映画と本の『たんぽぽ館』

映画と本を味わう『たんぽぽ館』。新旧ジャンルを問わず。さて、今日は何をいただきましょうか? 

最強のふたり

2012年09月04日 | 映画(さ行)
彼だけが私に同情しなかった



                     * * * * * * * * * 

首から下が麻痺して全く動かないという身体障害者のストーリー
・・・と聞くとちょっと構えてしまうものですが、
このストーリー、実話を元にしていながら実にコミカル。
身障者との垣根はまさに自分が作り出しているのだなあ・・・とわかります。


富豪の男フィリップはパラグライダーの事故で首から下が不随。
これまで何人もの介護役がついたのですが、すぐに辞めていってしまいます。
そんな所へ介護役に応募してきたのが黒人青年ドリス。
彼はスラム育ちの前科持ち。
“就職活動をしたけれどもダメだった”という証拠の書類だけがあれば失業保険がもらえるので、
経験も資格もなく、とりあえず応募してきたのです。
ところが面接の時に、フィリップが彼を気に入ってしまった。
「彼だけが私に同情しなかった」
とフィリップはいいます。
ドリスは常識や偏見にとらわれず、思ったことをそのまま口に出す。
多くの人のように、フィリップに腫れ物にさわるような扱いをしない。
介護の知識も技術も何も持っていないけれど、そんなことは後からついてくるのです。



片や、肉体的には圧倒的ハンデを背負っているけれど、財力においては最強。
もう片や、住むところもない最悪の財産状況ながら、強力な肉体を持つ。
互いの欠損を埋め合うかのようなコンビネーション。
社会的立場も音楽の趣味もまるで合わないし、
こんな事にならなければ、多分会話を交わすこともなかったであろう二人ですが、
こうして見ると相性的にはベストマッチということが必然に思えてくるのです。
でも実際、こういう組み合わせで知りあう事自体がまれなのかも知れません。
そして、こんなふうな友情を育むのは
ある意味男女の恋愛よりももっと難しいのかも。



二人が補助付きですがパラグライダーで飛ぶシーンがなんともいえずにいいです。
色々しがらみの多い社会からも、不自由な肉体からも自由に空をとぶ。
いつも威勢のよいドリスがこの時ばかりはビビリまくっていましたが、
次第にその爽快感に歓声を上げていく。
素敵なシーンでしたねえ。
このように何ものからも自由に生きられたら・・・。



オマール・シーのとびきり豊かな表情に魅了されました。
こんな人と一緒にオペラを聞いたり美術展に行ったら、すごく面白そうだなあ・・・・!!

「最強のふたり」
2011年/フランス/113分
監督・脚本:エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ
出演:フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・マニ

コメント (2)   トラックバック (11)   この記事についてブログを書く
« マシンガン・プリーチャー | トップ | 「背の眼 上・下」道尾秀介 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
純粋 (こに)
2012-09-07 19:41:52
フィリップの誕生会でドリスが述べたクラシック音楽の感想がまだ心が清らかな子供が語っているみたいで良かったです。

日本では、どれくらいヒットするでしょうか。(^_^)
ドリスが学んだこと (たんぽぽ)
2012-09-07 20:01:22
>こにさま
始めはただ粗暴なドリスでしたが、次第に物腰が柔らかくなり、自然な人への思いやりができてきますよね。
お母さんへ向ける思い。
フィリップが、文通相手に自分の全身写真を送らなかったことに気づいても非難をしなかったり。
フィリップの介助をするだけでなく、彼自身もいろいろなものを身に着けていく、というところがいいなあと思います。

コメントを投稿

映画(さ行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

11 トラックバック

映画・最強のふたり (読書と映画とガーデニング)
2011年 フランス 原題 INTOUCHABLES 英題 UNTOUCHABLE スラム街出身で無職の黒人青年ドリス(オマール・シー)と、パリの邸宅に住む大富豪フィリップ(フランソワ・クリュゼ)という、なにもかもが正反対の男たちの実話に基づいた物語 映画冒頭、高級車で....
『最強のふたり』 (京の昼寝~♪)
□作品オフィシャルサイト 「最強のふたり」□監督 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ □脚本 エリック・トレダノ、オリビエ・ナカシュ□キャスト フランソワ・クリュゼ、オマール・シー、オドレイ・フルーロ、アンヌ・ル・ニ■鑑賞日 9月2日(日)■...
最強のふたり 真の友情ってのはひょんなとこから始まるのだ (労組書記長社労士のブログ)
【=38 -5-】 前評判がとにかくいい、自分としてもかなり好きそうな映画だったので、楽しみにしていたけど、忙しくてなかなか行けず・・・しかしようやく鑑賞できた~(^O^)v  パラグライダーの事故で首から下が麻痺し、車椅子生活を送る大富豪のフィリップ。その介護者...
最強のふたり (Akira's VOICE)
『良い映画』 それしか言えん。それだけで十分。  
『最強のふたり』 嗤いと笑いは大違い (映画のブログ)
 フランス映画『最強のふたり』は、『千と千尋の神隠し』の記録をも上回った。  これまで、英語以外の映画での史上最高の興行成績は、『千と千尋の神隠し』の2.749億ドルだったが、2012年3月20日、『最強の...
「最強のふたり」 信頼感と際どいジョーク (はらやんの映画徒然草)
笑えて泣けるハートウォーミングなお話でした。 富豪のフィリップは事故で首から下が
映画「最強のふたり」感想 (タナウツネット雑記ブログ)
映画「最強のふたり」観に行ってきました。頸髄損傷による首から下の全身麻痺のために不自由な生活を余儀なくされている大富豪が、スラム街の黒人青年を介護士として雇ったことから...
最強のふたり (にきログ)
さて、最近やたら映画を見ている気がするなぁ こちらは全然知らない作品だったんですけどやたら評判が良かったので気になってみてきました 久しぶりのフランス映画ですね~ あらすじ 不慮の事故で全身...
No.332 最強のふたり (気ままな映画生活)
パラグライダーの事故で首から下が麻痺してしまった富豪の男と、介護役として男に雇われた刑務所を出たばかりの黒人青年の交流を、笑いと涙を交えて描く実話がもとのドラマ。まっ ...
映画『最強のふたり』を観て (kintyre's Diary 新館)
12-74.最強のふたり■原題:Intouchables(英題:Untochable)■製作年・国:2011年、フランス■上映時間:113分■観賞日:9月14日、TOHOシネマズシャンテ □監督・脚本:エリック・トレダノ、オリヴィエ・ナカシュ◆フランソワ・クリュゼ(フィリップ)◆オマー...
最強のふたり (銀幕大帝α)
INTOUCHABLES/UNTOUCHABLE 2011年 フランス 113分 コメディ/ドラマ PG12 劇場公開(2012/09/01) 監督:エリック・トレダノ 脚本:エリック・トレダノ 出演: フランソワ・クリュゼ・・・フィリップ オマール・シー『ミックマック』・・・ドリス <ストーリ....