでしょう。
とは言え、こんなにも数えきれなくて途方に暮れるほどのリセットと
彼自身の努力でやっと自体が改善していく。
そこの部分が非常に重く、決して命を軽く扱っているわけではないところも納得できていくので、
始めに抱いていた危惧は解消されていきました。
予測不能の展開と、仄かなラブストーリー、そしてアクション。
見どころたっぷりです。


機動スーツというのは将来実用化しそうな感じですね。
・・・いや、戦争には用いてほしくないですが、いろいろな作業には役に立ちそうに思います。
ケイジの「本気」で周りの人たちまで変わっていくというところもナイスでした。

「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
2014年/アメリカ/113分
監督:ダグ・リーマン
原作:桜坂洋
出演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、ブレンダン・グリーンソン

ワクワク度★★★★☆
満足度★★★★☆

コメント (4)   トラックバック (14)   この記事についてブログを書く
« ポスター犬24 | トップ | 「海街diary6  四月になれば... »
最新の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (kazu)
2014-07-18 12:07:48
コメント頂き
ありがとうございました。
本もたくさん読まれているんですね。
面白そうな本を見つけるため
参考にしたいと思います。
これからもよろしく「お願いします。
楽しみ (たんぽぽ)
2014-07-18 20:27:09
>kazuさま
こちらこそコメントありがとうございます。
近頃まともに本を読めていないと感じるところですが、
もしご参考になりましたらどうぞ。
kazuさんのステキな花々の写真も楽しみにしています。
えいが (iina)
2014-07-22 11:00:39
>ハリウッドのSF系アクション作品はどうも見る気がしない ・・・もともと、好きなジャンルなんです・・・
自己矛盾していますが、結局は高評価でした。 ^^

また、たくさんの映画を見てください。 m(_ _)m

確かに (たんぽぽ)
2014-07-23 20:52:16
>iinaさま
ふふ、確かに自己矛盾。
けれどまあ、まだ完全に諦めずに、興味の赴くまま見たいものはやはり見るべきということかもしれませんね。
意外いなところでツボにハマることもありますし。

コメントを投稿

映画(あ行)」カテゴリの最新記事

14 トラックバック

『オール・ユー・ニード・イズ・キル』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 □監督 ダグ・リーマン□脚本 クリストファー・マッカリー、ジェズ・バターワース、ジョン=ヘンリー・バターワース□原作 桜坂洋□キャスト トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ブレンダン・...
オール・ユー・ニード・イズ・キル  監督/ダグ・ライマン (西京極 紫の館)
【出演】  トム・クルーズ  エミリー・ブラント  ビル・パクストン 【ストーリー】 近未来の地球。侵略者の激しい攻撃に、人類の軍事力ではもはや太刀打ちできなくなっていた。対侵略者の任務に就いたウィリアム・ケイジ少佐は、戦闘によって亡くなる。しかし、タイム...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (風に吹かれて)
ミッションを必ずクリアする男トム・クルーズ 公式サイト http://wwws.warnerbros.co.jp/edgeoftomorrow 原作: All You Need Is Kill (桜坂
オール・ユー・ニード・イズ・キル (花ごよみ)
原作は桜坂洋作の小説All You Need Is Kill。 ハリウッドで映画化、世界公開です。 主演はトム・クルーズ。 主人公ケイジを演じます。 共演は戦場の女神、 リタを演じるエミリー・ブラント。 宇宙からの侵略者ギダイとの戦闘の中で 滅亡寸前の地球を救うため、 戦...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (もののはじめblog)
ゲームは、トライするたびに上達する。ひとつのステージをクリアしても、次のステージが用意されるので進みたくなる。 失敗しても、リセットして再トライできるから、少しずつ腕を上げることができ、ゲームにはまる心理も分かる気がする。 つまり、経験が次に生かされる....
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 日本発である訳 (はらやんの映画徒然草)
日本の同タイトルの小説を原作として、トム・クルーズ主演、ダグ・ライマン監督で映画
「オール・ユー・ニード・イズ・キル」 (ここなつ映画レビュー)
気晴らしに「オール・ユー・ニード・イズ・キル」。見事に気晴らしできました。やはりトム・クルーズはいいなあ。盤石の気晴らしを提供してくれる。難しい事を何も考えなくていい。安定したスリルとアクション。しかし、実際には物理学的には難しい話なのである。もちろん...
オール・ユー・ニード・イズ・キル 【劇場で鑑賞】 (映画B-ブログ)
日本のライトノベルが原作で主演をトム・クルーズ が務めるSFアクション映画『オール・ユー・ニード ・イズ・キル』が公開されましたので観に行って きました。 こちらは3D作品で3D字幕版を観ましたが、面白かった ので次の週に2D字幕版をリピート、計2回鑑賞と なりまし...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (C’est joli~ここちいい毎日を♪~)
オール・ユー・ニード・イズ・キル '14:米 ◆原題:EDGE OF TOMORROW ◆監督:ダグ・リーマン「フェア・ゲーム」「ボーン・アルティメイタム」 ◆主演:トム・クルーズ、エミリー・ブラント、ビル・パクストン、キック・ガリー、ドラゴミール・ムルジッチ、シャーロッ...
映画『オール・ユー・ニード・イズ・キル』を観て (kintyre's Diary 新館)
14-66.オール・ユー・ニード・イズ・キル■原題:Edge Of Tomorrow■製作年、国:2014年、アメリカ■上映時間:113分■料金:1,800円■鑑賞日:8月3日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷) □監督:ダグ・リーマン◆トム・クルーズ◆エミリー・ブラント...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (いやいやえん)
【概略】 謎の侵略者により滅亡寸前となった世界。同じ日を繰り返すループ能力を持つ戦闘能力ゼロの兵士・ケイジは、最強の女兵士・リタに鍛えられる。 SFアクション 謎の侵略者「ギタイ」からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。 軍のPR活動に従事...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (銀幕大帝α)
EDGE OF TOMORROW 2014年 アメリカ 113分 SF/アクション 劇場公開(2014/07/04) 監督: ダグ・ライマン 『ジャンパー』 製作総指揮: ダグ・ライマン 原作: 桜坂洋『All You Need Is Kill』 出演: トム・クルーズ:ウィリアム・ケイジ エミリー・ブラント...
何度も死することで、 (笑う社会人の生活)
28日のことですが、映画「オール・ユー・ニード・イズ・キル」を鑑賞しました。 侵略者と人類の戦闘中 ケイジ少佐は戦死。しかし死んだはずのケイジが意識を取り戻すと周囲の時間は戦闘が始まる前に戻り 不可解なタイムループから抜け出せなくなる 戦いと死を何度も繰り...
オール・ユー・ニード・イズ・キル (Edge of Tomorrow) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 ダグ・ライマン 主演 トム・クルーズ 2014年 アメリカ/オーストラリア映画 113分 SF 採点★★★ 難易度が高めな上にミスってもリセット出来ず、コンティニューがないくせに残機が一機。ゲームだったらこれ以上ない鬼畜さですよねぇ、人生って。クリア出来...